TOP > 人物を探す > ベルトラン・タヴェルニエ

年代別 映画作品( 1963年 ~ 2017年 まで合計14映画作品)

2017年

リュミエール!

  • 2017年10月28日(土)
  • 共同プロデューサー

シネマトグラフを発明した“映画の父”ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が製作した1422本の短編作品から108本を厳選し1本にまとめて上映。1895年12月28日に世界で初めて有料上映された『工場の出口』や、120年前に京都で行われた剣道の試合などを収録。監督・脚本・プロデューサー・編集・ナレーションは、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー。共同プロデューサーを「田舎の日曜日」「ひとりぼっちの狩人たち」のヴェルトラン・タヴェルニエが担当。音楽は「さよなら子供たち」のカミーユ・サン=サーンス。日本語ナレーションを落語家の立川志らくが務める。第30回東京国際映画祭特別上映作品。

監督
ティエリー・フレモー
出演キャスト
2003年

レセ・パセ 自由への通行許可証

  • 2003年5月10日(土)
  • 監督、脚本

第二次大戦中に実在した仏の映画人2人に焦点を当てた人間ドラマ。占領国ドイツが経営する映画会社に雇われながらも、誇りを捨てなかった彼らの生きざまをつづる。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
ジャック・ガンブラン ドゥニ・ポダリデス マリー・ジラン シャルロット・カディ
2002年

父よ

  • 2002年6月29日(土)
  • 脚本

仏の名匠ジョゼ・ジョバンニ監督が実体験を元に、若き日の苦い思い出を映画化。死刑囚の息子を救おうとする初老男の生き様を、父への敬意を込めて描く人間ドラマだ。

監督
ジョゼ・ジョヴァンニ
出演キャスト
ブリュノ・クレメール ヴァンサン・ルクール リュフュ ミシェル・ゴデ
2001年

今日から始まる

  • 2001年9月8日(土)
  • 監督、脚本

仏の名匠ベルトラン・タベルニエが、悪化する教育現場のさまざまな問題に肉薄。子供たちを守るために行動を起こした幼稚園園長の奮闘を、ドキュメンタリー・タッチで描き出す。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
フィリップ・トレトン マリア・ピタレジ ナディア・カッチ ヴェロニク・アタリー
1996年

ソフィー・マルソーの三銃士

  • 1996年6月29日(土)
  • 監督

三銃士の剣士ダルタニヤンの娘が宮廷の陰謀に立ち向かう姿を描いたアクション・ロマン。ヒロインは「ブレイブハート」のソフィ・マルソー、老いたダルタニヤンには「イル・ポスティーノ」のフィリップ・ノワレが扮し、彼らの共演がみもの。監督は「ひとりぼっちの狩人」のベルトラン・タヴェルニエ。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
ソフィー・マルソー フィリップ・ノワレ クロード・リッシュ サミー・フレー
1995年

ひとりぼっちの狩人たち

  • 1995年10月14日(土)
  • 監督、脚本

84年にパリで三人の若者が起こした実際の強盗殺人事件に材をとり、舞台を90年代に置き換えて無軌道な若者たちの青春像と、彼らがたどる悲惨な末路を描いた衝撃的な犯罪ドラマ。監督・脚本は「ダディ・ノスタルジー」「田舎の日曜日」のベルトラン・タヴェルニエ。製作は「素顔の貴婦人」のルネ・クレトマンと『L627』(日本では映画祭上映)のフレデリック・ブルブロン。モルガン・スポルテの実録小説(邦訳未訳)をもとに、脚本を監督とその前夫人コロ・タヴェルニエ・オヘイガンが共同で執筆。撮影は『L627』のアラン・ショカール。音楽はフィリップ・エム、編集はリュス・グルネンヴァルト、録音はミシェル・デスロワ、ジェラール・ランプ。3人の若者役にマリー・ジラン、オリヴィエ・シトリュック、ブリューノ・ピュツリュ。ほかに「無伴奏『シャコンヌ』」のリシャール・ベリ、フィリップ・デュクロ、またアラン・サルド、俳優で脚本家のジャン・ルイ・リシャール(「アメリカの夜」)が顔を出している。95年ベルリン映画祭金熊賞受賞。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
マリー・ジラン オリヴィエ・シトリュック ブリューノ・ピュツリュ リシャール・ベリ
1993年

ジェラシー(1991)

  • 1993年7月24日(土)
  • テクニカル・アドバイザー

プレイボーイの恋人に嫉妬心を燃やす女の姿を描く恋愛コメディ。監督・脚本・潤色・台詞はキャスリーン・フォンマーティ。彼はベルトラン・タヴェルニエやパトリス・ルコント監督らの作品で、スクリプターなどで参加していた人物で、これが長編第一作となる。製作はドミニク・トゥーサン。共同潤色・台詞はマガリ・クレマンとリシャール・アンドリ。撮影はアンドリ。音楽は「ピストルと少年」とフィリップ・サルドが担当。出演は「愛のあとに」のリオ、「さよなら夏のリセ」のクリスチャン・ヴァディム、「ダディ・ノスタルジー」のオデット・ロールなど。

監督
キャスリーン・フォンマーティ
出演キャスト
リオ クリスチャン・ヴァディム オデット・ロール Verenique Deleourg
1990年

ダディ・ノスタルジー

  • 1990年12月22日(土)
  • 監督

初秋の南仏を舞台に、死期の迫った父と最後の日々を共にする娘の愛情あふれる交歓を描く人間ドラマ。製作はイヴォン・クレン、監督は「田舎の日曜日」のベルトラン・タヴェルニエ、タヴェルニエ夫人のコロ・タヴェルニエ・オヘイガンが脚本を担当、撮影はドニ・ルノワール、音楽はアントワーヌ・デュアメル。出演はダーク・ボガード、ジェーン・バーキンほか。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
ダーク・ボガード ジェーン・バーキン オデット・ロール エマニュエル・バタイユ
1991年

素顔の貴婦人

  • 1991年3月9日(土)
  • 監督、脚本

第一次大戦後のフランス。行方不明のそれぞれの愛する男を捜す美しい貴婦人と若い娘、そしてそれに協力する少佐の3人の邂逅、愛、別離を描くドラマ。製作はルネ・クレトマン、監督は「ダディ・ノスタルジー」のベルトラン・タヴェルニエ、脚本はジャン・コスモとタヴェルニエの共同、撮影はブリュノ・ド・ケイゼル、音楽はオズワルド・ダンドレアが担当。出演はフィリップ・ノワレ、サビーヌ・アゼマほか。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
フィリップ・ノワレ サビーヌ・アゼマ パスカル・ヴィニャル モーリス・バリエ

パッション・ベアトリス

  • 1991年10月12日(土)
  • 監督

親子二代に渡って、親殺しの因果を背負った14世紀の地方の豪族の父娘の生涯を描く。モデルはイタリア・ルネッサンス期の実在の人物ベアトリーチェ・チェンチェ。製作はアドルフ・ヴィエッツィ、監督は「ラウンド・ミッドナイト」(86)「ダディ・ノスタルジー」(90)のベルトラン・タヴェルニエ、脚本は「ダディ・ノスタルジー」(90)のコロ・タヴェルニエ・オヘイガン、撮影はブルーノ・ド・ケイゼル、音楽は「ラウンド・ミッドナイト」(86)のロン・カーターが担当。出演はジュリー・デルピー、ベルナール・ピエール・ドナデューほか。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
ジュリー・デルピー ベルナール・ピエール・ドナドュー ニルス・タヴェルニエ モニーク・ショメット

関連ニュース

『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』予告映像&ポスタービジュアルが到着!
たった1人で宮殿を築き上げた男の奇跡の実話!『シュヴァルの理想宮』の公開が決定 8月19日 07:00

カンヌ国際映画祭監督賞など輝かしい受賞歴を誇るフランスの名匠ベルトラン・タヴェルニエ監督を父に持ち、俳優やドキュメンタリー作家としても活躍するニルス・タヴェルニエ監督の5年ぶりの長編劇映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ベルトラン・タヴェルニエ

ムービーウォーカー 上へ戻る