映画-Movie Walker > 人物を探す > トーマス・ホールディング

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1925年 まで合計14映画作品)

1925年

栄冠は吾れに

  • 1925年
  • 出演(John_Van_Loren_Sr. 役)

自動車活劇の勘進元たるバイロン・モーガン氏が書き下ろした原作により「孔雀の嘆き」「カナダ嵐」等と同じくウェブスター・キャンベル氏が監督したもので「兵営に咲く花」でお目見得したベン・ライオン氏と「ドン・Q」等出演のメアリー・アスター嬢とが主演し、タリー・マーシャル氏、フリッツィー・ブルネット嬢ウィーラー・オークマン氏、トーマス・ホールディング氏が助演している。

監督
ウェブスター・キャンベル
出演キャスト
ベン・ライオン メアリー・アスター Charles Beyer タリー・マーシャル
1923年

怒涛の彼方へ

  • 1923年
  • 出演(Edward_Winslow 役)

「エヴァンジェリン(1919)」「村の鍛冶屋」等の原作者ロングフェローの筆になる詩に基づき「裸一貫(1922)」と同じくアルバート・レイが脚色し、フレデリック・サリヴァンが監督の任に当たった。「我が恋せし乙女」に次ぐチャールズ・レイの主演作品で、チャールズはこれを最後としてインスのもとに帰った。対手役は「ロビン・フッド(1922)」出演のエニッド・ベネットで、その他E・アリン・ウォーレン、ジョセフ・J・ダウリング等も出演する。約300年前メイフラワー号に乗って新大陸アメリカに移住して来たイギリスの冒険者達の物語で、英文学の研究者は何人もが愛読する有名なものである。映画化に当たっては原作にない、航海中の出来事がだいぶ取り入れてある。堂々たる大作品で入場人員も今までのレイ映画に見られぬほど多数で、レイが独立幾何ならずして再びインスの麾下に帰った理由も略推察がつくというものである。

監督
フレデリック・サリヴァン
出演キャスト
チャールズ・レイ エニッド・ベネット E・アリン・ウォーレン ジョセフ・J・ダウリング

男子改造

  • 1923年
  • 出演(Earl_of_Brinstead 役)

ジェームズ・クルーズが「駅馬車(1925)」「ホリウッド」に続いて監督製作した作品で、原作はハリー・レオン・ウィルソンの小説及び舞台劇に基づいたもの。ウィルスンはアメリカ著名の劇作家で、ウィルスンの「活動のマートン」は数年間舞台上で大当たりをとり、パラマウントが近く映画化する事に決定している。この映画の主役はパラマウントの俳優として初お目見えのエドワード・ホートン、「幌馬車」のアーネスト・トーレンスとロイス・ウィルソンの3人で、その他「ふるさとの家」出演のフリッツィ・リッジウェイ、「一時間六十仙」等出演のチャールズ・オーグル等老巧なところも大勢出演している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
エドワード・ホートン アーネスト・トーレンス ロイス・ウィルソン フリッツィ・リッジウェイ
1922年

富に群る者

  • 1922年
  • 出演(John_Trevelyan 役)

ドン・バーンの小説をマーシャル・ニーランとフランク・アーソンが脚色し、ニーランが自ら監督の任に当たった。氏のゴールドウィンにおける第1回作品である。主役は「誰が罪ぞ」「母よ恋し」等出演のクレア・ウィンザー、「信号塔」「最後の一塁」等出演のロックリフ・フェローズ、「風雲のゼンダ城」「扉の後」等出演のホバート・ボスウォース、「売られ行く魂」「家宝の一言」等出演のエリナー・ボードマン等で、その他前記のごとき多数の人気俳優たちが出演している。労働問題を主題とした映画である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ホバート・ボスウォース クレア・ウィンザー ロックリフ・フェローズ フォード・スターリング

旅芸人の群

  • 1922年
  • 出演(Frank_Kramer 役)

A・P・ヤンガーの原作および脚色を、グラディス・ウォルトンが主演し、グレイディスの初期作品を多く監督したハリー・B・ハーリスが監督せるもので、対手役は「鉄拳娘」「天空の女」などと同じくジャック・ペリンである。そのほかキャスリーン・オコンナー、メアリー・フィルビン、トーマス・ホールディングなど珍しい顔ぶれである。

監督
ハリー・B・ハーリス
出演キャスト
グラディス・ウォルトン ジャック・ペリン トーマス・ホールディング キャスリーン・オコンナー
1921年

僧侶の特権なしに

  • 1921年
  • 出演(John_Holden 役)

イギリスの詩人キプリングの短篇「僧侶の特権なしに」に基づきランドルフ・ルイスが脚色し、作者キプリングの検閲を経て、セットなども氏の意見によって建てた。監督は「ペルシャの暴君」等と同じくジェームズ・ヤングで主役は「ペルシャの暴君」出演のヴァージニア・ブラウン・フェアーである。その他トーマス・ホールディング、エヴェリン・セルビー、オットー・レデラー等が主要な役を演じている。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ヴァージニア・ブラウン・フェアー トーマス・ホールディング エヴェリン・セルビー オットー・レデラー

三銃士(1921・アメリカ)

  • 1921年
  • 出演(Buckongham 役)

仏文豪アレクサンドル・デュマ氏の世界的に有名な小説をエドワード・ノブロック氏が脚色し、「奇傑ゾロ」と同じくフレッド・ニブロ氏が監督した映画で、ダグラス・フェアバンクス氏が1921年9月完成した大作品である。対手としてはメアリー・マクラレン嬢が皇后に、マーゲリート・ドラモット嬢がコンスタンスに、その他レオン・バリー氏、トーマス・ホールディング氏等も出演する。ニュース誌は『ダグラス劇として最も大仕掛けな、最も細かい注意の払われた中で最も活劇の多い、大傑作である。映画劇の中で人に好かれる要素を完全に備えた作品とはかかる映画をいうのであろう』と提灯を持っている。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス レオン・バリー ジョージ・シーグマン ユージン・ポーレット

硬玉の誘惑

  • 1921年
  • 出演(Captain Louis_Corey 役)

マリオン・オースの原作および脚色を、「霹靂」「黒薔薇(1921)」などと同じくコーリン・キャンベルが監督し、ポーリン・フレデリックが主役、アーサー・ランキン、トーマス・ホールディング、レオン・バリーらの共演である。南海を背景とした悲劇で、フレデリックの性格描写が見るものに深い感銘を与えるという。

監督
コリン・キャンベル
出演キャスト
ポーリン・フレデリック トーマス・ホールディング アーサー・ランキン レオン・バリー
1919年

ロアリング河の平和

  • 1919年
  • 出演(Hugo_Ennis 役)

ポーリン・フレデリック嬢のゴールドウィン映画で、ヴィクター・シェルツィンゲル氏の監督である病気上りのマッジ・ネルソンは職に離れて苦しんでいた。そして、家主の神さんの言葉に従ってネヴァダ州のある鉱山に働く青年の出した求婚広告に応じてその山に行く。それから後彼女の経験した恐しいことや嬉しいことの数々が繰り展げられる。相手役は「ローンウルフの娘」等に出演したトーマス・ホールディング氏や、「レ・ミゼラブル」出演のハーディー・カークランド氏等である。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ポーリン・フレデリック トーマス・ホールディング ハーディー・カークランド Corinne Barker
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トーマス・ホールディング