TOP > 人物を探す > ジョージ・ボワーズ

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2005年 まで合計11映画作品)

2005年

ワイルド・タウン 英雄伝説

  • 2005年5月14日(土)
  • 編集

'73年公開の名作活劇「ウォーキング・トール」を、ザ・ロック主演でリメイク。1本のこん棒を武器に、町を牛耳る悪に挑む熱血保安官の活躍がスリリングに展開する!

監督
ケヴィン・ブレイ
出演キャスト
ドゥエイン・ジョンソン ジョニー・ノックスヴィル ニール・マクドノー クリスティン・ウィルソン
2003年

カントリー・ベアーズ

  • 2003年4月26日(土)
  • 編集

ディズニーランドの人気アトラクションのキャラクターが活躍するミュージカル・コメディ。冒険の旅に出たクマの少年が仲間と友情を育て、家族のきずなを再確認する感動作。

監督
ピーター・ヘイスティング
出演キャスト
ハーレイ・ジョエル・オスメント ディードリック・ベイダー ブラッド・ギャレット トビー・ハス
2002年

フロム・ヘル

  • 2002年1月19日(土)
  • 編集

ビクトリア朝末期の英国を震撼させた“切り裂きジャック事件”の映画化。人気俳優ジョニー・デップを警部役に迎え、意外な犯人像を独自の解釈で描くダーク・スリラーだ。

監督
アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ
出演キャスト
ジョニー・デップ ヘザー・グラハム イアン・ホルム ジェイソン・フレミング
1996年

天使の贈り物

  • 1996年12月21日(土)
  • 編集

牧師の妻を愛してしまった天使を優しく見つめたハートフルなラヴ・ストーリー。ヘンリー・コスター監督、ケーリー・グラント、ロレッタ・ヤング共演の「気まぐれ天使」(47)を、「戦火の勇気」のデンゼル・ワシントン、「ため息つかせて」のホイットニー・ヒューストンの共演、「ビッグ」「勇気あるもの」のペニー・マーシャルの監督でリメイク。製作は「I SHOT ANDY WARHOL」のサミュエル・ゴールドウィン・ジュニア、エグゼクティヴ・プロデューサーはマーシャルと、彼女とは「勇気あるもの」で組んだエリオット・アボットとロバート・グリーンハットの共同。脚本はロバート・シャーウッドとレナード・ベルコヴィッチのオリジナル脚本を基に、テレビ畑で活躍するナット・モールディンと「ダリル」のアラン・スコットが執筆。撮影は「勇気あるもの」のミロスラフ・オンドリチェク、美術は「マネートレイン」のビル・グルーム、編集は「花嫁のパパ2」のスティーヴン・R・ロッターと「勇気あるもの」のジョージ・ボワーズの共同、衣裳は「マンハッタン花物語」のシンシア・フリント。音楽は「ザ・ファン」のハンス・ジマーがスコアを書き、「天使にラブソングを2」のマーヴィン・ウォレンが総指揮を担当。共演は「パンサー」のコートニー・B・ヴァンス、「ため息つかせて」のグレゴリー・ハインズほか。また、歌手のライオネル・リッチーが顔をみせる。

監督
ペニー・マーシャル
出演キャスト
ホイットニー・ヒューストン デンゼル・ワシントン コートニー・B・ヴァンス グレゴリー・ハインズ

マネートレイン

  • 1996年4月20日(土)
  • 編集

2人の鉄道公安官が様々な事情やはずみから、N.Y.地下鉄の売上金を運ぶ列車=マネートレインを強奪するに到るまでを描いたサスペンス・アクション。監督は「愛がこわれるとき」「危険な遊び」とサスペンスものを得意とするジョゼフ・ルーベン。脚本は「ダイ・ハード2」のダグ・リチャードソンと「パッセンジャー57」のデイヴィッド・ローリーのオリジナル。製作は「レインマン」「バットマン(1989)」など数々のヒット作を放ったジョン・ピータースと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「ジェロニモ」のニール・カントン。エグゼクティヴ・プロデューサーは、フレデリック・ピアース、トレイシー・バロン、アダム・フィールズ。撮影は「スニーカーズ」のジョン・リンドレイ。音楽は「スピード」「バッドボーイズ(1995)」のマーク・マンシーナ、美術はビル・グルーム、編集はジョージ・ボワーズとビル・パンコウ。主演は「シュガー・ヒル」のウェズリー・スナイプスと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソン。「ハード・プレイ」に続く共演作となる2人の、息の合った掛け合いも見どころ。共演は「ミ・ファミリア」の新星ジェニファー・ロペス、「冷血」のベテラン、ロバート・ブレークほか。

監督
ジョセフ・ルーベン
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ウディ・ハレルソン ジェニファー・ロペス ロバート・ブレーク
1995年

勇気あるもの

  • 1995年1月28日(土)
  • 編集

落ちこぼれの新米兵士たちと、失業して軍隊の教師として派遣された男の交歓をコミカルなタッチで描いたヒューマン・ドラマ。監督は「プリティ・リーグ」のペニー・マーシャル、製作はサラ・コールトン、エリオット・アボット、ロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはペニー・マーシャルとバズ・フェイシャンズの共同。脚本はジム・バーンスタイン、撮影は「ジュニア」の名手アダム・グリーンバーグ、音楽は「トゥルー・ロマンス」のハンス・ジマー、美術はジョフリー・カークランド、編集はジョージ・ボワーズとバトル・デイヴィスがそれぞれ担当。主演は「ホッファ」のダニー・デヴィート。共演は「タップ」のグレゴリー・ハインズ「コットンクラブ」のジェームズ・レマー、「まごころを君に」のクリフ・ロバートソン、「ブロンクス物語 愛に包まれた街」のリロ・ブランカート・ジュニア、「モー・マネー」のステイシー・ダッシュ、「ガンメン」のカディーム・ハーディソン、「TINA/ティナ」のリチャード・T・ジョーンズほか。

監督
ペニー・マーシャル
出演キャスト
ダニー・デヴィート グレゴリー・ハインズ クリフ・ロバートソン ジェームズ・レマー
1994年

危険な遊び(1993)

  • 1994年4月16日(土)
  • 編集

あどけない顔の裏に魔性を秘めた少年の恐怖を描くサスペンス・スリラー。アイドルスター・マコーレー・カルキンが従来のイメージを覆す悪役に初挑戦したことでも話題となった。監督は「愛がこわれるとき」のジョセフ・ルーベン、脚本はサマセット・モーム賞の受賞作家で「サワー・スイート」のイアン・マキューアン。製作は、ルーベンと「摩天楼はバラ色に」のメリー・アン・ペイジ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「エイリアン3」のエズラ・スワードロウと、ダニエル・ロゴシン。撮影のジョン・リンドレイ、編集のジョージ・ボワーズは、監督とは「W」などほとんどの作品でコンビを組んでいる。音楽は「ケープ・フィアー」のエルマー・バーンスタイン、美術はビル・グルームが担当。主演は「ホーム・アローン」シリーズのマコーレー・カルキン。共演は「わが心のボルチモア」のイライジャ・ウッドほか。

監督
ジョセフ・ルーベン
出演キャスト
マコーレー・カルキン イライジャ・ウッド ウェンディ・クルーソン デヴィッド・モース
1991年

愛がこわれるとき

  • 1991年4月19日(金)
  • 編集

暴力的な夫から逃れ、名前さえ変えて、隠れ棲む女性の直面する恐怖を描くサスペンス・スリラー。エグゼクティブ・プロデューサーはジェフリー・チャーノフ、製作はレオナード・ゴールドバーグ、監督は「W」のジョセフ・ルーベン、脚本は「レインマン」のロナルド・バス、撮影はジョン・リンドレイ、音楽をジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はジュリア・ロバーツ、パトリック・バーギンほか。

監督
ジョセフ・ルーベン
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ パトリック・バーギン ケヴィン・アンダーソン エリザベス・ローレンス
1989年

ハーレム・ナイト

  • 1989年12月23日(土)
  • 編集

38年のニューヨークのハーレムを舞台に、ギャングに立ち向かう人々の姿を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサー、監督、脚本、主演は本作が初監督作品となるエディ・マーフィ、製作はロバート・D・ワックスとマーク・リプスキー、撮影はウディ・オーメンズス、音楽はハービー・ハンコックが担当。出演はほかにリチャード・プライヤーなど。

監督
エディ・マーフィ
出演キャスト
エディ・マーフィ リチャード・プライヤー レッド・フォックス ダニー・アイエロ
1984年

個人授業(1983)

  • 1984年2月11日(土)
  • 監督

何不自由なく恵まれた環境に育った高校生が年上の家庭教師によって、学業と恋愛の両面での手ほどきを受ける姿を描く。製作は「高校生活」「バン・バニング・バン」(79)のマリリン・J・テンサー、共同製作はマイケル・D・キャッスル、監督はジョージ・ボワーズ、脚本はジョー・ロバーツ、撮影はマック・アールバーグ、音楽はウェブスター・ルイスが各々担当。出演は「ベストフレンズ」でデビューしたマット・ラッタンジー、カレン・ケイ、アンバー・デニス・オースティン・オースチン、ケヴィン・マッカーシー、ブルース・バウアー、クリスピン・グローヴァー、クラーク・ブランドン、キットン・ナチヴィダッドなど。

監督
ジョージ・ボワーズ
出演キャスト
マット・ラッタンジー カレン・ケイ アンバー・デニス・オースティン ケヴィン・マッカーシー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョージ・ボワーズ