映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーシェル・メイオール

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1931年 まで合計17映画作品)

1931年

彼の女

  • 1931年当年公開
  • 出演(Morrisey 役)

「市街」「失われた抱擁」出演のゲイリー・クーパーと「陽気な中尉さん」「彼女の名誉」のクローデット・コルベールとが共演する映画で、デール・コリンズ作の小説に基づいて「小間使(1931)」「私の罪」のアデレード・ヒールブロンとメルヴィル・ベイカーが共同して脚色した「時計の殺人」「砲煙」のエドワード・スローマンが監督、「夜の天使」「喧嘩商会」のウィリアム・スタイナーが撮影した。助演者は「女秘書の秘密」のエヴリル・ハリス、「私の罪」のハリー・ダヴェンポート、「小間使(1931)」のシャーロット・ウィンタース、リチャード・スピロ、ジョーン・ブレア、ラクェル・ダヴィダらである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー クローデット・コルベール エヴリル・ハリス Joe Spurin Calleia
1930年

名門芸術

  • 1930年当年公開
  • 出演(Doctor 役)

「ショウ・ボート(1929)」の原作者エドナ・ファーバーと「ココナッツ」の原作者ジョージ・S・カウフマンとの合作舞台劇に基づいて「放浪の王者(1930)」のハーフマン・マンキウィズがガートルード・パーセルと共同脚色し、「戦争と貞操」のジョージ・キューカーと「脱線泥棒」のシリル・ガードナーとが共同監督し、「踊り子夫人」「けだもの組合」のジョージ・フォルシーが撮影した。主演者はジョン・ギルバート夫人で舞台の名女優アイナ・クレア(彼女の初出演映画はAwful Trugh)「踊り子夫人」「屠殺者(1930)」のフレドリック・マーチ「脱線泥棒」「拳の王者」のメアリー・ブライアン、映画初出演の舞台女優ヘンリエッタ・クロスマンで、チャールズ・スターレット、舞台俳優アーノルド・コーフ及びフランク・コンロイが助演している。

監督
ジョージ・キューカー シリル・ガードナー
出演キャスト
アイナ・クレア フレドリック・マーチ メアリー・ブライアン ヘンリエッタ・クロスマン
1923年

2挺拳銃

  • 1923年当年公開
  • 出演(Gambler 役)

ウィリアム・S・ハート氏が映画界に復帰して作った2本の映画中最初のもので氏が自ら原作を書き、J・G・ホークス氏が脚色し、今ユ社の監督をしているクリフォード・スミス氏が監督をした。相手役は「宇宙突破」等出演のエセル・グレイ・テリー嬢、「ふるさとの家」「君を思えば」等出演のキャスリーン・オコンナー嬢である。

監督
クリフォード・スミス
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート エセル・グレイ・テリー キャスリーン・オコンナー ジェームズ・ファーレー

魔海の髑髏島

  • 1923年当年公開
  • 出演(Captain_Clark 役)

「ノーナ・ドゥーン」「クリスチャン」以来久しぶりで輸入されたモーリス・トゥールヌール氏監督映画である。原作はクリッテンデン・マリオット氏の小説 The Osle or Dead Ships でこれを「渓谷の乙女」「黄金の誘惑」等を監督したチャールズ・メイン氏が監督した。主役は「善悪の境」「魂は帰り行く」等出演のミルトン・シルス氏「アダムス・リブ」「悲しき情火」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢でその他に「人獣国」「情熱の悪鬼」等出演のウォルター・ロング氏が敵役を演じている。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン ミルトン・シルス フランク・カンポー ウォルター・ロング

メイル・マン

  • 1923年当年公開
  • 出演(Stephen_J._Nelson 役)

「総動員」「危険信号」に続いたエモリー・ジョンソン監督作品で、原作は例によって氏の母エミリー・ジョンソン夫人書おろしたもの。前2映画と同様ラルフ・ルイスが主演であるが、今度は共演者として「オーバー・ザ・ヒル」「ファントマ」以来お馴染みのジョニー・ウォーカーが「総動員」と同じに大活躍をする。郵便配達夫を主役とした大活劇である。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
ラルフ・ルイス ジョニー・ウォーカー マーサ・スリーパー ヴァージニア・トルー・ボードマン
1922年

三十日間

  • 1922年当年公開
  • 出演(Giacomo_Polenta 役)

ウォーレス・リード氏最後の作品で「剣の輝き」「ふるさとの家」等を監督したジェームズ・クルーズ氏の監督である。「ヤング・ラジャー」「燃ゆる砂」等出演のワンダ・ホウリー。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ウォーレス・リード ワンダ・ホウリー シリル・チャドウィック ヘレン・ダンバー
1921年

寡言の男

  • 1921年当年公開
  • 出演(Carrol 役)

ウィル・レイノールズの原作を殆どほかのハート映画のすべてと同じくランバート・ヒルヤーが監督、脚色した。ウィリアム・S・ハートは空前の3役演出を試み、相手としては「タイガー・マン」「我利我利イェーツ」などと同じくジェーン・ノヴァックが出演する。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート ジェーン・ノヴァック S. J. Bingham ゴードン・ラッセル

シーバの女王

  • 1921年当年公開
  • 出演(Mentor 役)

「クレオパトラ(1963)」「サロメ(1918)」以上に大掛かりのフォックス映画社特作歴史劇で、例によってJ・ゴードン・エドワーズ氏の監督に成ったもの主役のシーバの女王には妖艶ベティー・ブライス嬢が扮し、「我れ若し王者なりせば」出演のフリッツ・ライバー氏がソロモン王に、その他ジョージ・シーグマン氏、ハーバート・ヘイス氏、ハーシェル・メイオール氏等も出演する。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ベティ・ブライス フリッツ・ライバー クレール・ド・ロレス ジョージ・シーグマン
1920年

機会の海岸

  • 1920年当年公開
  • 出演(Julian_Marr 役)

メキシコを背景とした男性活劇で、主役はウォーレン・ケリガン氏である。ケリガン氏の「愛の白浪」「一ドル男」等を監督したアーネスト・C・ワード氏が同じく監督した。悪役は「大洋の果て」出演のハーシェル・メイオール氏が演じている。「一流の西部劇」と米誌は評している。

監督
アーネスト・C・ワード
出演キャスト
ジャック・ウォーレン・ケリガン ハーシェル・メイオール フリッツィー・ブルネット エドワード・ハーン

キスメット(1920)

  • 1920年当年公開
  • 出演(Jawah 役)

エドワード・ノブロック氏原作の有名な舞台劇で、我が国にもかつて外国人によって帝国劇場に上演せられたこともある。米国劇壇においてキスメット俳優として第一人者であるオーティス・スキナー氏がルイ・ガスニエ氏監督の許に特にこの大作品に出演したのである。その他ローズマリー・セビー嬢、エリノア・フェアー嬢、ニコラス・デュナエフ氏、レオン・バリー氏、ハーシェル・メイオール氏等が出演する。「ロバートスン・コール社始まって以来の大作品であると同時に美術的作品として映画界の名誉とすべき作品である」とまでニュース誌は激賞している。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
オーティス・スキナー ローズマリー・セビー エリノア・フェアー Mae. Content
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーシェル・メイオール