TOP > 人物を探す > アラン・ビント

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1977年 まで合計3映画作品)

1977年

アドベンチャーラリー

  • 1977年5月21日(土)
  • 出演(Doc 役)

灼熱のマニラにくりひろげるカー・ラリーを描く。製作はフレッド・ワイントローブとポール・ヘラー、監督は「ドラキュラ'72」のアラン・ギブソン、脚本はマイケル・アリン、撮影はアラン・ヒュームが各々担当。出演はジョー・ドン・ベイカー、スーザン・サランドン、ラリー・ハグマン、アラン・ビントなど。

監督
アラン・ギブソン
出演キャスト
ジョー・ドン・ベイカー スーザン・サランドン ラリー・ハグマン アラン・ビント
1972年

ソルジャー・ボーイ

  • 1972年7月15日(土)
  • 出演(Kid 役)

ベトナム戦争から故国に帰還した4人の青年を待っていたものは何か、人生の哀しいアイロニーとして、戦争に傷つけられた青年の姿を描く。製作はマーヴィン・シュワルツ、監督はリチャード・コンプトン、脚本はガードン・トュルーブラッド、撮影はドン・バーンクラント、音楽はケン・ワンバーグ、編集はパトリック・ケネディーが各々担当。出演はジョー・ドン・ベイカー、ポール・コスロ、アラン・ビント、エリオット・ストリート、ジェニファー・ビリングスリーなど。

監督
リチャード・コンプトン
出演キャスト
ジョー・ドン・ベイカー ポール・コスロ アラン・ビント エリオット・ストリート
1971年

哀しみの街かど

  • 1971年11月20日(土)
  • 出演(Hotchner 役)

よりよい世界を望みながらも、麻薬による失調が自らをもさいなむという、救いのない青春の愛と孤独を描く。製作は「真夜中のパーティー」のドミニク・ダン、監督はアメリカ・ファッション・カメラ界から転出のジェリー・シャッツバーグ、ジェームズ・ミルズの小説をジョーン・ディディオンとジョン・グレゴリー・ダンが共同脚色、撮影は「真夜中のカーボーイ」のアダム・ホレンダー、編集はエヴァン・ロットマンがそれぞれ担当。出演はブロードウェイの「虎はネクタイをするか」でトニー賞受賞のアル・パチーノ、アンソニー・ハーヴェイ監督の「彼等は巨人かも知れない」でデビューしたキティ・ウィン、アラン・ビント、リチャード・ブライト、キール・マーティン、マイケル・マクラナザン、ウォレン・フィナーティなど。

監督
ジェリー・シャッツバーグ
出演キャスト
アル・パチーノ キティ・ウィン アラン・ビント リチャード・ブライト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アラン・ビント

ムービーウォーカー 上へ戻る