映画-Movie Walker > 人物を探す > ハル・クーリー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1925年 まで合計7映画作品)

1925年

爆笑七日間

  • 1925年当年公開
  • 出演(Tom_Harbison 役)

「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
リリアン・リッチ クレイトン・ヘール リリアン・タッシュマン メイベル・ジュリエンヌ・スコット
1924年

厚化粧の浮れ女

  • 1924年当年公開
  • 出演(Danny_Lawrence 役)

アラン・パール原作の舞台劇を脚色したものを、ジョン・ゴーマンが監督。主役は「疑惑の夜」「人類の破滅」のジェームズ・カークウッドと、「アダムス・リブ」「ソニー」のポーリン・ギャロンで、その他「荒野の放浪者」のキャスリン・ウィリアムス、「火焔の船」のジョン・ハロンをはじめ、アルバート・ロスコー、クロフォード・ケント、クレア・アダムス、ハル・クーリーが顔を見せる、現代流行のジャズ劇である。

監督
ジョン・ゴーマン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド ポーリン・ギャロン クロフォード・ケント キャスリン・ウィリアムス

冤罪(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Spenser_Van_Gore 役)

パルマー映画社の「嵐の判決」に続く第2回作品で、ハロルド・シューメイト原作、デル・アンドリュースとジュリア・ラモースが脚色し、「女は曲者」「唖も語る」等と同じくウィリアム・A・サイターが監督した。主役は「山河轟く」「忘れられし妻」のマッジ・ベラミー、「結婚愛」「ローナ・ドゥーン」等のジョン・ボワーズの2人である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョン・ボワーズ フランセリア・ビリントン ハル・クーリー
1922年

踊り疲れて

  • 1922年当年公開
  • 出演(Ted_Bradkey 役)

シー・エス・モンテインの原作をドリス・シュローダーが脚色し、「試練の鉄火」を監督したホバート・ヘンリー氏が監督した喜活劇で、マリー・プレヴォーの主演。「剛勇ジャック」などに出演のエドワード・ハーンが共演している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
マリー・プレヴォー エドワード・ハーン ハル・クーリー ベティー・フランシスコ
1919年

ガール・ドッジャー

  • 1919年当年公開
  • 出演(Harry_Tavistock 役)

チャールズ・レイ氏の人情喜劇で、原作、監督は例によってJ・G・ホークス氏とジェローム・ストーム氏とである。相手としては、「北方の掟」「猜疑の眼」等出演のドリス・リー嬢と、「男性美」「島の娘」等出演のレオタ・ロレイン嬢である。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
チャールズ・レイ ドリス・リー ハル・クーリー ジャック・ネルソン

謎の結婚

  • 1919年当年公開
  • 出演(Jim_Montjoy 役)

アーサー・ゼルナーと同氏夫人ロイスとの共作をガードナー・サリヴァンが脚色し、フレッド・ニブロが監督した人情劇で、ニブロ令閨エニッド・ベネットの主演。「二十三時間半」や「騒ぎと誇張」に出演したダグラス・マックリーンの共演である。そのほかヴォラ・ヴェイルやフィロ・マッカローも出演する。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
エニッド・ベネット ダグラス・マックリーン フィロ・マッカロー ハル・クーリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハル・クーリー