映画-Movie Walker > 人物を探す > フランコ・フェリーニ

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2002年 まで合計12映画作品)

2002年

スリープレス

  • 2002年3月30日(土)公開
  • 脚本

ホラー界の大物監督ダリオ・アルジェントが放つ、ミステリー仕立ての猟奇映画。17年の時を経て繰り返される血塗られた惨劇の行方を、鮮烈なショック・シーン満載で描く。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
マックス・フォン・シドー ステファノ・ディオニジ キアラ・カゼッリ ロベルト・ジッティ
1997年

フェノミナ インテグラルハード完全版

  • 1997年4月19日(土)公開
  • 脚本

昆虫の心がわかる少女ジェニファーと残酷な少女連続殺人鬼の熾烈な戦いを描いたホラー・サスペンスの完全版。ジェニファーが乗ったバスを追いかける謎の車、死霊の目線を追加するなどハードなシーンが加わった。製作・監督・脚本は「サスペリア」のダリオ・アルジェント。音楽は一連のアルジェント作品で有名なコブリンほか。出演は「狼たちの街」のジェニファー・コネリー、「ハロウィン」「大脱走」のドナルド・プレゼンス、「サスペリア2」のダリア・ニコロディほか。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
ジェニファー・コネリー ダリア・ニコロディ ダリラ・ディ・ラッツァーロ パトリック・ボーショウ
1996年

スタンダール・シンドローム

  • 1996年6月15日(土)公開
  • 原案

連続レイプ犯に襲われた女刑事が取り憑かれた恐怖をスタイリッシュなタッチで描いたサイコ・サスペンス。監督は「サスペリア」などのホラーの巨匠ダリオ・アルジェントで、前作「トラウマ/鮮血の叫び」に続いてヒロインに実の娘であるアーシア・アルジェントを起用。撮影はイタリアを代表する名手、「ウルフ」のジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽は巨匠エンニオ・モリコーネで、アルジェントとは73年の「四匹の蝿」以来23年ぶりの顔合わせとなる。SFXは「フェノミナ」や「デモンズ」シリーズのセルジオ・スティヴァレッティがそれぞれ担当。共演はドイツの若手俳優トーマス・クレッチマンほか。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
アーシア・アルジェント トーマス・クレッチマン マルコ・レオナルディ ルイジ・ディベルティ
1994年

トラウマ 鮮血の叫び

  • 1994年4月8日(金)公開
  • 原案

拒食症の少女の周囲で起きる連続殺人事件を、スプラッター色を強調して描くサスペンス・スリラー。製作・監督は「オペラ座 血の喝采」のダリオ・アルジェント。脚本は、本作がデビューのT・E・D・クラインとアルジェントの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「オペラ座 血の喝采」などで監督とコンビを組んでいるアンドレア・ティニレロ。撮影はラファエレ・メルテス、音楽は「レイジング・ケイン」のピノ・ドナジオ。美術はビル・ジェスト、SFXは「ゾンビ」のトム・サヴィーニが担当。主演は、監督の実子で「デモンズ3」のアーシア・アルジェントと「フォー・ザ・ボーイズ」のクリストファー・ライデルほか。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
アーシア・アルジェント クリストファー・ライデル パイパー・ローリー フレデリック・フォレスト
1990年

デモンズ3

  • 1990年8月18日(土)公開
  • 原案、脚本

北イタリアの大聖堂を舞台に、現在に甦った悪魔に襲われる人々の姿を描くホラーシリーズ第3作。製作はダリオ・アルジェント、監督は「アクエリアス」のミケーレ・ソアヴィ、原案・脚本はアルジェントとフランコ・フェリーニ、撮影はレナート・タフリが担当。出演はトーマス・アラナほか。

監督
ミケーレ・ソアヴィ
出演キャスト
トーマス・アラナ バーバラ・クピスティ アーシア・アルジェント ヒュー・クアルシー

デッドチャンネル

  • 1990年7月28日(土)公開
  • 脚本

TVのモニターに本物の殺人場面が混入したことから事件の謎に挑むことになる男の姿を描いたサスペンス・スリラー。ヴィンセント・スパーノが主演。

監督
出演キャスト
ヴィンセント・スパーノ オリヴァー・ベニー イザベル・パスコ アンヌ・カノバス
1989年

エトワール(1989)

  • 1989年10月14日(土)公開
  • 脚本

バレエ『白鳥の湖』に材をとったサイコ・ミステリー。監督は、「ジュリア ジュリア」のピーター・デル・モンテ。

監督
ピーター・デルモンテ
出演キャスト
ジェニファー・コネリー ゲイリー・マックリーリー チャールズ・ダーニング ローラン・テルズィエフ

オペラ座・血の喝采

  • 1989年2月11日(土)公開
  • 脚本

実在のオペラ界の有名なプリマドンナ、セリシア・ガスティアが、20歳の時にトラブルに見舞われたある歌手の代役として鮮烈なテビューを飾り、一躍スターダムにのし上がった、という事実に想を得て、アルジェント監督がオリジナル脚本を執筆。フランコ・フェリーニと共同で脚色した。SFXは「デモンズ」のセルジョ・スティバレッティが担当した。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
イアン・チャールソン クリスティーナ・マルシリャチ ウルバノ・バルベリーニ
1987年

心の棘

  • 1987年12月5日(土)公開
  • 脚本

イタリアの地方都市を舞台に謎の魅力をもった娘に恋した青年の姿を描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督・脚本はアルベルト・ラットゥアーダ。共同脚本はフランコ・フェリーニ、エンリコ・オルドイーニ、原作はピエトロ・キアーラ、撮影はルイジ・クヴェイレル、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はアントニー・ドロン、ソフィー・ドゥエスほか。

監督
アルベルト・ラットゥアーダ
出演キャスト
アントニー・ドロン ソフィー・ドゥエス アントネラ・ルアルディ レオナルド・トレヴィーリョ
1986年

デモンズ

  • 1986年4月26日(土)公開
  • 脚本

映画館を舞台におこる奇怪な集団殺人を描くホラー。「フェノミナ」(85)のダリオ・アルジェントが製作に当り、60年代のイタリア恐怖映画の大立て者マリオ・バーヴァを父に持つランベルト・バーヴァが監督した。脚本はアルジェント、バーヴァ、ダルダーノ・サチェッティ、フランコ・フェリーニが執筆。撮影はジャンロレンツォ・バッタリア、音楽はクラウディオ・シモネッティが担当。出演はナターシャ・ホーヴェイ、ウルバノ・バルベリーニほか。英語サウンド・トラック。

監督
ランベルト・バーヴァ
出演キャスト
ナターシャ・ホーヴェイ ウルバノ・バルベリーニ Karl Zinny パオラ・コッツォ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランコ・フェリーニ