映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ライザー

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2016年 まで合計10映画作品)

2016年

コンカッション

  • 2016年10月29日(土)公開
  • 出演(Dr. Elliot Pellman 役)

アメリカン・フットボールの選手が激しいタックルの影響で発症するCTE(慢性外傷性脳症)の恐ろしさを訴えた医師ベネット・オマルの実話を、ウィル・スミス主演で映画化した人間ドラマ。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)という巨大組織やそのファンを敵に回してでも、信念を曲げずに真実を追求し続けた男の姿を描く。

監督
ピーター・ランデスマン
出演キャスト
ウィル・スミス アレック・ボルドウィン アルバート・ブルックス デヴィッド・モース
2015年

セッション

  • 2015年4月17日(金)公開
  • 出演(ジム 役)

名門音楽学校に入学したドラマーと伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンとその行方を描き、第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞に輝いた人間ドラマ。厳しい指導者の下、苦悩の日々をすごした、監督と脚本を担当したデイミアン・チャゼルの高校時代の体験を基に、生徒と教師のサスペンスフルなやりとりが展開する。

監督
デイミアン・チャゼル
出演キャスト
マイルズ・テラー J・K・シモンズ ポール・ライザー メリッサ・ブノワ
2013年

恋するリベラーチェ

  • 2013年11月1日(金)公開
  • 出演(スコットの弁護士 役)

50〜70年代にかけて、ラスベガスのショーなどで活躍し、“世界が恋したピアニスト”と呼ばれた実在のエンターテイナー、リベラーチェ。彼とその愛人スコット・ソーソンとの出会い、同性愛者としての苦悩を描くラブストーリー。マイケル・ダグラスがきらびやかなピアニストに、マット・デイモンがその愛人に扮したビジュアルにも注目。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
マイケル・ダグラス マット・デイモン ダン・エイクロイド スコット・バクラ

エイリアン2 完全版

  • 2013年6月14日(金)公開
  • 出演

シガーニー・ウィーバー主演のSFホラー第2作。1986年公開時のものに、ジェームス・キャメロン監督自ら未公開シーンを加え再編集した。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
シガーニー・ウィーバー キャリー・ヘン マイケル・ビーン ランス・ヘンリクセン
2001年

ジュエルに気をつけろ!

  • 2001年5月12日(土)公開
  • 出演(Carl 役)

マイケル・ダグラスがプロデュース&出演した痛快作。純真さと妖しさを併せもつヒロインによって、人生を狂わされた男たちの悲喜劇を、ひねりの効いた回想形式で映しだす。

監督
ハラルド・ツワート
出演キャスト
リヴ・タイラー マット・ディロン ジョン・グッドマン ポール・ライザー
1991年

あなたに恋のリフレイン

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 出演(Phil 役)

奇妙な巡り合わせで何度も結婚と離婚を繰り返すカップルを描いたロマンチック・コメディ。監督はアニメ界出身で本作が実写映画第1作となるジュリー・リース。製作はデイヴィッド・パームット。脚本は「ブルースが聞こえる」のニール・サイモン。撮影はドナルド・ソーリン。音楽はデイヴィッド・ニューマンが担当。

監督
ジュリー・リース
出演キャスト
キム・ベイシンガー アレック・ボールドウィン ロバート・ロギア エリザベス・シュー

クレイジー・ピープル

  • 1991年3月21日(木)公開
  • 出演(Stephen_Bachman 役)

コピーライターがある日、嘘をつくのをやめて本音のコピーを書き出したことから病院送りになってしまう、というコメディー。エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・K・ウェイス、製作はトーマス・バラッド、監督は「ナイスガイ・ニューヨーク」のトニー・ビル、脚本はミッチ・マルコウィッツ、撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はクリフ・エイデルマンが担当。出演はダドリー・ムーア、ダリル・ハンナほか。

監督
トニー・ビル
出演キャスト
ダドリー・ムーア ダリル・ハンナ ポール・ライザー マーセデス・ルール
1986年

エイリアン2

  • 1986年8月30日(土)公開
  • 出演(Burke 役)

エイリアンと戦った宇宙船ノストロモ号6人のうちの唯1人の生存者リプリーとエイリアンの再戦を描くSFアクション。製作はゲイル・アン・ハード、エグゼクティヴ.プロデューサーはゴードン・キャロル、デイヴィッド・ガイラー、ウォルター・ヒル。監督・脚本は「ターミネーター」のジェームズ・キャメロン。キャラクター創作はダン・オバノンとロナルド・シュセット、撮影はエイドリアン・ビドル、音楽はジェームズ・ホーナー、特殊効果はジョン・リチャードソン、ブライアン・ジョンソンが担当。出演はシガニー・ウィーヴァー、マイケル・ビーンほか。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は岡枝慎二。デラックスカラー、ビスタサイズ、1986年作品。後に未公開シーンを加えた155分の[完全版]が発表された。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
シガニー・ウィーヴァー マイケル・ビーン ポール・ライザー ランス・ヘンリクセン
1985年

ビバリーヒルズ・コップ

  • 1985年4月27日(土)公開
  • 出演(Jeffrey 役)

スゴ腕の熱血漢だが上司からは見放されている若い刑事が麻薬組織を相手に大活躍するというアクション。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはマイク・モーダー。監督はマーティン・ブレスト、脚本はダニエル・ペトリー・ジュニア、原案はダニーロ・バックとペトリー・ジュニア、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はハロルド・フォルターメイヤー、編集はビリー・ウェーバーとアーサー・コバーンが担当。出演はエディ・マーフィ、ジャッジ・ラインホールドなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は金田文夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
マーティン・ブレスト
出演キャスト
エディ・マーフィ ジャッジ・ラインホルド ジョン・アシュトン リサ・エイルバッチャー
1984年

ダイナー

  • 1984年9月14日(金)公開
  • 出演(Modell 役)

59年冬、ボルチモアのダイナーに集う5人の青年の人生、将来の夢を描く。製作はジェリー・ワイントローブ。監督・脚本は脚本家出身で、この映画が監督デビュー作となるバリー・レヴィンソン。撮影はピーター・ソーヴァ、音楽監修はハリー・V・ロジュースキーが担当。出演はスティーヴ・グッテンバーグ、ダニエル・スターン、ミッキー・ローク、ケヴィン・ベーコン、ティモシー・デイリーなど。日本版字幕は金田文夫。メトロカラー、ビスタサイズ。1982年作品。

監督
バリー・レヴィンソン
出演キャスト
スティーヴ・グッテンバーグ ダニエル・スターン ミッキー・ローク ケヴィン・ベーコン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ライザー