TOP > 人物を探す > バートラム・ブラックン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1920年 まで合計3映画作品)

1920年

仮面(1920)

  • 1920年
  • 監督

ウォルソール氏の「審きの日」を監督したバートラム・ブラックン氏監督の下に作られた映画で、パラマウント映画に永らく居たジャック・ホルト氏が巧妙極まりなき二役を演じて居る。氏の対手はロシア生れの女優、「火の女」や「花祭りの夜」に出演したヘッダ・ノヴァ嬢である。

監督
バートラム・ブラックン
出演キャスト
ジャック・ホルト ヘッダ・ノヴァ フレッド・マラテスタ Harry Lonsdale

ハリエットと笛吹き

  • 1920年
  • 監督

キャスリーン・ノーリス女史の原作を、バートラム・ブラックン氏が監督した社会劇で主役アニタ・スチュアート嬢は過去の影をもっタハリエットという娘に扮して、感情的な役を演じている。「人口に膾炙された筋であるが、監督の行き届いた手腕で良い作品となっている。」とニュース誌は評している。アニタ・スチュアート嬢の対手は「エヴリー・ウーマン」「愛の一念」出演のアーヴィング・カミングス氏である。

監督
バートラム・ブラックン
出演キャスト
アニタ・スチュアート ワード・クレーン アーヴィング・カミングス Byron Munson
1918年

良心の叫び

  • 1918年
  • 監督

最近「仮面の人(1919)」が紹介されたヘンリー・B・ウォルソール氏出演の人情劇で、バートラム・ブラックン氏の監督によるもの氏の対手は「大自然の声」「白塗の壁」其他ユ社映画で御馴染のフリッツィー・ブルネット嬢。其他「真鋳の門」「盃の中」等出演のジョージ・フィッシャー氏や、「クロンダイクのカーメン」「ベルス(1928)」等出演のジョセフ・J・ダウリング氏も顔を見せる。

監督
バートラム・ブラックン
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール フリッツィー・ブルネット ジョセフ・J・ダウリング ジョージ・フィッシャー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > バートラム・ブラックン