映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ホールダー

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2001年 まで合計7映画作品)

2001年

しあわせ

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 出演(Gerry 役)

「男と女」で知られる仏の名匠クロード・ルルーシュの待望の最新作。愛を失い絶望の淵をさまよう女性が、思い出をたどる旅を経て、希望を見出し再生するまでを、感動的に描く。

監督
クロード・ルルーシュ
出演キャスト
アレッサンドラ・マルチネス ピエール・アルディティ マルク・オローニュ ローラン・イレール
1992年

ブーメラン

  • 1992年9月12日(土)公開
  • 出演(Nelson 役)

世界的人気スター、エディ・マーフィの主演作で、化粧品業界を舞台にした恋愛コメディ。監督は「ハウス・パーティ」のレジナルド・ハドリン、製作はワーリントン・ハドリンと「遥かなる大地へ」のブライアン・グレイザー、脚本は「星の王子ニューヨークへ行く」のバリー・W・ブラウステインとデイヴィッド・シェフィールド、撮影はウディ・オーメンズ、音楽はマーカス・ミラーが担当。

監督
レジナルド・ハドリン
出演キャスト
エディ・マーフィ ロビン・ギブンズ ハル・ベリー アラン・グリアー
1982年

アニー(1982)

  • 1982年12月18日(土)公開
  • 出演(Punjab 役)

不況時代のアメリカで元気いっぱいに生きる赤毛の孤児アニーの物語。1924年にハロルド・グレイが創作した漫画「小さな孤児アニー」を基にして、77年にブロードウェイで上演されたヒット・ミュージカルの映画化。製作はレイ・スターク、エグゼクティブ・プロデューサー兼音楽シークェンス創造者はジョー・レイトン。監督はミュージカルは初めてのジョン・ヒューストン。脚本とアソシエイト・プロデューサーをキャロル・ソビエスキーがつとめ、撮影をリチャード・ムーア、作曲をチャールズ・ストラウス、作詞をマーティン・チャーニン、編曲・指揮をラルフ・バーンズ、振付をアーリン・フィリッブスが担当している。出演は8000人のなかから選ばれたアニー役のアイリーン・クインの他に、アルバート・フィニー、キャロル・バーネット、バーナデット・ピータース、アン・ラインキングなど。同時に日本語ダビング版でも公開される。こちらは東北新社とブロダクションNOVAが製作に当り、木原たけしが翻訳、片桐和子が訳詞を手掛けている。声の出演者は次の通り。上條恒彦(ウォーバックス)、今陽子(グレース)、藤田淑子(ハンニガン)、天地総子(リリー)、尾藤イサオ(ルースター)、内海賢二(プンジャブ)、黒沢良(FDR)、そして、アニーの歌を高岡知也、台詞を片岡身江が吹き替えている。

監督
ジョン・ヒューストン
出演キャスト
アルバート・フィニー キャロル・バーネット バーナデット・ピータース アン・ラインキング
1977年

カリブの嵐

  • 1977年4月2日(土)公開
  • 出演(Cudjo 役)

18世紀初めのカリブ海を舞台に活躍する海賊映画。製作総指揮はエリオット・カストナー、製作はジェニングス・ラング、監督は「大捜査」のジェームズ・ゴールドストーン、脚本は「さらば愛しき女よ」のジェフリー・ブルーム、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・アディソンが各々担当。出演はロバート・ショウ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ピーター・ボイル、ボー・ブリッジスなど。本国公開原題は Swashbuckler。

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
出演キャスト
ロバート・ショウ ジェームズ・アール・ジョーンズ ピーター・ボイル ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
1973年

007/死ぬのは奴らだ

  • 1973年7月14日(土)公開
  • 出演(Baron Samedi 役)

ショーン・コネリーから三代目ロジャー・ムーアにバトン・タッチされて新たに登場したシリーズ八作目。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ダイヤモンドは永遠に」のガイ・ハミルトン、イアン・フレミングの原作をトム・マンキーウィッツが脚本化。撮影はテッド・ムーア、音楽はジョージ・マーティン、主題歌をポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーが作曲し、“ジェームズ・ボンドのテーマ曲”をモンティー・ノーマンが作曲している。編集はバート・ベイツ、レイモンド・ポールトン、ジョン・シャーリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア、クリフトン・ジェームズ、ジュリアス・W・ハリス、ジェフリー・ホールダー、デイヴィッド・ヘディソン、グロリア・ヘンドリー、バーナード・リー、ロイス・マクスウェル、ロイ・スチュアート、B・J・アーノウ、マデリン・スミスなど。

監督
ガイ・ハミルトン
出演キャスト
ロジャー・ムーア ヤフェット・コットー ジェーン・シーモア クリフトン・ジェームズ
1969年

ジャワの東

  • 1969年1月11日(土)公開
  • 出演(Bazooki Man 役)

「愛情の花咲く樹」「大将軍」のクリフォード・ニュートン・グールドとバーナード・ゴードンのオリジナル・シナリオをTVで活躍中のバーナード・L・コワルスキーが監督した海洋活劇。撮影は「地球は壊滅する」のマニュエル・ベレングアー、音楽は「大西部への道」のマック・デイヴィッドが担当している。出演は「誇り高き戦場」のマクシミリアン・シェル、「蜃気楼」のダイアン・ベーカー、「バルジ大作戦」のバーバラ・ウェール、「禁じられた情事の森」のブライアン・キース、他にロッサノ・ブラッツィ、J・D・キャノン、サル・ミネオ、ジョン・レイトンなど。製作は、ウィリアム・R・フォーマンと「カスター将軍」のレスター・A・サムソン。

監督
バーナード・L・コワルスキー
出演キャスト
マクシミリアン・シェル ダイアン・ベーカー バーバラ・ウェール ブライアン・キース
1967年

ドリトル先生不思議な旅

  • 1967年12月15日(金)公開
  • 出演(Willie_Shakespeare 役)

ヒュー・ロフティングの童話『ドリトル先生・航海記』を、「いつも2人で」で作詞を担当したイギリス芸能界の才人レスリー・ブリッカスが脚色・作詞・作曲し、「ミクロの決死圏」のリチャード・フライシャーが監督したミュージカル・ファンタジー。撮影は「コレクター」のロバート・サーティース、音楽監督はライオネル・ニューマン、振付はブロードウェイの俊鋭ハーバート・ロスが担当した。出演は「マイ・フェア・レディ」のレックス・ハリソン、「歩け!走るな」のサマンサ・エッガー、イギリスの舞台人アンソニー・ニューリー、「砲艦サンパブロ」のリチャード・アッテンボローほか。製作は「何という行き方!」のアーサー・P・ジェイコブス。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
レックス・ハリソン サマンサ・エッガー アンソニー・ニューリー リチャード・アッテンボロー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ホールダー