TOP > 映画監督・俳優を探す > デデ・アレン

年代別 映画作品( 1964年 ~ 2005年 まで合計17映画作品)

1976年

ミズーリ・ブレイク

  • 1976年8月28日(土)
  • 編集

西部の開拓末期のモンタナ・テリトリーを舞台に、生存権確保のために定着を画した馬泥棒の一群対牧場主、そして雇われた殺し屋との熾烈な闘いを描いた西部劇。製作はエリオット・カストナーとロバート・M・シャーマン、監督は「ナイトムーブス」のアーサー・ペン、原作・脚本はトーマス・マクゲーン、撮影はマイケル・バトラー、編集はジェリー・グリーンバーグとステファン・ロッターとディード・アレン、音楽はジョン・ウィリアムズ、衣裳はパトリシア・ノリス、製作デザインはアルバート・ブレナー、美術はシェリル・バーガー、特殊効果はA・D・フラワーズ、録音はジャック・ソロモンとデニス・メイトランドがそれぞれ担当。出演はマーロン・ブランド、ジャック・ニコルソン、ランディ・クエイド、キャスリーン・ロイド、フレデリック・フォレスト、ハリー・ディーン・スタントン、ジョン・マクリアム、ジョン・ライアン、サム・ギルマンなど。

監督
アーサー・ペン
出演キャスト
マーロン・ブランド ジャック・ニコルソン ランディ・クエイド キャスリーン・ロイド

ナイトムーブス

  • 1976年1月31日(土)
  • 編集

元フットボールの花形選手で、今はしがない私立探偵が連続殺人事件にまき込まれていくというサスペンス。製作はロバート・M・シャーマン、共同製作はジーン・ラスコ、監督は「小さな巨人」のアーサー・ペン、脚本はアラン・シャープ、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はマイケル・スモール、編集はデッド・アレンが各々担当。出演はジーン・ハックマン、ジェニファー・ウォーレン、エドワード・ビンズ、ハリス・ユーリン、ケネス・マース、ジャネット・ワード、ジェームズ・ウッズ、メラニー・グリフィスなど。

監督
アーサー・ペン
出演キャスト
ジーン・ハックマン スーザン・クラーク ジェニファー・ウォーレン エドワード・ビンズ

狼たちの午後

  • 1976年3月13日(土)
  • 編集

焼けつくような白昼のブルックリンの街の銀行を襲った2人組の強盗と警察の対決を描く。製作はマーティン・ブレグマンとマーティン・エルファンド、共同製作はロバート・グリーン・ハット、監督は「オリエント急行殺人事件」のシドニー・ルメット、脚本はフランク・R・ピアソン、撮影はビクター・J・ケンバー、編集はデデ・アレンが各々担当。出演はアル・パシーノ、ジョン・カザール、ペニー・アレン、サリー・ボイヤー、ジェームズ・ブロデリック、チャールズ・ダーニングなど。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
アル・パチーノ ペニー・アレン サリー・ボイヤー ジョン・カザール
1975年

スローターハウス5

  • 1975年4月12日(土)
  • 編集

時間から切り離された主人公ビリー・ピルグリム(巡礼者の意)の過去・現在・未来を彷徨する姿を描いたカート・ボネガットの小説の映画化。製作はポール・モナシュ、監督は「スティング」のジョージ・ロイ・ヒル、脚本はスティーブン・ゲラー、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽はバッハの「ブランデンブルグ協奏曲」他6曲を使用。編集はデデ・アレンが各々担当。出演はマイケル・サックス、ロン・リーブマン、ユージン・ロッシェ、ヴァレリー・ペリン、ソーレル・ブーケ、ペリー・キングなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1972年作品。

監督
ジョージ・ロイ・ヒル
出演キャスト
マイケル・サックス ロン・リーブマン ユージン・ロッシュ シャロン・ガンズ
1970年

アリスのレストラン

  • 1970年11月7日(土)
  • 編集

現代の吟遊詩人アーロの、ほろ苦いユーモアをたたえた彷徨。製作は「バイ・バイ・バーディー」のヒラード・エルキンズ、監督は「俺たちに明日はない」のアーサー・ペン。アーロ・ガスリーのヒット曲Alice's Restaurant Massacreを原案として、アーサー・ペンとベナブル・ハーンドンが脚本を執筆。撮影は67年カンヌ映画祭でTVコマーシャル賞を獲得したマイク・ネッビア、音楽はアーロ・ガスリー、編集はデデ・アレンがそれぞれ担当。出演は、アメリカのフォーク歌手アーロ・ガスリー、テレビ・舞台で活躍、映画初出演のパット・クイン、ほかにティナ・チェン、ジェームズ・ブロデリック、マイケル・マクラナザン、キャサリン・ダブニー、ジェフ・アウトローなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1969年作品。

監督
アーサー・ペン
出演キャスト
アーロ・ガスリー パット・クイン ジェームズ・ブロデリック マイケル・マクラナザン
1969年

レーチェルレーチェル

  • 1969年6月10日(火)
  • 編集

マーガレット・ローレンスの小説を「理由なき反抗」のスチュワート・スターンが脚色、ポール・ニューマンが初めて製作・監督、1968年度のニューヨーク批評家賞を獲得した。撮影はゲイン・レシャー、音楽はジェローム・モロス、美術はリチャード・マーレル、編集はデデ・アレンが担当した。出演はジョアン・ウッドワード、「俺たちに明日はない」のエステル・パーソンズのほかに、ジェームズ・オルソン、ケイト・ハリントンらブロードウェイの実力派。

監督
ポール・ニューマン
出演キャスト
ジョアン・ウッドワード エステル・パーソンズ ジェームズ・オルソン ケイト・ハリントン
1964年

アメリカ アメリカ

  • 1964年9月22日(火)
  • 編集

「エデンの東」のエリア・カザンが幼い頃に聞かされた話を脚本化し、製作・演出した移民をテーマにした青春ドラマ。撮影はハスケル・ウェクスラー、音楽は「日曜はダメよ」のマノス・ハジダキスが担当した。出演はスタチス・ヒアレリス、「シシリーの黒い霧」のフランク・ウォルフ、ハリー・デイヴィス、エレナ・カラム、エステル・ハムスレイ、グレゴリー・ロザキスなどブロードウェイの舞台人やギリシャ、トルコ映画・演劇人。

監督
エリア・カザン
出演キャスト
スタチス・ヒアレリス フランク・ウォルフ ハリー・デイヴィス エレナ・カラム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > デデ・アレン

ムービーウォーカー 上へ戻る