TOP > 人物を探す > デデ・アレン

年代別 映画作品( 1964年 ~ 2005年 まで合計17映画作品)

2005年

ファイナル・カット

  • 2005年12月23日(金)
  • 編集

ロビン・ウィリアムス主演のSFサスペンス。人の人生をチップで管理する近未来を舞台に、チップの編集者が自身の秘めた過去に翻ろうされる姿をスリリングに描く。

監督
オマール・ナイーム
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ ミラ・ソルヴィーノ ジム・カヴィーゼル ミミ・クジャック
2002年

ジョンQ 最後の決断

  • 2002年11月23日(土)
  • 編集

アカデミー賞俳優デンゼル・ワシントンの最新作となるサスペンス。重病の息子のために立ちあがった父親の大胆な行動を描く。スリリングながら、父性愛の描写は感動的!

監督
ニック・カサヴェテス
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ロバート・デュヴァル ジェームズ・ウッズ アン・ヘッシュ
2000年

ワンダー・ボーイズ

  • 2000年9月2日(土)
  • 編集

 「L.A.コンフィデンシャル」のC・ハンソン監督最新作。初老の作家が、さまざまなトラブルを通して生き方を見つめ直すさまを、ユーモラスにつづる人生讃歌。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
マイケル・ダグラス トビー・マグワイア フランシス・マクドーマンド ロバート・ダウニー・Jr.
1992年

アダムス・ファミリー(1991)

  • 1992年4月25日(土)
  • 編集

チャールズ・アダムス原作で、TVシリーズ化されたこともある漫画“The Addams Family”(TVタイトルは『アダムスのお化け一家』)の映画化。監督は「ミラーズ・クロッシング」などのカメラマンで、これが監督デビューとなるバリー・ソネンフェルド、製作は「心の旅」のスコット・ルーディン、エグゼクティヴ・プロデューサーはグラハム・プレース、脚本は「ビートルジュース」のラリー・ウィルソンと「シザーハンズ」のキャロライン・トンプソン、撮影は「殺したいほど アイ・ラヴ・ユー」のオーウェン・ロイズマン、音楽は「シティ・スリッカーズ」のマーク・シャイマンが担当。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
アンジェリカ・ヒューストン ラウル・ジュリア クリストファー・ロイド エリザベス・ウィルソン
1991年

ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女

  • 1991年1月15日(火)
  • 編集

無名時代の作家ヘンリー・ミラーとその妻ジューン、そして人妻のアナイス・ニンの3人の奇妙に屈折した愛のかたちをニン自身の著作を基に描いたラブ・ストーリー。監督は「存在の耐えられない軽さ」のフィリップ・カウフマン、息子のピーターが製作を担当、脚本はカウフマンと夫人のローズの共同、撮影はフィリップ・ルースロ、音楽はジャン・ピエール・ルー。出演はフレッド・ウォード、マリア・ディ・メディルシュほか。

監督
フィリップ・カウフマン
出演キャスト
フレッド・ウォード ユマ・サーマン マリア・デ・メディロス リチャード・E・グラント
1990年

のるかそるか

  • 1990年5月4日(金)
  • 編集

競馬狂いの男の、ツキにツイた1日を描くコメディ・ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・ステンタ、製作はデイヴィッド・ガイラー、監督は本作品が長篇デビューとなるジョー・ピトカ。ジェイ・クロンレイの原作を基に脚本はアーネスト・モートン、撮影はカーチス・ウェア、音楽はジョルジオ・モロダーが担当。出演はリチャード・ドレイファス、テリー・ガーなど。

監督
ジョー・ピトカ
出演キャスト
リチャード・ドレイファス デイヴィッド・ヨハンセン テリー・ガー ジェニファー・ティリー
1986年

オフビート

  • 1986年9月13日(土)
  • 編集

にせ警官が銀行強盗をつかまえるという喜劇。シルヴァー・スクリーン・パートナーズが製作協力。製作はジョー・ロスとハリー・ウフランド。監督はマイケル・ダイナー。デズソ・マグヤーの原案をマーク・メドフが脚色。撮影はカルロ・ディ・パルマ、音楽はジェイムズ・ホーナーが担当。出演はジャッジ・ラインホールド、メグ・ティリーほか。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1986年作品。

監督
マイケル・ディナー
出演キャスト
ジャッジ・ラインホルド メグ・ティリー クリーヴァント・デリックス ジョー・マンテーニャ

ブレックファスト・クラブ

  • 1986年5月17日(土)
  • 編集

学校側から休日登校の間を言い渡された男女5人の高校生が、友情の絆に結ばれていく姿を描く。製作は「すてきな片想い」の監督を手掛けたジョン・ヒューズとネッド・タネン、監督・脚本もヒューズが担当。撮影はトーマス・デル・ルース、音楽はキース・フォースーが担当。出演はエミリオ・エステヴェス、ジャド・ネルソンなど。

監督
ジョン・ヒューズ
出演キャスト
エミリオ・エステヴェス ポール・グリーソン アンソニー・マイケル・ホール ジョン・カペロス
1982年

レッズ

  • 1982年4月17日(土)
  • 製作総指揮、編集

『世界をゆるがした十日間』の著者ジョン・リードと女性解放運動の先駆者ルイズ・ブライアントの数奇な恋と、激動の時代を描く。製作総指揮はサイモン・レルフとディード・アレン、製作・監督はウォーレン・ベイティ、脚本はビーティとトレバー・グリフィス、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、作曲はスティーブン・サンドハイム、編集はディード・アレンとクレイグ・マッケイ、衣裳はシャーリー・ラッセルが各々担当。出演はウォーレン・ベイティ、ダイアン・キートン、エドワード・ハーマン、イェジー・コジンスキー、ジャック・ニコルソン、ポール・ソルビノ、モーリン・スティプルトン、ニコラス・コスター、M・エメット・ウォルシュ、ジーン・ハックマンなど。

監督
ウォーレン・ベイティ
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ ダイアン・キートン エドワード・ハーマン イェジー・コジンスキー
1977年

スラップ・ショット

  • 1977年10月29日(土)
  • 編集

アイスホッケーのマイナー・チームがくりひろげる殺戮戦を描く。製作はロバート・J・ワンシュとスティーブン・フリードマン監督は「スティング」のジョージ・ロイ・ヒル、脚本はナンシー・ダウド、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽監修はエルマー・バーンスタインが各々担当。出演はポール・ニューマン、ストロザー・マーティン、マイケル・オントキーン、シェニファー・ウォーレン、リンゼイ・ルクーズ、ジェリー・ハウザー、ジェフ・カールソン、スティーヴ・カールソン、デイヴィッド・ハンソンなど。

監督
ジョージ・ロイ・ヒル
出演キャスト
ポール・ニューマン ストロザー・マーティン マイケル・オントキーン ジェニファー・ウォーレン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > デデ・アレン

ムービーウォーカー 上へ戻る