映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・J・ダウリング

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1926年 まで合計40映画作品)

1926年

雨を呼ぶ男

  • 1926年当年公開
  • 出演(Father_Murphy 役)

ジェラルド・ポーモン氏作の雑誌連載小説に基づいてホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「南北勇腕比べ」「黄金洪水」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもので、「漂白い人」「狂乱船」等出演のウィルアム・コリアー氏、「黄金狂時代」「救いを求むる人々」出演のジョージア・ヘール嬢、「漂白い人」「駅馬車(1925)」等出演のアーネスト・トーレンス氏等が主演し、プランドン・ハースト氏、トム・ウィルソン氏、マーサ・トマック嬢が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョージア・ヘール アーネスト・トーレンス ブランドン・ハースト
1925年

輝く三色旗

  • 1925年当年公開
  • 出演(Senator_Warren 役)

エミール・オジュ氏作の舞台劇を映画化したものでアデレイド・ヒールブロン女史が脚色し、「極楽突進」「女名捕手」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「駅馬車(1925)」「極楽突進」「紅ばらの唄」等出演のベティー・カンプソン嬢が演じ、相手役には「紅椿」等出演のウォーレス・マクドナルド氏、「金色の寝床」等出演のセオドア・コスロフ氏が出演し、その他シェルドン・リョイス氏、マーガレット・セドン嬢、ゲイル・ヘンリー嬢、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ベティー・カンプソン ウォーレス・マクドナルド セオドア・コスロフ シェルドン・ルイス

女王の懺悔

  • 1925年当年公開
  • 出演(Duke_of_Rosen 役)

アルフォンス・ドオデエの小説「流鼠王」を映画化したものでアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「殴られる彼奴」「燃ゆる嫉妬」等と同じくヴィクター・シーストロム氏が監督した。主役は「スカラムーシュ」「アラブ」等出演のアリス・テリー嬢と「恋の人形」「スカラムーシュ」等出演のルイス・ストーン氏で、ジョン・ボワーズ氏、ヘレナ・ガルジー嬢、フランキー・ダーロ君、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
ヴィクター・シーストロム
出演キャスト
アリス・テリー ルイス・ストーン ジョン・ボワーズ ヘレナ・ダルジー

蕃地のロレイン

  • 1925年当年公開
  • 出演(Livingston_Sr 役)

イサドア・バーンスタイン氏の原作「雷電キッド」「木ッ葉微盡」等と同じくエドワード・セジウィック氏の監督したもの。主役は「ノートルダムのせむし男(1923)」「オペラの怪人(1925)」等出演のノーマン・ケリー氏、「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢の二人で、ターザン式の冒険奇譚である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ノーマン・ケリー パッシー・ルス・ミラー フレッド・ヒュームス ハリー・トッド
1924年

ゲイティーの踊子

  • 1924年当年公開
  • 出演(William_Tudor 役)

英国の閨秀作家I・A・R・ワイリー女史の原作の小説「相続者」The Inshiritors をバーナード・マッコンヴィル氏が書き改め、フランク・ベレスフォード氏が撮影台本を作り「大颶風」「人類の心」等と同じくキング・バゴット氏が監督した。主役は「巴里の薔薇」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のメアリー・フィルビン嬢で、相手はウィリアム・ヘインズ氏、ジョセフ・J・ダウリング氏、グレイス・ダーモンド嬢、フリーマン・ウッド氏等である。ロンドンの有名なゲイティー座を取り入れたロマンスである。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
メアリー・フィルビン ジョセフ・J・ダウリング ウィリアム・ヘインズ グレイス・ダーモンド

受難のテス

  • 1924年当年公開
  • 出演(South_American_Priest 役)

イギリスの文豪トーマス・ハーディー原作の「ダーバーヴィルのテス」に基いて、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「ミニー」「富に群がる者」等と同じくマーシャール・ニーラン氏が監督したもので、主役は氏の夫人で「パレスの騎士」に出演したフランシュ・スウィート嬢と「真夏の狂乱」「嵐に散る花」等出演のコンラッド・ネーゲル氏である。その他「救いを求むる人々」出演のスチュアート・ホームズ氏やパラマウント映画でお馴染みのジョージ・フォーセット氏等も主要な役を演じている。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート コンラッド・ネーゲル スチュアート・ホームズ ジョージ・フォーセット

怒濤万里

  • 1924年当年公開
  • 出演(Cart._Bijonah_Keeler 役)

「氷原の雄叫」「歓楽地獄(1923)」に続くレジナルド・バーカー氏の監督作品で、原作はサラァ・P・マックリーン・グリーン女子の小説「コッド岬の人々」“Cape Cod Folks”これをバーナード・マッコンヴィル氏とJ・G・ホークス氏が書き改め、A・P・ヤンガー氏が脚色したもので、主役は「氷原の雄叫び」に出演し、現在メトロ・ゴールドウィンの花形たるフランス生まれのルネ・アドレー嬢、「嫉妬の創痕」「結婚とは」等に出演した老巧フランクキーナン氏、「アラビアの酋長」「暁の光」当出演のバーバラ・ベッドフォード嬢、「恋の関門」「舞踏士国」当出演のロバート・フレイザー氏等である。ニュー・イングランドの海岸を背景にした海上劇である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
バーバラ・ベッドフォード フランク・キーナン ルネ・アドレー ロバート・フレイザー

闇の魔の手

  • 1924年当年公開
  • 出演(George_Le_Quintrec 役)

ウォーカー・コールマン・グレイヴズ氏の原作に基づき、「強敵総崩れ」「空中の脅威」等を作ったジャック・ジャッカード氏が監督したもので、「シー・ホーク(1924)」「ロスト・ワールド」等出演のウォーレス・ビアリー氏が主演し、ジョセフ・J・ダウリング氏、クレオ・マディスン嬢、フォンテーヌ・ラルー嬢等の古馴染連が助演している。

監督
ジャック・ジャッカード
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジョセフ・J・ダウリング フォンテーヌ・ラルー ジャック・ローリンズ

離婚禁制

  • 1924年当年公開
  • 出演(Judge 役)

「紐育の寵児」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリーのジウエル映画で、バーナード・マッコンヴィルの原作、ロイス・ゼルナーとフォード・ビーブの脚色、ジェス・ロビンスが監督をした。ペギーの対手には「肉に飢えたる野獣」「キスメット(1920)」等出演のエリノア・フェアー、「野に咲く花」等出演のロバート・エリス、「天地砕けよ」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のウィニフレッド・ブライソンが出演する。破れようとする両親の仲を幼児が仲直りさせるという家庭劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ロバート・エリス エリノア・フェアー ウィニフレッド・ブライソン

ローマの一夜

  • 1924年当年公開
  • 出演(Prince_Danaili 役)

「君が名呼べば」の原作を書いたハートリイ・マナース氏原作の舞台劇に基づいたもので「極光に踊る女」「嵐に叫ぶ声」と同じくクラレンス・G・バッジャー氏の監督したもの。主役は「君が名呼べば」で紹介されたローレット・テイラー嬢。対手は「兄貴」出演のトム・ムーア氏、「ロビン・フッド(1922)」出演のアラン・ヘール氏等でその他にもかつて敵役で鳴らしたワーナー・オーランド氏や、ユ社のスターであったデュポン嬢等も出演する。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ローレット・テイラー トム・ムーア アラン・ヘイル William Ilumphrey
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・J・ダウリング