映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・アルデン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計25映画作品)

1924年

女名捕手

  • 1924年公開
  • 出演(Mrs._Byrne 役)

リチャード・コネル氏作の小説「沼の天使」をエドワード・J・モンターニュ氏が脚色し「ローマの一夜」「極楽突進」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもので、主役は「踊子サリー」「青春に浴して」「おお母よ」等に主演のコリーン・ムーア嬢が演じ、相手役は「栄冠は吾れに」「おお母よ」等出演のベン・ライオン氏で、アンナ・ニルスン嬢、ジョセフ・ストライカー氏、シャーロト・メリアム嬢、ジューン・エルヴィッジ嬢、チャールズ・マレイ氏、ブル・モンタナ氏等の助演という素晴らしいキャストである。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
コリーン・ムーア ベン・ライオン シャーロット・メリアム ジョセフ・ストライカー

愚者の黎明

  • 1924年公開
  • 出演(Myra 役)

ウィリアム・ジェー・ロック氏の小説「トリオナの物語」“The Tale of Triona”に基づき、トム・ジェー・ホプキン氏が脚色し、「娘十八紅かねつけて」と同じくハロルド・ショウ氏の監督したもの。主役は「海賊アップルジャック」「ロビン・フッド(1922)」等主演のエニッド・ベネット嬢、「虚栄の市(1923)」「影に怖えて」等出演のハリソン・フォード氏で、その他にもアレック・B・フランシス氏、メアリー・アルデン嬢、ライオネル・ベルモア氏等が共演している。

監督
ハロルド・ショウ
出演キャスト
ハリソン・フォード エニッド・ベネット アレック・B・フランシス メアリー・アルデン

恋は強し

  • 1924年公開
  • 出演(The_Czarina 役)

「虚栄に勝てり」を監督製作したヴィクター・ユーゴー・ホルベリン氏が原作を書き監督したもので「禁断の果実」「幽明界」等出演のアグネス・エイアース嬢と「天界へ挑戦」「疑問のK」等出演のパーシー・マーモント氏主演し、ロバート・マッキム氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、メアリー・アルデン嬢、ジョージ・シーグマン氏等腕利き連が助演する。

監督
ヴィクター・ユーゴー・ホルペリン
出演キャスト
アグネス・エイアース パーシー・マーモント ロバート・マッキム キャスリン・ウィリアムス

国民の創生

  • 1924年4月25日公開
  • 出演(Lydia 役)

グリフィスの出世作である。1915年製作の本映画は、当時の映画界において正にエポック・メイキングの作品であった。トーマス・ディクソン原著の『ザ・クランスマン』に基づいたもので、南北戦争時代を背景とし、奴隷解放問題を主題として人道愛を高唱している。主役俳優にはヘンリー・B・ウォルソール、ミリアム・クーパー、メイ・マーシュ、ロバート・ハーロン、ウォーレス・リード、リリアン・ギッシュ等を始め、監督としても知られるジョセフ・ヘナベリー、エルマー・クリフトン、ドナルド・クリスプ等も端役を受け持っている。全長版は4時間を超え、長さの異なる複数のバージョンが公開されている。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール ミリアム・クーパー メエ・マーシュ スポッティスウッド・エイケン
1923年

歓楽地獄(1923)

  • 1923年公開
  • 出演(Marjorie_Benton 役)

ブランシュ・アプライト女史原作の小説「満足の谷」に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色し、「狂乱の荒鷲」に続く、レジナルド・バーカー氏監督作品である。主役は「謎の良人」「パリの暗影」等出演のハントリー・ゴートン氏、「狂乱の荒鷲」のメアリー・アルデン嬢、「奔流恋を乗せて」「縺れ行く情火」等のノーマ・シアラー嬢等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ハントリー・ゴードン メアリー・アルデン ノーマ・シアラー ウィリアム・コリアー・ジュニア

黄昏の孤児

  • 1923年公開
  • 出演(Mrs._Burke 役)

コリアー週報に掲載されたクラレンス・バディトン・ケランド原作の小説に基づき、フィリップ・ロナーガンが脚色し、新進の監督シェリンダン・ホールが監督の任に当たったもの。主役は「銀の翼」等に出演した事のあるこれも新進のジョセフ・ストライカーと、「船に打乗り海原指して」が最近紹介されたマーゲリット・クールトウの2人で、これの他メアリー・アルデンや子役で有名なジョセフ・デピュー、ミリアム・バティスタ等が出演している。ケンタッキーの山に背景をとった人情劇である。

監督
シェリダン・ホール
出演キャスト
マーゲリット・クールトウ ミリアム・バティスタ ジョセフ・ストライカー ジョセフ・デピュー
1922年

女性の悩み

  • 1922年公開
  • 出演(Densie_Plummer 役)

アライド映画会社から発売されたアルビオン作品で、ナルブロ・バートリー氏の原作。チャールズ・ギブリン氏が監督したもの、主役は「懐かしの我家」出演し性格俳優として有名なメアリー・アルデン嬢である。その他ホームズ・E・ハーバート氏、ロッド・ラ・ロック氏、クレオ・マディソン嬢、J・バーニー・シェリー氏等の腕利きが出演していて、家庭教訓劇として近頃の女権論者に一矢酬いたる興味ある物語である。

監督
チャールズ・ギブリン
出演キャスト
メアリー・アルデン Louise Lee Dorthy Markail ホームズ・E・ハーバート

ボンド・ボーイ

  • 1922年公開
  • 出演(Mrs._Newbolt 役)

リチャード・バーセルメスの第4回ファースト・ナショナル映画で、ジョージ・ワシントン・オグデンの原作を、チャールズ・E・ウィティカーが脚色し、例によってヘンリー・キングが監督した。対手役には「霊魂の呼ぶ声」に端役をしていたヴァージニア・マギーや、「女性の悩み」主演のメアリー・アルデン、「雷火落つる時」等出演のメアリー・サーマン等が出演する。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
リチャード・バーセルメス チャールズ・ヒル・メイルズ ネッド・スパークス Lawrence D’Orsay

我子恋しさ

  • 1922年公開
  • 出演(Widow_O'Neill 役)

カレン・ランディス氏主演のゴールドウィン映画で「懐かしの我家」同様メアリーアルデン嬢が氏の母親に扮している。アリス・デュアー・ミラー女史の原作をジュリエン・ジョセフソン氏が脚色しパウル・ベルン氏が監督している。シルヴィア・ブリーマー嬢ハラム・クーリー氏等共演

監督
パウル・ベルン
出演キャスト
カレン・ランディス シルヴィア・ブリーマー メアリー・アルデン ハラム・クーリー
1921年

丑満時

  • 1921年公開
  • 出演(Helen_Whipple 役)

オーガスタス・トーマス氏の有名な同名の舞台劇を「緑の誘惑」等と同様ジュリア・クロフォード・アイヴァース・アイヴァース女史が脚色し、故ウィリアム・デスモンド・テイラー氏が監督したパラマウント映画である。珍しい事に多くの同社映画で殆ど相手役としてのみ出演していたエリオット・デクスター氏が主演している。相手役は「氷原の獅子咆」「暗黒部落」等出演のルス・レニック嬢で、その他ウィンター・ホール氏がメアリー・アルデン嬢等立派な顔触れである。 譚りはジャック・ブルックフィールドというケンタッキーの賭博者を中心としたもので、彼の姪の許嫁者クレイ・ホィップルがある殺人事件について嫌疑をかけられた。その真相を明らかにする迷宮の鍵を彼が握っている所から素晴らしく劇的な筋を展開するのである学界に興味ある問題として研究の余地をまだ残している所の睡眠術の不思議を劇中に取り入れてある点については「暁の前1時間」等と同様な趣きがある。

監督
ウィリアム・デスモンド・テイラー
出演キャスト
エリオット・デクスター ウィンター・ホール ルス・レニック ロバート・ケイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・アルデン