映画-Movie Walker > 人物を探す > ダイアン・クレア

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1966年 まで合計4映画作品)

1966年

吸血ゾンビ

  • 1966年6月30日(木)公開
  • 出演(Sylvia 役)

ジョン・エルダーの脚本を、「オドンゴ」のジョン・ギリングが監督した恐怖映画。撮影はアーサー・グラント、音楽はジェームズ・バーナードが担当した。出演は「戦場にかける橋」のアンドレ・モレル、ダイアン・クレア、ジョン・カーソンほか。製作はアンソニー・ネルソン・キース。

監督
ジョン・ギリング
出演キャスト
アンドレ・モレル ダイアン・クレア ジョン・カーソン Fruk Williams
1962年

汚れなき瞳

  • 1962年12月6日(木)公開
  • 出演(Miss Lodge 役)

農家の納屋にひそんだ殺人犯と、彼が洩らした言葉を勘違いして彼をイエス・キリストの再来だと思いこんだ純心無垢な子どもたちの心を描いたもの。ジョン・ミルズ夫人で主演のヘイリー・ミルズの母親でもある劇作家メアリー・ヘイリー・ベルの小説をもとに、「或る種の愛情」のコンビ、キース・ウォーターハウスとウィリス・ホールが共同脚色し、俳優・脚本家で「紳士同盟」のブライアン・フォーブスが初めて演出を担当した。撮影はアーサー・イベットソン、製作はリチャード・アッテンボロー。出演者は「罠にかかったパパとママ」のヘイリー・ミルズ、舞台出身で「激戦ダンケルク」のバーナード・リー、「或る種の愛情」のアラン・ベイツ、「紳士同盟」のリチャード・アッテンボロー、ほかに子役のアラン・バーンズ少年やダイアン・ホルゲートなど。

監督
ブライアン・フォーブス
出演キャスト
ヘイリー・ミルズ ダイアン・ホルゲート アラン・バーンズ Roy Holder
1961年

野郎ぶっ飛ばせ

  • 1961年4月15日(土)公開
  • 出演(Pamela 役)

自動車レースのスリルを描いた英国のマイケル・フォーロング監督作。ジョン・クレアリーが原作・脚色を担当し、撮影にあったのはジョフリー・フェイスフル。音楽をケン・ジョーンズが受けもった。テクニカル・スタッフは英国映画の人材が登用されている。出演するのは「怪獣ゴルゴ」のビル・トラヴァース、「拳銃の報酬」のエド・ベグリーなど。製作はチャールズ・フランシス・ベター。

監督
マイケル・フォーロング
出演キャスト
ビル・トラヴァース エド・ベグリー シドニー・ジェームズ ナンシー・ウォルター
1959年

恐怖の砂

  • 1959年2月14日(土)公開
  • 出演(Sister Denise Norton 役)

クリストファー・ランドンの体験にもとづく小説を舞台演出から転じた新人J・リー・トンプソンが監督映画化した戦争映画。脚色は原作者とT・J・モリスンの共同。撮影を「思春期の感情」のギルバート・テイラー、音楽をレイトン・ルーカスが担当している。出演者は「激戦ダンケルク」のジョン・ミルズ、「美わしのロザリンダ」のアンソニー・クェイル、新人シルヴィア・シムズ、ダイアン・クレア、ハリー・アンドリュース等。製作W・A・ウィッテイカー。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
ジョン・ミルズ シルヴィア・シムズ アンソニー・クェイル ハリー・アンドリュース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダイアン・クレア