TOP > 映画監督・俳優を探す > ロッド・ラロック

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1951年 まで合計30映画作品)

1928年

ドラモンド大尉

  • 1928年
  • 出演(Captain_Swagger 役)

「大学行進曲」と同じくヘクター・ターンブル氏製作、ロッド・ラ・ロック氏主演、そしてエドワード・エッチ・グリフィス氏の監督した映画である。原作を物したのはレオナード・プラスキンス氏で、アデレード・ヒールブロン女史が脚色した。ラ・ロック氏の対手役は「春爛漫」「青春万歳(1928)」のスウ・キャロール嬢であるが、そのほか「テムペスト(1928)」のウルリッヒ・ハウプト氏、ヴィクター・ポーテル氏、リチャード・タッカー氏、等も出演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ロッド・ラロック スー・キャロル リチャード・タッカー ヴィクター・ポーテル

突撃(1928)

  • 1928年
  • 出演(Roger_Norman 役)

セイダ・コウアン女史の原作並びに脚色したものに基づき「海底王キートン」「陸軍士官学校」と同じくドナルド・クリスプ氏が監督した映画である。主役は「ドラモンド大尉」「大学行進曲」のロッド・ラ・ロック氏で、「ガウチョウ」「狼の唄」のルーペ・ヴェレス嬢が相手役を演ずるが、そのほか「中華街の夜」のワーナー・オーランド氏が重要な役を演じているのを初めとし「ウィリー・リバー」のルイ・ナトー氏、「サブマリン」のクラレンス・バートン氏、等も出演している。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
ロッド・ラロック ルーペ・ヴェレス ワーナー・オーランド ルイ・ナトー

大学行進曲

  • 1928年
  • 出演(Jaume_Alvarado_Montez 役)

ヘクター・ターンブル氏の制作した映画で、「学窓の思い出」「恋の修羅城」等と同じくロッド・ラ・ロック氏の主演するものである。オーウェン・デイヴィス氏の舞台劇に基づき、ジョージ・ドロムゴールド氏が脚色を施し、「恋に身を焼く」「長恨悲歌」等と同じくエドワード・H・グリフィス氏が監督した。ラ・ロック氏の相手役は新進ジャネット・ロフ嬢で、弥次喜多物でお馴染みのトム・ケネディー氏、ヒュー・アラン氏、ジョセフ・カウソーン氏、ローレンス・グラント氏等が助演する。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ロッド・ラロック ジャネット・ロフ ヒュー・アラン ジョセフ・カウソーン
1927年

復活(1927)

  • 1927年
  • 出演(Dmitri_Nekhludof 役)

トルストイの有名な小説『復活』を映画化したもので、エドウイン・カリュー氏がト翁の嗣子カウント・イリヤ・トルストイ伯爵と共同で改作し更にファイニス・フォックス氏で脚色した台本によって、「謎の刺青」「街のマドンナ」等と同じくエドウイン・カリュー氏が監督製作した。主役は「夜のニューヨーク」「霊魂の叫び」等出演のロッド・ラ・ロック氏と「謎の刺青」出演のドロレス・デル・リオ嬢とで、マーク・マクダーモット氏、ルイシ・ポーモン嬢、クラリッサ・セルウイン嬢、及びトルストイ伯が助演している。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ロッド・ラロック ドロレス・デル・リオ マーク・マクダーモット ルーシー・ボーモン
1926年

殺人倶楽部

  • 1926年
  • 出演(Alan_Beckwith 役)

「突撃」「ドラモンド大尉」のロッド・ラ・ロック氏が主演する映画でオクタヴァス・ロイ・コーエン氏原作の小説から「破戒」「キング・オブ・キングス」のジェニー・マクファーソン女史と「通り魔」「暗黒街のローマンス」のダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、「クリスティナ」「大河の奇賊」のウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので主演者のほかに「鐵假面」のマーゲリット・ド・ラモット嬢、「黄金の世界へ」のジョージ・クーパー氏、「思い出」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「黒時計聯隊」のウォルター・ロング氏、「愛すればこそ(1929)」のレイ・ホーラー氏等出演、キャメラは「クリスティナ」「ヨーロッパ突進」のルシエン・アンドリオ氏が担任。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ロッド・ラロック マーゲリット・ド・ラ・モット レイ・ホーラー グスタフ・フォン・セイファーティッツ

学窓の思い出

  • 1926年
  • 出演(Braveheart 役)

ウィリアム・C・デミル氏作の舞台劇を映画化したものでメアリー・オハラ女史が脚色し俳優たりしアラン・ヘールが第2回作品として監督した。主役は「復活(1927)」「恋の修羅城」等主演のロッド・ラ・ロック氏で、相手役は「爆笑七日間」「金色の寝床」等出演のリリアン・リッチ嬢で、ロバート・エディソン氏、タイロン・パワー氏、アーサー・ハウスマン氏、ジーン・アッカー氏が助演している。

監督
アラン・ヘイル
出演キャスト
ロッド・ラロック リリアン・リッチ ロバート・エディソン アーサー・ハウスマン
1925年

勝利者(1925)

  • 1925年
  • 出演(King_Garnet 役)

「十誡(1923)」に続くセシル・B・デミル氏の監督作品で、原作はサタデイ・イヴニングポースト誌上に連載されたメイ・エジントン女史の小説、これを例のジャニー・マクファースン女史が脚色したもので、主役は「十誡(1923)」現代篇と同じくリートリス・ジョーイ嬢とロッド・ラ・ロック氏、それにハンガリー生れの新進俳優ヴィクター・ヴァルコニ氏が加わり、その他贅澤なオール・スター・キャストである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ チャールズ・オーグル

恋の修羅城

  • 1925年
  • 出演(Amos_Burden 役)

ウィリアム・ジエー・ロック氏作の小説を映画化したもおでジェームズ・クリールマン氏とギヤレット・フォード氏とが脚色し「死線に立つ」「鉄拳乱舞」等と同じくポール・H・スローン氏が監督した。主役は「復活(1927)」「霊魂の叫び」等出演のロッド・ラ・ロック氏で、対手役は「昨日への道」「東へ向く三つの顔」等出演のジエツタ・グーダル嬢と「滅び行く民族」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のノア・ピアリー氏が勤め、アーサー・ホイト氏、クラレンス・バートン氏等が助演している。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ロッド・ラロック ジェッタ・グーダル ノア・ビアリー リチャード・カール

お転婆スーザン

  • 1925年
  • 出演(Tod_Waterhury 役)

リバーティー・マガジンに発表されたスチュアート・M・エメリー氏作の短編小説を映画化したものでトム・ジェラティー氏が脚色し「弥次喜多従軍記」「愛の凱歌」と同じくエドワード・サザーランド氏が監督した。主役は「爪磨きの娘」「結びの神も思案投首」等主演のビービー・ダニエルス嬢で、対手役は「夜のニューヨーク」「金色の寝床」等出演のロッド・ラ・ロック氏が演じ、ジャック・ケーン氏、ミルドレッド・ライアン嬢、ラッセル・メドクロフト氏、ヘンリー・スティーブンソン氏、アイヴァン・シンプソン氏等が助演している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ロッド・ラロック ヘンリー・スティーブンソン ジャック・ケーン
1924年

霊魂の叫び

  • 1924年
  • 出演(Kerry_Harlan 役)

「勝利者(1925)」に続くセシル・B・デミル氏監督作品で、マーガレッタ・タットゥル女史作の小説からビューラー・マリー・ディックス女史とバートラム・ミルハウザー氏と脚色した。主役は「十誡(1923)」「勝利者(1925)」等出演のロッド・ラ・ロック氏と「放埓娘」に出演し今回ドミル氏によって初めて大役を振られたヴェラ・レイノルヅ嬢で、その他「勝利者(1925)」に出演したジュリア・フェイ嬢、セオドア・コスロフ氏ヴィクター・ヴァルコニ氏等及びリカルド・コルテス氏が助演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ リカルド・コルテス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロッド・ラロック

ムービーウォーカー 上へ戻る