TOP > 人物を探す > クラウディオ・マンシーニ

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2019年 まで合計9映画作品)

2010年

カラヴァッジョ 天才画家の光と影

  • 2010年2月13日(土)
  • エクゼクティブ・プロデューサー

16世紀のイタリアを代表する天才画家カラヴァッジョ。愛に情熱的で信念を貫き通す、そんな彼のローマ、ナポリ、シチリアなどイタリア流転の人生をドラマチックに描き出す。

監督
アンジェロ・ロンゴーニ
出演キャスト
アレッシオ・ボーニ クレール・ケイム ジョルディ・モリャ パオロ・ブリグリア
1992年

女神がそっと微笑んで

  • 1992年2月22日(土)
  • 製作総指揮

国際ビジネス界を舞台に、父の仇の大物実業家に挑む青年の活躍を描く。波瀾万丈で金融戦争の裏のからくりなど複雑な物語を、イタリア娯楽映画特有のラフかつ強引なタッチで描き飛ばしている。監督は「ランニング」以降B級活劇を量産するカナダのスティーヴン・H・スターン、製作はアンドレ・ジャウィ、エグゼクティヴ・プロデューサーはクラウディオ・マンシーニ、脚本はゴードン・ロバックとラリー・ペダーソン、原作はポール・ループ・シュリッエル、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽は「ハムレット」のエンニオ・モリコーネが担当。伊・仏・カナダの実力派俳優が少しづつ顔を見せる。

監督
スティーヴン・H・スターン
出演キャスト
エリック・ストルツ マリアム・ダボ ブリュノ・クレメール クリストファー・プラマー
1989年

サバス

  • 1989年9月2日(土)
  • 製作総指揮

現代に生きる魔女と若き精神病理学者が織りなす怪奇ラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはクラウディオ・マンシーニ、製作はアキーレ・マンゾッティ、監督・原案は「肉体の悪魔(1986)」のマルコ・ベロッキオ、脚本はべロッキオとフランチェスカ・ピラニ、撮影はベッペ・ランチ、音楽はカルロ・クリヴェッリが担当。出演はベアトリス・ダル、ダニエル・エズラローほか。

監督
マルコ・ベロッキオ
出演キャスト
ベアトリス・ダル ダニエル・エズラロー コリンヌ・トゥゼット オメロ・アントヌッティ

華麗なる殺人 死ぬには美しすぎて

  • 1989年10月7日(土)
  • 脚本

ミラノを舞台に連続モデル殺人事件を描くサスペンス映画。監督はダリオ・ピアーナ。アキーレ・マンゾッティとピアーナの原案を基に、脚本はピアーナとクラウディオ・マンシーニ、マンゾッティ、撮影はアラン・ジョーンズが担当。出演はフローレンス・ゲランほか。

監督
ダリオ・ピアーナ
出演キャスト
フランソワ・エリック・ゲンドロン ジョヴァンニ・タンベリ ジョイア・マリア・スコーラ フローレンス・ゲラン

愛にふるえて

  • 1989年3月11日(土)
  • 製作総指揮

生きる気力を失った男と妖精との愛をファンタジックに描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはチロ・ダミーコ、ダニー・B・ベスケット、クラウディオ・マンシーニ、製作はニコール・セガン、監督・原案・脚本は本作品がデビュー作になるチャールズ・フィンチ、撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はベスケットとレオニーダ・ファブリッシィオが担当。出演は「シシリアン」のクリストファー・ランバート、ダイアン・レインほか。

監督
チャールズ・フィンチ
出演キャスト
クリストファー・ランバート ダイアン・レイン フランチェスコ・クイン モニカ・スカッティーニ
1988年

モモ(1987)

  • 1988年7月16日(土)
  • 製作総指揮

時間の大切さ、生きることの喜び、人間らしい優しさを描くファンタジー映画。エグゼキュティヴ・プロデューサーはクラウディオ・マンシーニ、製作はホルスト・ヴェンドランド、ミハエル・エンデの原作を基に、監督・脚本はヨハネス・シャーフ、共同脚本はローズマリー・フェンデルとマルチェロ・コシア、撮影はザヴィエル・シュワルツェンベルガー、音楽はアンジェロ・ブランダルディが担当。出演はラドスト・ボーケル、ジョン・ヒューストンほか。

監督
ヨハネス・シャーフ
出演キャスト
ラドスト・ボーケル ジョン・ヒューストン Bruno Stori レオポルド・トリエステ
1984年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

  • 1984年10月6日(土)
  • 製作総指揮

アウトローの世界に身を投じた若いユダヤ移民たちのつかの間の栄光と挫折を描く。製作はアーノン・ミルチャン。エグゼキュティヴ・プロデューサーはクラウディオ・マンシーニ。監督は「夕陽のギャングたち」のセルジオ・レオーネ。彼の遺作となった。ハリー・グレイの原作をレオ・ベンヴェヌッティ、ピェロ・デ・ベルナルディ、エンリコ・メディオリ、フランコ・アルカーリ、フランコ・フェリーニ、レオーネが共同で脚色化、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はニーノ・バラリ、衣裳はガブリエラ・ペスクッチ、美術はカルロ・シーミが担当。出演はロバート・デ・ニーロ、ジェームズ・ウッズ、エリザベス・マクガヴァン、トリート・ウィリアムズ、チューズデイ・ウェルド、バート・ヤングなど。日本版字幕は進藤光太。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1984年作品。後に229分の完全版が発表された。

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ジェームズ・ウッズ エリザベス・マクガヴァン トリート・ウィリアムズ
1975年

ミスター・ノーボディ(1973)

  • 1975年11月8日(土)
  • 製作

セルジオ・レオーネが原案提供の久々のマカロニ・ウェスタン。製作はクラウディオ・マンシーニ、監督は「怒りの荒野」のトニーノ・ヴァレリー、脚本はエルネスト・ガスタルディ、撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はテレンス・ヒル、ヘンリー・フォンダ、ジャン・マルタン、ピエロ・ルッリ、レオ・ゴードンなど。

監督
トニーノ・ヴァレリー
出演キャスト
テレンス・ヒル ヘンリー・フォンダ ジャン・マルタン ピエロ・ルッリ
2019年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

  • 2019年9月27日(金)
  • 出演(ハーモニカの兄 役)、製作管理

1969年に約25分カットされた短縮版が公開されて以来、日本で上映される機会がなかった巨匠セルジオ・レオーネによる西部劇「ウエスタン」の165分オリジナル版を日本初公開。女性主人公ジルの目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を綴る。出演は「山猫」のクラウディア・カルディナーレ、「黄昏」のヘンリー・フォンダ、「大統領の陰謀」のジェイソン・ロバーズ、「狼よさらば」のチャールズ・ブロンソン。共同原案に、若き日のベルナルド・ベルトルッチとダリオ・アルジェントが参加。日本初公開時邦題「ウエスタン」(短縮版141分:1969年公開)

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
クラウディア・カルディナーレ ヘンリー・フォンダ ジェイソン・ロバーズ チャールズ・ブロンソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クラウディオ・マンシーニ

ムービーウォーカー 上へ戻る