映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・アルデン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計25映画作品)

1931年

進め女性軍

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mrs._Evans 役)

「花嫁選手権」「ウォール街の女将」と同じくチャールズ・F・ライズナーが監督したマリー・ドレッスラー、ポリー・モーラン共演喜劇で、ゼルダ・シアース及びマルコム・スチュアート・ポイランが執筆した物語にウェルズ・ルートが潤色を加え、ロバート・E・フォプキンスが台詞をつけた。カメラは「類人猿ターザン」「南の誘惑」のクライド・デ・ヴィナの担当である。助演者は「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「マタ・ハリ」のカレン・モーリー、「琉球大学」のウィリアム・ベイクウェル、「太平洋爆撃隊」のジョン・ミルジャン某他ジョーン・マーシュ、トム・マッグァイヤー、ケイン・リッチモンド等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ポリー・モーラン ロスコー・エイツ カレン・モーリー
1928年

暗黒街の女(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Soft_Annie 役)

「赤い髪」に次ぐクララ・ボウ主演映画で、カリフォルニア州フォルサム刑務所に服役中の無期徒刑囚アーネスト・ブースが執筆した暗黒街の娘の物語を映画化した、従来のクララ・ボウ映画とは異なった作品。オリヴァー・H・P・ギャレットが脚色、ジョン・ファーロウが脚本化し、「つばさ」「空行かば」の2作をもって名を挙げたウィリアム・A・ウェルマンが監督。共演は「つばさ」「砂金地獄」「姿は偽らず」のリチャード・アーレンを始め、「ショウ・ダウン」のヘレン・リンチ、メアリー・アルデン、ボディル・ロージング等。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
クララ・ボウ リチャード・アーレン メアリー・アルデン ヘレン・リンチ

曲馬天国

  • 1928年当年公開
  • 出演(Mother 役)

「姿は偽らず」「魔の家(1928)」「脚光の影」等と同じくエスター・ラルストンの主演する映画で、ジョージ・マンカー・ウォッタース氏の原作の映画化である。「乱暴ロージー」「人間力」と同じくルイズ・ロング女史が脚色し、「鳥なき里のお姫様」「上海目指して」の監督者ルーサー・リード氏が監督の任に当たった。ラルストン嬢の相手役は「乱暴ロージー」出演のリード・ハウス氏と「ブラッド・シップ」「支那の鸚鵡」のホバート・ボスウォース氏の二人で、そのほか「コーラス・ガール」のアラン・ロスコー氏や、トム・マガイヤー氏、ジョージ・フレンチ氏、メアリー・アルデン嬢等が助演する。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
エスター・ロールストン リード・ハウス ホバート・ボスウォース トム・マガイヤー

コサック(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Lukashka's_Mother 役)

「ビッグパレイド」「見世物」と同じくジョン・ギルバート氏とルネ・アドレー嬢との共演映画でロシア文豪トルストイ翁の筆になった原作を「好いて好かれて」「真紅の文字」等のフランセス・マリオン女史が脚色し撮影教本を書き「大飛行艦隊」「海洋児クーガン」のジョージ・ヒル氏が監督した。助演者としては「シンガポール」のアーネス・トレンス氏、「暗黒街の女(1928)」のメアリー・アルデン嬢、デール・フラー嬢、ジョセフィン・ポリオ嬢その他が出ている。カメラは「バレンシア」「黒い鳥」と同じくパーシー・ヒルバーン氏が担任。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー アーネスト・トーレンス デール・フラー

青春狂想曲

  • 1928年当年公開
  • 出演(Harriet_Newton 役)

「大学生気質」に次ぐチャールズ・トジャース氏主演映画で、アリス・デュアー・ミラー女史作の小説をモンテ・ブライス氏とキーン・トンプソン氏とが改作し、「陸船隊のモーラン」「最後の先駆者」のレイ・ハリス氏が脚色し「弥次喜多殺陣の巻」「ガウチョウ」のF・リチャード・ジョーンズ氏が監督したものである。ロジャース氏の相手役は「大学生気質」と同じくメアリー・ブライアン嬢が勤め、「艦隊入港」のジャック・オーキー氏「赤い髪」のウィリアム・オースティン氏「竜巻」のジェームズ・カークウッド氏「暗黒街の女(1928)」のメアリー・アルデン嬢等が助演している。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース メアリー・ブライアン ウィリアム・オースティン ジャック・オーキー

凸凹開運の巻

  • 1928年当年公開
  • 出演(Mrs._Hunter 役)

「凸凹青春の巻」「凸凹サーカスの巻」に次ぐW・C・フィールズ氏チェスター・コンクリン氏共演喜劇で、ハリー・フライド氏の原作をサム・ミンツ氏とJ・ウォルター・ルーベン氏とが共同脚色し、「ベター・オール」「恋は曲者変装自在」等のシド・チャップリン映画の監督者だったチャールズ・F・ライズナー氏が監督したもの。助演者は「彌次喜多女難の巻」「鉄蹄乱舞」のサリー・ブレーン嬢「凸凹青春の巻」「鉄蹄乱舞」のジャック・ルーデン氏、アーサー・ハウスマン氏、メアリー・アルデン嬢等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
W・C・フィールズ チェスター・コンクリン サリー・ブレーン ジャック・ルーデン
1927年

チョビ髭七面騒動

  • 1927年当年公開
  • 出演(Ma_Potter 役)

「チョビ髭大将」「チョビ髭成功美談」に続くW・C・フィールズ氏主演喜劇で、「チョビ髭大将」と同じ原作者J・P・マッケヴォイ氏作の舞台劇を映画化したもの。これをサム・ミンツ氏とレイ・ハリス氏とが書き改め、J・クラークソン・ミラー氏が脚色し、「蹴球王」「気狂い商売」等と同じくフレッド・ニューメイヤー氏が監督した。フイールヅ氏を助けてメアリー・アルデン嬢、パ社俳優学校出身のアイヴィー・ハリス嬢、ジャック・イーガン氏、ジョセフ・スマイリー氏等が出演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
W・C・フィールズ メアリー・アルデン ジャック・イーガン アイヴィー・ハリス

近代恋愛ごっこ

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mrs.Courage 役)

サテデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたメイ・エジントン女史作の物語をフランセス・エイニュー女史が脚色し」「悲恋の楽聖」「神ぞ知る」等と同じくアラン・ドワン氏が監督したもので、主役は「無花果の花」「憧憬の彼方へ」等出演のオリーヴ・ポードゥン嬢が演じ、「悲恋の楽聖」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のニール・ハミルトン氏が相手役を勤め、マリー・ドレッスラー嬢、メアリー・アルデン嬢、ジェリー・マイリー氏、ヘレン・チャンドラー嬢、ベギー・ケリー嬢等が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ニール・ハミルトン マリー・ドレッスラー ジェリー・マイリー
1926年

大学のブラウン

  • 1926年当年公開
  • 出演(Mrs._Brown 役)

リダ・ジョンソン・ヤング女史作の有名な舞台劇を映画化したもので、A・P・ヤンガー氏とドナルド・オグデン・スチュワート氏とが脚色し、「奔流恋を乗せて」「奇略縦横」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督した。主役は「青春の美酒」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が演じ、「バット」「鷲鳥飼う女」等出演のジャック・ピックフォード氏、「可愛いフランス娘」「ジョニー大勝利」等出演のメアリー・ブライアン嬢が共演するほか、フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア氏、メアリー・アルデン嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、エドワード・コネリー氏等が助演する愉快なる大学生劇である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ジャック・ピックフォード メアリー・ブライアン フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア
1925年

包囲の中に

  • 1925年当年公開
  • 出演(Aunt_Augusta 役)

コリアー誌に連載されたサミュエル・ホブキンス・アダムス氏の原作を、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「五番街のモデル」等と同じくスヴェンド・ガーダ氏が監督したもの。主役は「歓楽の代償」「発明の楽冠」等主演のヴァージニア・ヴァリ嬢「乙女の危険期」等出演のユージーン・オプライエン氏「女性の悩み」「荒鷲の翼」等出演のメアリー・アルデン嬢等である。題名は戦争劇のようであるが、そうではなくて性格描寫劇である。

監督
スヴェント・ガーデ
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ユージーン・オブライエン メアリー・アルデン マーク・マクダーモット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・アルデン