映画-Movie Walker > 人物を探す > ニール・サイモン

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2000年 まで合計21映画作品)

2000年

アウト・オブ・タウナーズ

  • 2000年6月10日(土)公開
  • オリジナル原案

 S・マーチン&G・ホーンというコメディ界の人気者が共演する爆笑コメディ。大都会NYでさまざまなトラブルに巻き込まれる、おかしな夫婦のドタバタ騒動をつづる。

監督
サム・ワイスマン
出演キャスト
ゴールディ・ホーン スティーヴ・マーティン ジョン・クリース マーク・マッキネイ
1999年

おかしな二人2

  • 1999年2月20日(土)公開
  • 製作、脚本

都会派コメディ「おかしな二人」(68)の続編。主演のジャック・レモン(「グラスハープ 草の竪琴」)とウォルター・マッソー (「ワグ・ザ・ドッグウワサの真相」)の名コンビが子供たちの結婚式にたどりつくまでをコミカルに描く。監督は「ゲッティング・イーブン」のハワード・ドイッチ。脚本・製作(「スノーホワイト」のロバート・W・コートと共同)は「ニール・サイモンのブロードウェイ・バウンド」のニール・サイモン。撮影は「バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲」のジェイミー・アンダーソン。音楽は「コンタクト」のアラン・シルベストリ。「チャンス!」のデビッド・マッデン。美術は「グリッドロック」のダン・ビショップ。編集は「ベガス・バケーション」のセス・フラウム。衣裳は「ジャングル・ジョージ」のリサ・ジャンセン。

監督
ハワード・ドイッチ
出演キャスト
ジャック・レモン ウォルター・マッソー リチャード・リール ジョナサン・シルヴァーマン
1993年

ブロードウェイ・バウンド

  • 1993年2月6日(土)公開
  • 脚本

1948年のアメリカ、ブライトン・ビーチを舞台に、作家としてブロードウェイでのデビューを夢見る兄弟と、その家族の姿を描く人間ドラマ。ブロードウェイのヒットメイカーで、アメリカの国民的コメディ作家、「あなたに恋のリフレイン」のニール・サイモンの半自伝的同名戯曲の映画化。監督は「トーチソング・トリロジー」のポール・ボガート、製作はテリー・ネルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはブロードウェイの舞台プロデューサーとして著名な「ローゼンクランツとギルテンスターンは死んだ」のマイケル・ブランドマンとエマニュエル・アゼンバーグ、脚本はサイモン自身が執筆、撮影はイシドア・マンコフスキー、音楽はデイヴィッド・シャイアーが担当。主演は、「トーチソング・トリロジー」のアン・バンクロフト、「コクーン」のヒューム・クローニン、「ブルースが聞こえる」のコリー・パーカー、「ウディ・アレンの重罪と軽罪」のジェリー・オーバック、「君がいた夏」のジョナサン・シルヴァーマン。

監督
ポール・ボガート
出演キャスト
アン・バンクロフト ヒューム・クローニン コリー・パーカー ジョナサン・シルヴァーマン
1991年

あなたに恋のリフレイン

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 脚本

奇妙な巡り合わせで何度も結婚と離婚を繰り返すカップルを描いたロマンチック・コメディ。監督はアニメ界出身で本作が実写映画第1作となるジュリー・リース。製作はデイヴィッド・パームット。脚本は「ブルースが聞こえる」のニール・サイモン。撮影はドナルド・ソーリン。音楽はデイヴィッド・ニューマンが担当。

監督
ジュリー・リース
出演キャスト
キム・ベイシンガー アレック・ボールドウィン ロバート・ロギア エリザベス・シュー
1988年

ブルースが聞こえる

  • 1988年9月3日(土)公開
  • 原作

1945年のビロクシ訓練所を舞台に、高校を卒業したばかりで徴兵された若者たちが、2カ月間の軍隊生活の中で少年から大人へと成長してゆく姿を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョセフ・M・カラチオロとメアリーケイ・パウエル、製作はレイ・スターク、監督は「心みだれて」のマイク・ニコルズ、原作・脚本は「ニール・サイモンのキャッシュ・マンマン」のニール・サイモン、撮影は「ロッキー4 炎の友情」のビル・バトラー、音楽は「サルバドル 遥かなる日々」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演はマシュー・ブロデリック、クリストファー・ウォーケンほか。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
マシュー・ブロデリック クリストファー・ウォーケン Matt Mulhern コリー・パーカー
1984年

ニール・サイモンのキャッシュ・マン

  • 1984年1月14日(土)公開
  • 製作、脚本

28年前に蒸発した父が大金持参で娘の家へやって来たことから起こる騒動を描くコメディ。「グッバイガール」(77)のハーバート・ロス監督、ニール・サイモン脚本、そして主演のマーシャ・メイソンの3人が再び組んだ作品で、ロスとサイモンが共同で製作に当っている。エグゼクティブ・プロデューサーは「わたしは女優志願」のロジャー・M・ロススタイン。撮影はデイヴィッド・M・ウィルシュ、音楽はデイヴィッド・シヤイアが担当。出演はメイスンの他に、ジェイソン・ロバーズ、ドナルド・サザーランド、マシュー・ブロデリックなど。日本版字幕は戸田奈津子。デラックスカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
マーシャ・メイソン ジェイソン・ロバーズ ドナルド・サザーランド マシュー・ブロデリック
1982年

わたしは女優志願

  • 1982年8月21日(土)公開
  • 製作、原作戯曲、脚本

16年間離ればなれで暮らしていた父娘が再会して起きる騒動を描くヒューマン・コメディ。ニール・サイモンの同名ブロードウェイ劇をサイモン自身が脚色し、演出に当ったハーバート・ロスが監督した。製作はハーバー卜・ロスとニール・サイモン、製作指揮は「愛と喝采の日々」「泣かないで」と、ロスとサイモンの作品を多く手掛けているロジャー・M・ロススタイン。撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。主題歌をハムリッシュと彼の妻のキャロル・ベイヤー・セイガーが共同で作っている。出演はウォルター・マッソー、アン=マーグレット、ダイナ・マノフ、ランス・ゲストなど。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
ウォルター・マッソー アン・マーグレット ダイナ・マノフ ランス・ゲスト
1981年

泣かないで(1981)

  • 1981年当年公開
  • 製作、脚本

アル中専門の療養所を退院した舞台女優の母とその娘の触れ合いを描く。製作はロジャー・M・ロススタインとニール・サイモン、監督はTV出身のグレン・ジョーダン、脚本は・ニール・サイモン、撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はデイヴィッド・シャイアーが各各担当。出演はマーシャ・メイソン、クリスティ・マクニコル、ジェームズ・ココ、ジョーン・ハケット、デイヴィッド・デュークスなど。

監督
グレン・ジョーダン
出演キャスト
マーシャ・メイソン クリスティ・マクニコル ジェームズ・ココ ジョーン・ハケット

昔みたい

  • 1981年10月31日(土)公開
  • 脚本

検事と再婚した女性弁護士が前夫の弁護をすることになるというコメディ映画。製作総指揮はロジャー・M・ロススタイン、製作はレイ・スターク、監督はTVSOAPなどを手がけ、これがデビューになるジェイ・サンドリッチ、脚本は「第2章」のニール・サイモン、撮影はデイビッド・M・ウォルシュ、音楽はマービン・ハムリッシュ、製作デザインはジーン・キャラハンが各々担当。出演はゴールディ・ホーン、チェビー・チェイス、チャールズ・グローディン、ロバート・ジローム、ハロルド・グールド、ジョージ・グリザード、イヴォンヌ・ワイルダーなど。

監督
ジェイ・サンドリッチ
出演キャスト
ゴールディ・ホーン チェヴィ・チェイス チャールズ・グローディン ロバート・ジローム
1980年

第2章

  • 1980年9月27日(土)公開
  • 脚本

互いに離婚を経験している大人の男女がめぐり会い、再び新たな人生に向かって出発するまでを描く。製作総指揮はロジャー・M・ロススタイン、製作はレイ・スターク。自らの体験を基にしたニール・サイモンの自伝的脚本を基に「名探偵登場」のロバート・ムーアが監督。撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュ、編集はマイケル・スティーブンソン、製作デザインはジーン・キャラハンが各々担当。出演はジェームズ・カーン、マーシャ・メイソン、ジョセフ・ボローニャ、ヴァレリー・ハーパーなど。日本語版監修は野中重雄。カラー、スタンダード。1979年作品。

監督
ロバート・ムーア
出演キャスト
ジェームズ・カーン マーシャ・メイソン ジョセフ・ボローニャ ヴァレリー・ハーパー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ニール・サイモン