映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイ・シャイダー

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2018年 まで合計26映画作品)

2018年

恐怖の報酬(1977) オリジナル完全版

  • 2018年11月24日(土)公開
  • 出演

1953年のH=G・クルーゾー監督作を「エクソシスト」のウィリアム・フリードキン監督がリメイクしたサスペンスのオリジナル版。南米奥地の油田で大火災が発生。4人の犯罪者が高額報酬や旅券と引き換えに消火に使う爆薬ニトログリセリンの運搬にあたる。1977年6月に北米で公開、それ以外の地域では監督に無断で約30分カットされた92分の短縮版が配給された。長らく権利者不明の状態にあったが、2011年、フリードキン監督自らスタジオ2社を提訴し、権利者を特定。4Kデジタル修復された121分オリジナル完全版が2013年のヴェネツィア映画祭でのプレミア上映を皮切りに各地で上映。

監督
ウィリアム・フリードキン
出演キャスト
ロイ・シャイダー ブルーノ・クレメル フランシスコ・ラバル アミドゥ
2004年

パニッシャー

  • 2004年11月13日(土)公開
  • 出演(Frank Castle Sr. 役)

超人ではなく、生身の人間を主人公にしたアメコミの人気作を実写映画化。法で裁けない悪人を成敗する、“パニッシャー”となった男の壮絶な闘いを描く。

監督
ジョナサン・ヘンスレー
出演キャスト
トム・ジェーン ジョン・トラヴォルタ ウィル・パットン ロイ・シャイダー

ドラキュリアII 鮮血の狩人

  • 2004年1月10日(土)公開
  • 出演(Cardinal Siqueros 役)

ホラーの帝王ウェス・クレイブン提供によるバンパイア・ムービーの続編。前作で焼死した最強の吸血鬼ドラキュリアが息を吹き返し、吸血鬼ハンターと壮絶な戦いを展開する。

監督
パトリック・ルシア
出演キャスト
ジェイソン・スコット・リー ジェイソン・ロンドン クレイグ・シェファー スティーヴン・ビリントン
1998年

レインメーカー

  • 1998年6月27日(土)公開
  • 出演(Wilfred Keeley 役)

悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化。ナレーションの執筆はマイケル・ハー。製作は「ゲーム」(主演)「フェイス/オフ」(製作)のマイケル・ダグラスと、スティーヴン・ルーサー、フレッド・ファーカス。撮影のジョン・トール、編集のバリー・マルキン、衣裳のアギー・ジェラード・ロジャースは「ジャック」に続いてコッポラと組んだ。音楽は「大脱走」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などのベテラン、エルマー・バーンスタイン。美術は「ロング・キス・グッドナイト」のハワード・カミングス。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のマット・デイモン。共演は「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズ、「アナコンダ」のジョン・ヴォイト、「マーズ・アタック!」のダニー・デヴィート、「ダブルチーム」のミッキー・ローク、「リーサルウェポン3」のダニー・グローヴァー、「のら猫の日記」のメアリー・ケイ・プレイス、「ミニヴァー夫人」「ある日どこかで」の老女優テレサ・ライト、「キャンディマン」のヴァージニア・マドセン、「蜘蛛女」のロイ・シャイダーなど、多彩な布陣。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
マット・デイモン クレア・デインズ ジョン・ヴォイト ダニー・グローヴァー

ピースキーパー

  • 1998年6月20日(土)公開
  • 出演(The President of the U.S.A. 役)

奪われた核弾頭起爆装置を追うエリート将校の活躍を描いたアクション。監督は新鋭フレデリック・フォレスティア。脚本はジェームズ・H・スチュワートとロバート・ジョフリオン。撮影はジョン・ベリー。音楽はフランソワ・フォレスティア。出演は「スナイパー 狙撃者」のドルフ・ラングレン、「デストラクション 制御不能」のロイ・シャイダー、『クラッカージャック』(V)のマイケル・サラザンほか。

監督
フレデリック・フォレスティア
出演キャスト
ドルフ・ラングレン ロイ・シャイダー マイケル・サラザン モンテル・ウィリアムス

デストラクション 制御不能

  • 1998年3月21日(土)公開
  • 出演(Taggert 役)

FBIエージェントと元CIA暗殺部隊の死闘を描くアクション。監督は「国際諜報局」のヴェテラン、シドニー・J・フューリー。脚本はグレッグ・メルロット。撮影は「スターマン」のドナルド・M・モーガン。音楽は「ハードネス」のポール・J・ザザ。出演は「地獄のアレクサ 殺人捜査網」のロレンツォ・ラマス、「ロスト・ハイウェイ」のゲーリー・ビジー、「エグゼクティブ・ターゲット」のロイ・シャイダーほか。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
ロレンツォ・ラマス クリステン・クローク ロイ・シャイダー ゲイリー・ビジー

エグゼクティブ・ターゲット

  • 1998年1月17日(土)公開
  • 出演(President Carlton 役)

テロリストに大統領誘拐を強制された男の奮戦を描くアクション。監督はジョゼフ・メルヒ。脚本はジェイコブセン・ハートとデイトン・キャリー(助演も)。出演は「裏切り」のマイケル・マドセン、「ジャッカー」のロイ・シャイダー、「クイック&デッド」のキース・デイヴィッドほか。

監督
ジョセフ・メルヒ
出演キャスト
マイケル・マドセン ロイ・シャイダー キース・デイヴィッド
1994年

蜘蛛女

  • 1994年5月21日(土)公開
  • 出演(Don Falcone 役)

美しく冷酷な悪女と、彼女に魅入られて破滅していく悪徳警官の姿を描いたフィルムノワール。「危険な天使」の女性脚本家ヒラリー・ヘンキンのオリジナル脚本を「チェンジリング」「ザ・クレイズ 冷血の絆」のピーター・メダックの監督で映画化。製作はヘンキンと「黒豹のバラード」のポール・ウェブスター、エグゼクティヴ・プロデューサーは「死の接吻(1991)」のエリック・フェルナーと「黒豹のバラード」のティム・ビーヴァン。撮影はダリウス・ウォルスキー、音楽は「リバー・ランズ・スルー・イット」のマーク・アイシャム、美術はスチュアート・ワーツェルが担当。主演は「心のままに」のレナ・オリンと「トゥルー・ロマンス」のゲイリー・オールドマン。共演は「裸のランチ」のロイ・シャイダー、「ドラキュラ(1992)」のトム・ウェイツほか。

監督
ピーター・メダック
出演キャスト
レナ・オリン ゲイリー・オールドマン アナベラ・シオラ ジュリエット・ルイス
1992年

裸のランチ

  • 1992年7月4日(土)公開
  • 出演(Dr._Benway 役)

59年に発表され、その先鋭的言語表現とドラッグ感覚に濃く彩られた内容で一大センセーションを巻き起こしたウィリアム・バロウズの同名小説の映画化。バロウズの愛読者で、映画化の企画を長年温めていたという「戦慄の絆」のデイヴィッド・クロネンバーグが監督、脚本を手がけ、製作は「シェルタリング・スカイ」のジェレミー・トーマス、撮影は「戦慄の絆」のピーター・シャシスキーー、音楽は「ビッグ」のハワード・ショアが担当。

監督
デイヴィッド・クローネンバーグ
出演キャスト
ピーター・ウェラー ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ジュリアン・サンズ
1991年

ロシア・ハウス

  • 1991年5月25日(土)公開
  • 出演(Russell 役)

世界の防衛体制を揺るがす極秘情報を巡り東西の思惑が渦巻く中、国境を越えた男女の愛が芽生える。ジョン・ル・カレの原作を「アイスマン」「愛しのロクサーヌ」のフレツド・スケピシがポール・マスランスキーと共同で製作を兼ねて監督、脚本はトム・ストッパード、撮影はイアン・ベイカー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はショーン・コネリー、ミシェル・ファイファーほか。

監督
フレッド・スケピシ
出演キャスト
ショーン・コネリー ミシェル・ファイファー ロイ・シャイダー ジェームズ・フォックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイ・シャイダー