映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ウィッテイカー

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1952年 まで合計19映画作品)

1952年

無頼漢(1943)

  • 1952年1月17日(木)公開
  • 出演(Tolliver 役)

「雨ぞ降る」のハリー・ジョー・ブラウンが製作した1943年色彩活劇で、西部作家マクス・ブランドの原作から「猛獣と令嬢」のロバート・カースンが脚色、「ギルダ」のチャールズ・ヴィダーが監督した。撮影はジョージ・ミーハン。音楽はジョン・レイポルド。主演は「男性都市」のランドルフ・スコット、「傷心の愛」のグレン・フォード、「キーラーゴ」のクレア・トレヴァーー、「ジョルスン物語」のイヴリン・キース。以下、エドガー・ブキャナン、レイモンド・ウォルバーン、グィン・ウィリアムスらが助演。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
ランドルフ・スコット グレン・フォード クレア・トレヴァー イヴリン・キース
1929年

西部鉄拳隊

  • 1929年当年公開
  • 出演(Red_Hook 役)

「騎士道華やかなりし頃」「風雲の天地」と同じくケン・メイナードが主演し、ハリー・J・ブラウンが監督した映画である。原作及び脚色はベネット・コーエン、カメラはテッド・マッコードの担任で、助演者はドロシー・ドワン、ハリー・トッド、フランク・ライス、アーニー・S・アダムス等。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ドゥワン ハリー・トッド フランク・ライス

爆弾突進

  • 1929年当年公開
  • 出演(Klaxton 役)

「乱射乱戟」「爆撃乱闘」に次いで製作されたケン・メイナード氏主演西部劇で同じくアルバート・ロージェル氏が監督したもの。原作はベネット・コーエン氏が執筆し、例によってメイナード氏の愛馬ターザンが活躍し「乱射乱戟」「女権拡張」のグラディス・マッコネル嬢が相手役を勤めている。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード グラディス・マッコネル ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニア ウィリアム・フラニー
1928年

任侠の勇士

  • 1928年当年公開
  • 出演(Slim_Burke 役)

「曲馬王」「拳銃大王」等と同じくケン・メイナード氏出演西部劇で、マリオン・ジャクソン女史が書き下ろした台本により「単騎奮迅」「大陸大王」「黎明の丘(1928)」を監督したアルバート・S・ロージェル氏が監督したもの。相手役は「拳銃大王」「イバニエズの激流」等に出演したヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢で、エリック・メイン氏、セオドア・ローチ氏等が助演し、名馬ターザン号が活躍している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード ヴァージニア・ブラウン・フェアー エリック・メイン セオドア・ローチ
1927年

ハンティング・タワー

  • 1927年当年公開
  • 脚本

スコットランドの有名な喜歌劇俳優サー・ハリー・ローダー氏の処女出演映画で、オランダの小説家ジョン・バッカン氏の原作をチャールズ・ウィッテイカー氏が脚色し、英国映画界では著名なジョージ・ピアーソン氏が監督したもの。助演者は「燃ゆる青春」出演のヴェラ・ヴォロニナ嬢、「トウ・ダンス」出演のジョン・マナース氏、パット・エイハーン氏等である。(無声)

監督
ジョージ・ピアーソン
出演キャスト
ハリー・ローダー Harry Malonie パット・エイハーン ヴェラ・ヴォロニナ
1926年

細君御注意

  • 1926年当年公開
  • 脚本

ゲスタ・セゲルクランツ氏の原作をチャールズ・E・ウィティカー氏とスヴェンド・ガーダ氏とが脚色し、「包囲の中に」「五番街のモデル」等と同じくスヴェンド・ガーダ氏が監督したもので主役は「包囲の中に」「歓楽の代償」等出演のヴァージニア・ヴァリ嬢が演じ相手役は「美人懸賞」「厄介娘」等出演のバッド・オマリー氏で、ナット・カー氏、ヘレン・リー・ウォージング嬢、アルバート・コンティ氏等が共演している。

監督
スヴェント・ガーデ
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ パット・オマリー ナット・カー ヘレン・リー・ウォージング
1925年

狂乱船

  • 1925年当年公開
  • 原作

チャールズ・E・ウィティカー氏の原作によりA・P・ヤンガー氏が脚色し、「南海の島」「曠原に立ちて」等と同じくヴィクター・フレミンフ氏が監督したもので「南海の島」で共演したポーリン・スターク嬢とウォーレス・ビアリー氏及び「猛襲一騎討ち」等出演のウィリアム・コリアー氏が主演しクレア・アダムス嬢、レイモンド・ハットン氏、ジョージ・クーパー氏等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ポーリン・スターク クレア・アダムス ウィリアム・コリアー・ジュニア

スポーツの女神

  • 1925年当年公開
  • 脚色

ジェラルド・ボーモン氏作の小説をチャールズ・E・ウィティカー氏が映画的に改作しトム・ジェラティー氏が執筆した台本によって「受難のテス」「海の洗礼」等主演のブランシュ・スウィート嬢で、「ロモラ」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のロナルド・コールマン氏と「奇跡の薔薇」「極光に踊る女」等出演のリュ・コディー氏が共演し、ジョージ・フォーセット氏ハンク・マン氏、ジョセフィン・クロウェル嬢、アーサー・ホイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ロナルド・コールマン ルー・コディ ジョセフィン・クロウェル
1923年

大北の怪異

  • 1923年当年公開
  • 脚色

サタディ・イヴニング・ポースト誌に載せられたクラレンス・バディントン・ケランド氏原作の小説を、「船に打乗り海原指して」「最後の一瞬」「ヴェニスの一夜」等を監督したエドワード・スローマン氏が監督したもの。チャールズ・E・ウィティカー氏が脚色の任に当たった。舞台に長い経験のあるアルフレッド・ラント氏が映画界に入った第1回作品で、氏の相手は「良人の危険時代」「土曜日の夜」等出演のエディス・ロバーツ嬢である。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
エディス・ロバーツ アルフレッド・ラント Major James Doyle William B. Mack

新妻の秘密

  • 1923年当年公開
  • 出演(Judge_Ellis 役)

かつてメトロのスターであったフランシス・ブッシュマンとベヴァリー・ベインの御夫婦が、永い間映画界に遠ざかっていた後、久振りで作った映画で、アメリカではブッシュマン夫婦とローランド・ボットムリー氏、ジタ・モールトン嬢の四人でこの映画をもって連鎖劇の巡業をして歩いたものである。劇中妻が他の男と関係のあることを知った男の苦脳の場を実演で見せ連鎖劇の珍らしいアメリカでは大当たりを取った。この映画はデレク・ヴェーン氏の小説を、ドロシー・ファーナム嬢が脚色し、古く「亭主入用」「讃美歌と鼻唄」等を監督したローレンス・ウィンドム氏が監督の任に当つたもの。

監督
ローレンス・ウィンドム
出演キャスト
フランシス・X・ブッシュマン ビヴァリー・ベイン Frankie Dvans ローランド・ボットムリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ウィッテイカー