TOP > 映画監督・俳優を探す > ビル・スミトロビッチ

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2015年 まで合計7映画作品)

2015年

テッド2

  • 2015年8月28日(金)
  • 出演(Frank 役)

中年オヤジと命の宿ったテディベアが起こす騒動を描き、R指定のコメディ映画としては歴代No.1のヒットとなった痛快作の続編。人間の女性と結婚し、子供が欲しいと願ったテディベアのテッドが美人弁護士を巻き込んでさらなる騒動を繰り広げる。マーク・ウォールバーグらおなじみのキャストに加え、アマンダ・サイフリッドが弁護士役で登場。

監督
セス・マクファーレン
出演キャスト
マーク・ウォールバーグ セス・マクファーレン アマンダ・サイフリッド ジョヴァンニ・リビシ

スパイ・レジェンド

  • 2015年1月17日(土)
  • 出演(ハンリー 役)

ピアース・ブロスナンが『007 ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりにスパイ役に挑んだサスペンス・アクション。元CIAのスゴ腕エージェントが、次々に起きるスパイ殺害事件とその裏に潜むロシア大統領選を巡る陰謀に立ち向かう姿を描く。監督は『13デイズ』などアクション作に定評のあるロジャー・ドナルドソン。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ルーク・ブレイシー オルガ・キュリレンコ ビル・スミトロビッチ
2000年

13デイズ

  • 2000年12月16日(土)
  • 出演(Maxwell Taylor 役)

 第3次世界大戦の危機をはらんだ、緊迫の13日間をつづる問題作だ。歴史的事件の裏舞台をドキュメンタリー・タッチで克明に描出し、強烈なメッセージを突きつける。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ブルース・グリーンウッド スティーヴン・カルプ ディラン・ベイカー
1997年

エアフォース・ワン

  • 1997年11月29日(土)
  • 出演(General Northwood Elya Baskinh 役)

“空飛ぶホワイトハウス”の異名を取る合衆国大統領専用機を舞台に、機をハイジャックしたテロリストたちに単身戦いを挑む大統領の活躍を描いたサスペンス・アクション。監督は「U・ボート」「アウトブレイク」のウォルフガング・ペーターゼン。撮影は「スリーパーズ」のミヒャエル・バルハウス、音楽は「エグゼクティブ デシジョン」のジェリー・ゴールドスミス。本物と同じ747型旅客機をベースに、内部を見事に再現した美術は「トータル・リコール」「ロボコップ」のウィリアム・サンデル。編集は「ザ・ロック」のリチャード・フランシス=ブルース、視覚効果監修は「スター・ウォーズ」シリーズのリチャード・エドランド。主演は「デビル」のハリソン・フォード。共演は「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「101」「マーズ・アタック!」のグレン・クローズ、「コリーナ、コリーナ」のウェンディ・クルーソン、「リトル・プリンセス」のリーセル・マシューズ、「ファーゴ」のウィリアム・H・メイシー、「U・ボート」「イングリッシュ・ペイシェント」のユルゲン・プロホノフほか。

監督
ウォルフガング・ペーターゼン
出演キャスト
ハリソン・フォード ゲイリー・オールドマン グレン・クローズ ウェンディ・クルーソン
1996年

インデペンデンス・デイ

  • 1996年12月7日(土)
  • 出演(Captain Watson 役)

地球を侵略せんとする異星人と人類の3日間の攻防を描き、世界各地で大ヒットしたSFパニック超大作。ミニチュア・ワークをはじめとする伝統的な手法と最新のデジタル技術を組み合わせたSFXを駆使し、数千人のエキストラを動員したスペクタクル場面の迫力が圧巻。古典的なプロットを現代に再生したのは、「ユニバーサル・ソルジャー」「スターゲイト」の監督ローランド・エメリッヒと製作ディーン・デヴリンのコンビで、脚本も2人の共同。エグゼクティヴ・プロデューサーはエメリッヒ、彼の実妹ウテ・エメリッヒ、「ハンテッド」のウィリアム・フェイ。撮影のウォルター・リンデンローブ、美術のオリヴァー・スコールとパトリック・タトポロス、音楽のデイヴィッド・アーノルド、衣裳のジョゼフ・ポロは前作「スターゲイト」に続いての参加。世界各国の混成チームのSFX陣をまとめた視覚効果監修は、ドイツ時代からのエメリッヒの盟友で「MOON<ムーン>44」「ユニバーサル・ソルジャー」を手掛けたフォルカー・エンゲルと、「バットマン・フォーエヴァー」のダグラス・スミス。出演は「バッドボーイズ(1995)」のウィル・スミス、「あなたが寝てる間に…」のビル・プルマン、「9か月」のジェフ・ゴールドブラム、「スニーカーズ」のメアリー・マクドネル、「旅立ちの時」のジャド・ハーシュ、「アイ・ラブ・トラブル」のロバート・ロッジア、「ラストダンス」のランディ・クエイド、テレビ・シリーズ『新スタートレック』でのアンドロイドのデータ役で知られる「ジェネレーションズ」のブレント・スパイナー、「コピーキャット」のハリー・コニック・ジュニアほか多彩な顔ぶれ。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
ウィル・スミス ビル・プルマン ジェフ・ゴールドブラム メアリー・マクドネル

ニック・オブ・タイム

  • 1996年5月18日(土)
  • 出演(Mr.White 役)

娘の命と引き換えに、90分という制限時間内に暗殺を強要された男がたどる危機を描いたサスペンス・スリラー。劇中の時間と上映時間をほぼ一致させ、手持ちカメラを多用した臨場感溢れる演出で緊迫感を最後まで持続させている。「陽のあたる教室」のパトリック・シェーン・ダンカンのオリジナル脚本を、「アサシン」「ドロップ・ゾーン」などの職人派、ジョン・バダムの監督・製作で映画化。エグゼクティヴ・プロデューサーは、監督とコンビのD・J・カルーソ。撮影のロイ・H・ワグナー、音楽のアーサー・B・ルービンスタイン、美術のフィリップ・ハリソン、編集のフランク・モリス、衣裳のメアリー・ヴォクトら、メイン・スタッフもそれぞれバダム作品の常連。主演は「エド・ウッド」「デッドマン」のジョニー・デップで、初の父親役やアクションに挑んでいる。共演は「デンバーに死す時」のクリストファー・ウォーケン、「グッバイガール」「アイ・ラブ・トラブル」のマーシャ・メイソン、「サバイビング・ゲーム」のチャールズ・S・ダットン、「エド・ウッド」のG・D・スプラドリンほか。

監督
ジョン・バダム
出演キャスト
ジョニー・デップ クリストファー・ウォーケン チヤールズ・S・ダットン ピーター・ストロース
1991年

レネゲイズ

  • 1991年12月7日(土)
  • 出演(Finch 役)

はみ出し警官とインディアンの青年がチームを組んで憎き裏切者(=レネゲイズ)を追いつめるアクションドラマ。エグゼクティブ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソンとジョー・ロス、製作は「カクテル」のデイヴィッド・マデン、監督は「ヒドゥン」のジャック・ショルダー、撮影はフィル・メヒュー、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はキーファー・サザーランド、ルー・ダイアモンド・フィリップス、ジャミー・ガーツほか。

監督
ジャック・ショルダー
出演キャスト
キーファー・サザーランド ルー・ダイアモンド・フィリップス ジャミー・ガーツ ロブ・ネッパー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ビル・スミトロビッチ

ムービーウォーカー 上へ戻る