映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・ヘナベリー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1929年 まで合計20映画作品)

1929年

輝く人生

  • 1929年当年公開
  • 監督

コロムビア専属の脚色者ドロシー・ハウエル女史のシナリオによったもので、「恋と山羊との話」「赤熱のスピード」と同じくジョセフ・ヘナベリー氏が監督した映画。主役を演ずるのは「感傷の秋」「世界の寵児」のベン・ライオン氏と「サブマリン」「タイグレス」のドロシー・レヴィア嬢とであるが、それを助けて「女の一生」「ショウ・ダウン」のフレッド・コーラー氏が重要な役を演ずるほか、ヘンリー・オットー氏、ジェーン・デリー嬢、等も出演している。キャメラは「サブマリン」「幻の街」と同じくジョセフ・ウォーカー氏。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ベン・ライオン ドロシー・レヴィア フレッド・コーラー ヘンリー・オットー

霧の夜道

  • 1929年当年公開
  • 監督

「幻の街」「情炎の美姫」のアイアン・キース氏と「ドノヴァン」「サブマリン」のドロシー・レヴィア嬢が主演する映画で、「青春の夢(1929)」「秘密命令」のジョン・フランシス・ナッターフォード氏が台本及び台詞を書卸し、「輝く人生」「赤熱のスピード」のジョセフ・ヘナベリー氏が監督、「青春の夢(1929)」「ドノヴァン」のテッド・テズラフ氏が撮影したものである。助演俳優は「夢想の犯罪」「硝子箱の處女」のキャロル・ナイ氏を始め、チャールズ・ジェラード氏、及びトム・リケッツ氏である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
アイアン・キース ドロシー・レヴィア キャロル・ナイ ラルフ・シオドア

恋と山羊との話

  • 1929年当年公開
  • 監督

「夜遊び三羽烏」「赤熱のスピード」等と同じくレジナルド・デニー氏の主演する映画で、「赤熱のスピード」と同じくジョセフ・ヘナベリー氏が監督した映画。原作はJ・E・ラス氏作の物語「悪魔か病気だった時」で、それをアール・スネル氏とグラディス・レーマン女史とが映画向きに改作した。デニー氏の対手役は「空中カウボーイ」のオリーヴ・ハスブルーク嬢で、その他「愉快な嘘つき」のオーティス・ハーラン氏、「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシアン・リトルフィールド氏、等の人々も出演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
レジナルド・デニー オリーヴ・ハスブルーク オーティス・ハーラン ルシアン・リトルフィールド

赤熱のスピード

  • 1929年当年公開
  • 監督

「幸運デニー」「夜遊び三羽鳥」に次ぐレジナルド・デニー氏主演の映画。監督は「結ぶ縁恋の釣天井」「無理矢理ロッキ破り」「コブラ」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏である。デニー氏の相手役は「ゴリラ(1927)」「結ぶ縁恋の釣天井」主演のアリス・デイ嬢で、そのほかチャールズ・バイアー氏、トマス・リッケツ氏、フリッツィ・リッヂウェイ嬢、ドウィット・ジェニングス氏等が助演する。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
レジナルド・デニー アリス・デイ チャールズ・バイアー トマス・リケッツ
1928年

軍曹と腰巾着

  • 1928年当年公開
  • 監督

「ダミイ」「君知るやわが悩み」に出演した少年俳優ミッキー・ベネット君が主役に扮した映画で、ジェラルド・ボーモン氏の原作からカーティス・ベントン氏が脚色し、「地獄船」のジョセフ・ヘナベリー氏が監督したもの。主演者のほかに「ギャング・ワー」のエディ・グリッボン氏、「疾風武者」のケネス・ハーラン氏、「愛の爆笑」「某重大事件」のライラ・リー嬢等が出演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ミッキー・ベネット ライラ・リー エディ・グリッボン ケネス・ハーラン
1927年

安全第一

  • 1927年当年公開
  • 監督

「無理矢理一万マイル」と同じくモンティ・バンクス主演喜劇で、バンクスの原案をチャールズ・ホーランとハリー・スウィートが脚色し、「結ぶ縁恋の釣天井」「毒蛇」と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。バンクスの相手女優は「男見るべからず」「ブロークン・ロー」のヴァージニア・リー・コーピンがつとめ、チャールズ・ジュラード、チャールズ・ヒル・メイルズ、バッド・ジェーミソンが助演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
モンティ・バンクス ヴァージニア・リー・コービン チャールズ・ヒル・メイルズ チャールズ・ジェラード

結ぶ縁恋の釣天井

  • 1927年当年公開
  • 監督

ウィリアム・H・クリフオード氏原作の物語をジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、「毒蛇」「ピンチ・ヒッター」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏が監督したもので、主役は「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏が演じ、相手役は新進のアリス・デイ嬢で、マック・スウェイン氏、ジョージ・フォーセット氏、クロフォード・ケント氏、ウィリアム・オーラモンド氏、バー・マッキントッシュ氏等が共演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ジャック・マルホール アリス・デイ マック・スウェイン ジョージ・フォーセット
1926年

難破船(1926)

  • 1926年当年公開
  • 監督

「神の変へし女」等出演後二年間映画から遠ざかっていたシーナ・オウエン嬢が復帰し「嵐の孤児」「昨日への道」等出演のジョセフ・シルドクラウト氏と共演した映画で、原作はラングドン・マコーミック氏の舞台劇である。脚色はフィニス・フォックス氏で、監督は「無理失理ロッキー破り」「結ぶ縁恋の釣天井」と同じくジョセフ・ヘナベリー氏。「熱血拳闘手」出演のマシュー・ベッツ氏を始めとしてクラレンス・バートン氏、ライオネル・ベルモア氏、ラスカ・ウィンター嬢などが助演する。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
シーナ・オウエン ジョゼフ・シルドクラウト マシュー・ベッツ クラレンス・バートン
1924年

情熱の悪鬼

  • 1924年当年公開
  • 監督

米国の作家レックス・ビーチ氏原作の小説「綱の端」Rope's End をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「悪魔の眠る時」「ストレンジャー」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏の監督したもの「ボーケール」に次ぐルドルフ・ヴァレンティノ氏の主演映画である。相手役にはスペインに生まれ、ジーグフェルド・フォリースから映画界に入り「強き者女よ」フォックスの「愚者」パラマウントの「人生の一即図」に出演したことのある新進のヘレナ・ダルジー嬢が選抜され、その他にニタ・ナルディ嬢、ダマール・ゴドウスキー嬢等の有名なヴァンプが出演する。アルゼンチンを背景の劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ニタ・ナルディ ヘレナ・ダルジー ダマール・ゴドウスキー

国民の創生

  • 1924年4月25日(金)公開
  • 出演(Abraham_Lincoln 役)

グリフィスの出世作である。1915年製作の本映画は、当時の映画界において正にエポック・メイキングの作品であった。トーマス・ディクソン原著の『ザ・クランスマン』に基づいたもので、南北戦争時代を背景とし、奴隷解放問題を主題として人道愛を高唱している。主役俳優にはヘンリー・B・ウォルソール、ミリアム・クーパー、メイ・マーシュ、ロバート・ハーロン、ウォーレス・リード、リリアン・ギッシュ等を始め、監督としても知られるジョセフ・ヘナベリー、エルマー・クリフトン、ドナルド・クリスプ等も端役を受け持っている。全長版は4時間を超え、長さの異なる複数のバージョンが公開されている。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール ミリアム・クーパー メエ・マーシュ スポッティスウッド・エイケン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・ヘナベリー