映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・ホセ

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1922年 まで合計8映画作品)

1922年

熱国の勇者

  • 1922年当年公開
  • 監督

クライド・ウェストーヴァー、ロティー・ホーナー、フローリン・ウィリアムスの3人が共同で原作を書き、「黄台風」そのほかと同じくエドワード・ホセが監督したもので、「北を指して」が最近紹介されたアール・ウィリアムスが主演で、「狐」など出演のベティー・ロス・クラークが相手である。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
アール・ウィリアムス チャールズ・ヒル・メイルズ ボリス・カーロフ ベティー・ロス・クラーク
1920年

黄台風

  • 1920年当年公開
  • 監督

ハロルド・マクグラス氏原作の国際劇で、舞台はヨーロッパ、米国、南洋に渡っている。フレデリック嬢の「トスカ」や「復活(1918)」を監督したエドワード・ホセ氏の監督になり、アニタ・スチュアート嬢が善悪二様の双児の姉妹を演じている。姉は間諜、妹は国事探偵。パリからマニラ、マニラからサンフランシスコへ、追いつ追われつの活劇がある、「家庭の罪」「贅沢」等出演のドナルド・マクドナルド氏や、「目醒めた心」「真鍮の門」出演のジョージ・フィッシャー氏が共演している。「可もなく不可もなき活劇」とニュース誌は評している。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
アニタ・スチュアート ワード・クレーン ドナルド・マクドナルド ジョセフ・キルゴアー
1918年

アテネの夜話

  • 1918年当年公開
  • 監督

イタリア劇団の名花であり、歌劇界の花形であるリナ・ガヴェリエリ嬢が「女は魔性」等についで撮影したもので、原作はヴィクトリエン・サルドウ氏の「ギスモンダ」に基づいたものである。これをエドワード・ホセ氏が監督して完成した時代劇で、相手は「島に通う男」と同じくコートネー・フート氏である。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
リナ・ガヴェリエリ コートネー・フート

トスカ(1918・アメリカ)

  • 1918年当年公開
  • 監督

恋人を助けようとする歌姫の悲劇を描いた、プッチーニのオペラ『トスカ』の映画化。監督は「我が従兄」のエドワード・ホセ。主演はポーリン・フレデリック。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
ポーリン・フレデリック Jules Rancourt ヘンリー・ハーバート フランク・ロシー

巴里の幾夜

  • 1918年当年公開
  • 監督

かつてイタリアケーザル映画でフランチェスカ・ベルチニ嬢主演の同映画を見たが、これは同じヴィクトリエン・サルドウ氏の原作を、チャールズ・ウィッテーカー氏が脚色し、「トスカ」「復活(1918)」等の監督者エドワード・ホセ氏が監督した。フェドーラ・ロマノフ公爵夫人にはポーリン・フレデリック嬢が、ボリス・イバノフ伯爵にはジアー・オースティン氏が扮している。イタリア物と比較して見るも面白かろう。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
ポーリン・フレデリック ジーア・オースティン

復活(1918)

  • 1918年当年公開
  • 監督

ユーゴーの「レ・ミゼラブル」と相対し、文壇の聖書と迄呼ばれて居るトルストイ翁の原作になったこの「復活(1918)」は、あえてロシアのハンジャンコフ会社のと、伊太利ティベル会社のとが紹介されて居るが、これはフェーマス・プレアース会社が悲劇女優の第一人者ポーリン・フレデリック嬢を主演として製作されたものであって、各国の作品を比較して見るも興味ある事であろう。「トスカ」「硝子の家」「爪」「救命索」等を脚色したチャールズ・ウィッテーカー氏の脚色に成り、これを「トスカ」と同じくエドワード・ジョーゼ氏が監督したもので、対手は新顔のロバート・エリオット氏とジョン・セント・ポリス氏である。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
ポーリン・フレデリック ロバート・エリオット ジョン・セント・ポリス

我が従兄

  • 1918年当年公開
  • 監督

1921年7月死んだ世界的テノールの名手エンリコ・カルーソー氏がアートクラフト映画に出演した最初の作品である。対手役カロリナ・ホワイト嬢も有名なオペラのソプラノ唱手である。原作はマーガレット・ターンブル女史で、「黄台風」「島に通う男」等を監督したエドワード・ホセ氏の監督である。劇中ニューヨークのマンハッタン歌劇座が背景に使われている。『ロマンスと歌劇を混じた人間味ある劇筋と、カルーソー氏の功名を極めた表情によって、観客はあるいは笑い、あるいは泣き、充分の満足を味あうであろう。』とニュース誌のハリスン氏は評している。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
エンリコ・カルーソ Henry Leone カロリナ・ホワイト Joseph Ricciardi
1916年

陸軍のパール

  • 1916年当年公開
  • 製作

1916年に製作されたもので、パール・ホワイト嬢が「ポーリンの危難」「拳骨」「鉄の爪」に続いて主役を演じた軍事連続活劇である。「ポーリンの危難」及び「拳骨」の作者なるガイ・マッコンネル氏の原作を、「鉄の爪」の作者にて「護る影」の脚色者なるジョージ・B・サイツ氏が脚色し、「鉄の爪」の監督者エドワード・ホセ氏の監督のもとに製作されたもの。ホワイト嬢の相手は「護る影」でジェリー・カースンとラヴェンガーの2役に扮したラルフ・ケラード氏。その他「グローリア譚」でビリー・バーク嬢の父君ピアーポンド・スタッフォードに扮したウィリアム・T・カールトン氏がパールの父親デアー大佐に扮している。ホワイト嬢のパテー社に於ける連続映画はこれで全部我が国に上場された訳である。

出演キャスト
パール・ホワイト ウィリアム・T・カールトン Theo Freibus マリー・ウェイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・ホセ