TOP > 映画監督・俳優を探す > チェスター・M・フランクリン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1936年 まで合計7映画作品)

1936年

僕の脱走記

  • 1936年
  • 監督

「猛獣師の子」「僕は軍人」のジャッキー・クーパーと「男性No.1」のジョセフ・カレイアがサイレント時代に活躍したリン・ティン・ティンの仔たるリン・ティン・ティン・ジュニアと共に主役を演ずる映画で、「春の宵」のエドガー・アレン・ウルフとフローレンス・ライアソンが書き下ろした台本により、「シーコウヤ」のチェスター・M・フランクリンが監督に当たり、「魔の超特急」のレナード・スミスが撮影した。助演は「悪夢」「ある夜の特ダネ」のハーヴェイ・スティーブンス、「彩られし女性」のジーン・ハーショルト、エドワード・ポーレー、ロバート・ウォーウィック等である。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
ジャッキー・クーパー ジョゼフ・キャレイア リン・ティン・ティン・ジュニア ハーヴェイ・スティーブンス
1934年

シーコウヤ

  • 1934年
  • 監督

「帰らぬ船出」「若草物語(1933)」のジーン・パーカーが主演する映画で、ヴァンス・ジョゼフ・ホイト作の動物小説「マリブ」に基づいてアン・カニンガムとサム・アームストロングとケイリー・ウィルソンが協力して潤色し、「独裁大統領」と同じくケイリー・ウィルソンが台本を作成し、「俺は探偵」「漁火の巨人」のチェスター・M・フランクリンが監督に当たり、「爆弾の頬紅」のチェスター・ライオンズが撮影した。助演は「魔の超特急」のラッセル・ハーディー、「若草物語(1933)」のサミュエル・S・ハインズ、ポール・ハースト、ウイリー・ファング等である。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
ジーン・パーカー ラッセル・ハーディー サミュエル・S・ハインズ ポール・ハースト
1928年

俺は探偵

  • 1928年
  • 監督、原作、脚色

「俺は探偵」「俺は新兵」と同じくカール・デーン氏ジョージ・ケイ・アーサー氏の共演喜劇でロバート・ロード氏がストーリーを合作し併せて撮影台本を作りチェスター・エム・フランクリン氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「俺は新兵」「キートンのカメラマン」のマーセリン・デイ嬢、「活動役者」「黄金の世界へ」のテネン・ホルツ氏、駒井哲氏、クラレンス・リール氏等が出演している。キャメラは「ブロードウェイ・メロディー」「風」のジョアン・アーノルド氏が担任。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
カール・デーン ジョージ・K・アーサー マーセリン・デイ テネン・ホルツ
1924年

猛犬は裁く

  • 1924年
  • 脚本、監督

ボストン・ブラッキー譚で有名なジャック・ボイル氏の原作をチェスター・M・フランクリン氏とフランク・オコンナー氏とが脚色し、「恋の睡蓮」と同じくチェスター・M・フランクリン氏が監督したもので、「売られ行く魂」出演のエリナー・ボードマン嬢、「十番目の女」等出演のレイモンド・マッキー氏が主演し、名犬ピーターが主要な役を演じている。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
エリナー・ボードマン レイモンド・マッキー アール・メトカルフ ポール・ウェイゲル
1923年

極北の天地

  • 1923年
  • 監督、脚色

「世界大戦の際ベルギーに加わって赤十字犬として偉勲をたてた」と伝えられるリン・ティン・ティンという猛犬を主役として作られた北国を背景の活劇で、フレッド・マイトンとチェスター・M・フランクリンとが脚色を書きフランクリンが監督の任に当たった。「激浪の一船」「スザンナ」等出演のウォルター・マッグレイル、「無敵必勝」等出演のクレア・アダムスが主要な役を演じている。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
クレア・アダムス ウォルター・マッグレイル パット・ハーティガン Myrtle Owen
1922年

恋の睡蓮

  • 1922年
  • 監督

天然色映画の1色テクニカラー法によって全部着色された映画で、かつてスチュアート・プラックトンがプリズマ・カラーを用いて作った「栄光ある冒険」よりも一段進歩した色彩を見せるといわれている中国の伝説に基づき、フランセス・マリオンが書き、中国人の女優アンナ・メイ・ウォンとケネス・ハーランとを主役としたもので、監督はチェスター・M・フランクリンである。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
アンナ・メイ・ウォン ケネス・ハーラン Beatrice Bentley Baby Moran
1920年

貴方には判らない

  • 1920年
  • 監督

ビービー・ダニエルス嬢がリアルアート社へ入ってから第1回作品として製作した映画で、原作はサタディー・イーヴニング・ポスト誌に載せられたグレイス・ラヴェル・ブライアン女史の小説で、監督はチェスター・M・フランクリン氏。ダニエルス嬢の対手として若手人気俳優ジャック・マルホール氏、ハロルド・グッドウィン氏の2人が出演している。軽い喜劇として上乗のもの。ニュース誌の評によると「原作、監督、俳優1つとして可ならざるなく、何れの点より見ても真の成功作品」だそうである。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジャック・マルホール エドワード・マーティンデル ヘレン・ダンバー

チェスター・M・フランクリンの関連人物

ロバート・ワーウィック  Peter the great  Edna Tichenor  ケネス・ハーラン  Harry Lowe Jr. 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > チェスター・M・フランクリン

ムービーウォーカー 上へ戻る