映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・アルデン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計25映画作品)

1921年

妻を信ぜよ

  • 1921年公開
  • 出演(Clair_Bodai 役)

1922年2月頃の作品だが発売年月は正確にはわからない。「百雷の怒」と同様美人キャサリン・マクドナルド嬢主演のファースト・ナショナル映画である。相手役はディヴッド・ウィンター氏、其他「懐かしの我家」等のメアリー・アルデン嬢等が出演している。ハリー・シェルドン氏の舞台劇「良心」が原作で、監督は「百雷の怒」同様J・A・バリー氏である。

監督
J・A・バリー
出演キャスト
キャサリン・マクドナルド デイヴィッド・ウィンタース チャールズ・リッチマン メアリー・アルデン
1920年

正直な宿

  • 1920年公開
  • 出演(Mrs._Hutchinson 役)

「ジュビロー」以来久し振りのウィル・ロジャース氏出演劇で、ギャレット・スミス氏原作のOld Huch Lives Up to Itから脚色せるもの、監督はジュビローと同じくクラレンス・バッシャー氏である。ロージャース氏は数人の子供の父親で、惰け者のオネスト・ハッチに扮している。彼の妻はメアリー・アルデン嬢が勤め、その他タリー・マーシャル氏やニック・コグリー氏が出演する。「劇を見るためよりも、面白さを味わうために見るべき映画」とニュース誌は評して、ロジャース氏とアルデン嬢の真摯な演技を激賞している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ウィル・ロジャース メアリー・アルデン プリシラ・ボナー タリー・マーシャル

青春を顧みて

  • 1920年公開
  • 出演(Rose_Sibley 役)

アーノルド・ベネット氏とエドワード・ノブロック氏合作に成る舞台劇に基づきルイス・シャーウィン氏が脚色し、ポール・スカードン氏が監督した。主役は「良人の危険時代」「義人の死」等出演のルイス・ストーン氏で、「女性の悩み」「黄昏の孤児」出演のメアリー・アルデン嬢等が出演している。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ライオネル・ベルモア ハーヴェイ・クラーク ルイス・ストーン アリス・ホリスター

黎明の女性

  • 1920年公開
  • 出演(Claissa_Mott-Smith 役)

ミルドレッド・ハーリス・チャップリン夫人の第一回ファーストナショナル発売映画で、ダグラス氏の「オイ!君!」等の監督者ジョセフ・ヘナベリー氏の監督である。「神の賜わりし女」「若き人の眼」等に出演したミルトン・シルス氏や、「血の力」「ローンウルフの娘」等出演のバートラム・グラスビー氏、其他メアリー・アルデン嬢等出演の人情劇で、一時公開を保留されて居る問題の写真である。筋は夫の愛を疑った若い妻が、夫の愛を取戻そう為採った手段が却って疑解を招くが、遂にそれも釈けて以前に優る堅き恋に生きると云う嬢御得意の筋である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ミルドレッド・ハーリス・チャップリン ミルトン・シルス メアリー・アルデン ジョン・ステップリング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・アルデン