映画-Movie Walker > 人物を探す > スタンリー・ブライストン

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1937年 まで合計8映画作品)

1937年

海の巨人(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Doorman 役)

「男の敵」のヴィクター・マクラグレン及びプレストン・フォスター、「科学者の道」のドナルド・ウッズ、「歌へ陽気に」のアイダ・ルビーノが競演する映画で、「太平洋横断」のフランク・ウィードが自らの現行を「愛の弾丸」のジョン・ツウィストと協力脚色し、「頓間パルーカ」のベン・ストロフが監督し、「世界の歌姫」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演者は「小公子」のヘレン・フリント、「青春の抗議」のピエール・ワトキン、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル等である。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン プレストン・フォスター ドナルド・ウッズ アイダ・ルピノ

武器密輸船

  • 1937年当年公開
  • 出演(Peterson 役)

「ギャング爆発」「仮面の人(1937)」と同じくジョージ・オブライエン主演する映画で、前者と同じくユーイング・スコットが監督に当たったもの。ストーリーはラウール・ヘイグ少佐が書き下ろし、右記2映画に協力したダイン・ジャーレットがジェームズ・グルーエンと協力脚色した。助演者は新顔のコンスタンス・ワース、「鉄人対巨人」「銀翼の戦慄」のウィリアム・ホール、「フランケンシュタインの花嫁」のゲビン・ゴードン、ブランドン・イバンス、スタンリー・ブライストン等で、撮影は「ギャング爆撃」「仮面の人(1937)」のフランク・B・グッドの担任である。

監督
ユーイング・スコット
出演キャスト
ジョージ・オブライエン コンスタンス・ウォース ウィリアム・ホール ブランドン・エヴァンス
1936年

当たり屋勘太

  • 1936年当年公開
  • 出演(Miller 役)

サミュエル・ゴールドウィン製作、エディ・キャンター主演のミュージカル映画で、「オペラ・ハット」と同じくクレアランス・バディントン・レランドの小説を基に、「1936年の大放送」「カレッジ・リズム」のノーマン・タウログが監督した。改作と脚本は「ロイドの牛乳屋」のフランク・バトラーが「ヒョットコ六人組」「南瓜とお姫様」のウォルター・デレオン、「ミシシッピ」「カレッジ・リズム」のフランシス・マーティンと協力して書いた。共演は「海は桃色」「百万弗小僧」のエセル・マーマン、ラジオの芸人ハリー・パークを始めとして「ボレロ」のウィリアム・フローリー、「Gウーマン」「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、ヘレン・ロウェル、ゴードン・ジョーンズ、シドニー・H・フィールズ、ジャック・ラルー、リタ・リオなど。撮影は「昨日」のメリット・ガースタッドが主として当たり、舞踏場面だけを「結婚の夜」「噫無情」のグレッグ・トーランドが主として担任した。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
エディ・キャンター エセル・マーマン サリー・アイラース ハリー・パーク
1935年

三銃士(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Villand 役)

「巌窟王(1934)」と同じくローランド・V・リーが監督に当たったアレクサンドル・デュマ作小説の映画化で、脚色には「男の敵」「十字軍」のダドリー・ニコルズが「巌窟王(1934)」を共同脚色した監督リーと協力して当たった。主役は劇界から招かれたウォルター・エイベルが勤め、三銃士には「泉」「若草物語(1933)」のポール・ルーカス、「わが心の灯」のオンスロー・スティーヴンス及び舞台から来たモローニ・オルセンが扮し、「男の敵」のマーゴット・グラハム及びヘザー・エンジェル、「十字軍」のアイアン・キース、舞台女優ロザモン・パンショー、「泉」のラルフ・フォーブス、「麦秋」のジョン・クェーレン、マレイ・キンネル、ラムスデン・ヘーア、ナイジェル・ド・ブルリエ、マイルス・マンダー等が助演している。キャメラは「巌窟王(1934)」のペヴァレル・マーレーが、音楽は「男の敵」「虚栄の市(1935)」のマックス・スタイナーがそれぞれ担当し、追い掛け場面の監督は西部劇監督オットー・ブラワーが受け持ったものである。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ウォルター・エイベル ポール・ルーカス マーゴット・グラハム ヘザー・エンジェル
1929年

疑惑晴れて

  • 1929年当年公開
  • 出演(3rd_Reporter 役)

「母ぞよく知る」「港々の女難想」のジョン・ジー・ブライストーン氏監督によるオール・トーキーで、ミルトン・H・グロッパー氏とエドナ・シェリー女史とが合作した戯曲を映画化したものである。主役を演ずるのは、「懐しのアリゾナ」で共演したエドモンド・ロウ、ワーナー・バクスターの2氏、それから曾て「水陸狂走楽」に出演し近くは「四人の悪魔」「河(1928)」に出演したメアリー・ダンカン嬢、この3人であるが、それを助けてアール・フォックス氏、ナタリー・ムーアヘッド嬢、ドナルド・クリスプ嬢、等が出演している。キャメラは「第七天国(1927)」「街の天使」のアーネスト・パーマー氏の担任。エイ・エッチ・ヴァン・ビュレン氏が台詞を執筆し併せて舞台監督の任に当った。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
メアリー・ダンカン エドモンド・ロウ ワーナー・バクスター ナタリー・ムーアヘッド

西部鉄拳隊

  • 1929年当年公開
  • 出演(Burl_Edwards 役)

「騎士道華やかなりし頃」「風雲の天地」と同じくケン・メイナードが主演し、ハリー・J・ブラウンが監督した映画である。原作及び脚色はベネット・コーエン、カメラはテッド・マッコードの担任で、助演者はドロシー・ドワン、ハリー・トッド、フランク・ライス、アーニー・S・アダムス等。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ドゥワン ハリー・トッド フランク・ライス
1927年

ミックス曲馬大王

  • 1927年当年公開
  • 出演(Boss 役)

「古今無双の強者」「任侠の義人」等と同じくトム・ミックス氏主演西部劇で、ハロルド・シューメイト氏の原作をヤック・ジヤングマイヤー氏が脚色し、新進のナタリー・ジョイス嬢が勤め、ジャック・バストン氏、デューク・リー氏等が助演している曲馬団を背景とした喜活劇である。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
トム・ミックス ナタリー・ジョイス ジャック・バストン デューク・リー
1924年

猿公万歳

  • 1924年当年公開
  • 出演(Courtney_Lawson 役)

エドワード・モーラン氏が書き卸したものをリイズ・サイラー氏が監督製作した動物喜劇で、フォックス社インピリアル・コメディでお馴染みのマックス,モリッツ、ペップの猿優連が主演し「争闘の熱血」「ニューヨークの十字街」のジョージ・オハラ氏が特に出演している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
ジョージ・オハラ Nell Brantley スタンリー・ブライストン ダン・メーソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スタンリー・ブライストン