映画-Movie Walker > 人物を探す > オーエン・ムーア

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1937年 まで合計19映画作品)

1937年

スタア誕生(1937)

  • 1937年公開
  • 出演(Casey_Burke 役)

「沙漠の花園」に次いでデイヴィッド・O・セルズニックが制作したテクニカラー映画で、色彩デザインもカメラも「沙漠の花園」同様L・C・ホルデンおよびハワード・グリーンがそれぞれ担当した。主演は「四つの恋愛」「小都会の女」のジャネット・ゲイナーと「復活(1934)」「ダアク・エンゼル(1935)」のフレドリック・マーチで、「オーケストラの少女」「銀盤の女王」のアドルフ・マンジュウ、「妻と女秘書」のメイ・ロブソン、「オペラ・ハット」のライオネル・スタンダー「ビック・ゲーム」のアンディ・ディバイン、新顔のエリザベス・ジェンス等が助演している。監督は「小都会の女」「ロビンフッドの復讐」のウィリアム・A・ウェルマンで、ストーリーはウェルマンがロバート・カースンと共作し、脚本はカースンがドロシー・パーカー、アラン・キャンベルと協力して書いた。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー フレドリック・マーチ アドルフ・マンジュウ メイ・ロブソン
1933年

あたしは別よ

  • 1933年公開
  • 出演(Chick 役)

「妾は天使じゃない」「罪じゃないわよ」に先じて製作されたメイ・ウェスト主演映画で、原作はメイ・ウェスト。「恐怖の甲板」のハーヴェイ・シュウと「百万円貰ったら」のジョン・ブライトが共同脚色、「キャバレエの鍵穴」「勝利の朝」の故ローウェル・シャーマンが監督に当たり、「ゆりかごの唄」「戦場よりさらば」のチャールズ・ラングが撮影した。共演者はケーリー・グラント、「三日姫君」「ミス・ダイナマイト」のギルバート・ローランド、「カンターの闘牛師」のノア・ビアリー、オーエン・ムーア、デイヴィッド・ランドー、ラファエラ・オッティアノ、ロチェル・ハドスンなど。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
メイ・ウェスト ケーリー・グラント ギルバート・ローランド ノア・ビアリー
1932年

お気に召すまま(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Tony 役)

「スザン・レノックス」「マタ・ハリ」に次ぐグレタ・ガルボ主演映画で、イタリア文豪ルイジ・ピランデルロ作の戯曲のトーキー化である。「インスピレーション」「ブロードウェイの西」のジーン・マーキーが改作して詞を書き、「マタ・ハリ」「国際盗賊ホテル」のジョージ・フィッツモーリスが監督に当たり、「マタ・ハリ」「スザン・レノックス」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「翼破れて」のメルヴィン・ダグラス、「グレイト・ガッポ」「スパイ(1930)」のエリッヒ・フォン・シュトロハイム、「陽気な後家さん」「影を持つ女」のオーエン・ムーア、「青空狂想曲」「ブロードウェイの西」のヘッダ・ホッパー、「紳士酒場」のウィリアム・リシャルディ、ラファエラ・オッティアノ、アルバート・コンティ等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
グレタ・ガルボ メルヴィン・ダグラス エリッヒ・フォン・シュトロハイム オーエン・ムーア
1931年

影を持つ女

  • 1931年公開
  • 出演(Steve_Pelton 役)

「二つの顔(1930)」「海の巨人(1930)」のジョーン・ベネットと「摩天楼の悲劇」「罪は若きにあり」のハーディー・オルブライトが主演する映画で「速成成金」のコートネー・ターレットと「盗まれた接吻」のフィリップ・クラインが共同して書き下ろした脚本により「娘三人記」のシドニー・ランフィールドが監督し、「罪は若きにあり」「女性に捧ぐ」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「陽気な後家さん」「法の外(1930)」のオーエン・ムーア、「愉快な武士道」「肉と霊」のマーナ・ローイ、C・ヘンリー・ゴードン、ダグラス・コスグローヴ、ジョージ・ラフト等である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ジョーン・ベネット ハーディー・オルブライト オーエン・ムーア マーナ・ローイ
1930年

法の外(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Fingers_O'Dell 役)

M.G.M 社で「見世物」「知られぬ人」その他を作ったトッド・ブラウニングがユニヴァーサル社へ復帰後の第1回監督作品で原作は自身の筆になり、脚色及び台詞は氏と「喝采」「女は嘘つき」のギャレット・フォートが共同であたった。主なる出演者は「妻呼ぶ怒涛」「ソレルとその子」のメアリー・ノーラン、「黒い鳥」「導火線」のマット・ムーア、「夜襲」のエドワード・G・ロビンソン、幼年俳優デルマー・ワトソン、「疑惑の渦」のロックリフ・フェローズ、デウィット・ジェニングス。カメラは、「恋の行末」のロイ・オヴァボーが担任している。ちなみにこのストーリーは同一監督により1921年にも映画化されたことがあった。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
メアリー・ノーラン エドワード・G・ロビンソン オーエン・ムーア Edwin Sturgis

陽気な後家さん

  • 1930年公開
  • 出演(Gerry 役)

「トレスパサー」につぐグロリア・スワンソンの主演映画。ストーリーは「船出の朝」のジョセフィン・ラヴェットの筆になるものでそれをジェームズ・グリースンとジェームズ・シーモアが協力して脚本にまとめ上げ台詞を付し「鉄仮面」「南海のバラ」のアラン・ドワンが監督にアたった。助演者は「法の外(1930)」「導火線」のオーエン・ムーア、「滅び行く凱歌」「間諜X27」のルー・コディー、「七つの鍵」のマーガレット・リヴィングストン、ウィリアム・ホールデンその他でカメラは「怪紳士」「曳かれゆく男」のジョージ・バーンズが担任。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
グロリア・スワンソン オーエン・ムーア ルー・コディ マーガレット・リヴィングストン
1929年

導火線(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Dennis_O'Farrell 役)

「カナリヤ殺人事件」「艦隊入港」のマルコム・セント・クレアしがR・K・O社へ入社第一回作品で、同氏と「海の野獣」に出演のジョージ・オーハラ氏とがストリーを合作し「ボー・ジェスト(1927)」「神我に二十銭を賜う」のジョン・ラッセル氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「マンダレイの道」のオーウェン・ムーア氏「コケット」のマット・ムーア氏「シンデレラ物語」のトム・ムーア氏の3兄弟、ほかに「拳闘修羅士」のキャサリーン・ペリイ嬢、フランク・シュリダン氏、エマ・ダン夫人、アーサー・ハウスマン氏、ミルドレッド・ハリス嬢等が出演している。キャメラは「フラ」のウィリアム・C・マーシャル氏とニコラス・ミュスラカ氏が担任。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
トム・ムーア マット・ムーア オーエン・ムーア キャサリン・ペリー
1926年

黒い鳥

  • 1926年公開
  • 出演(English_Eddy 役)

「マンダレイの道」「三人」「知られぬ人」と同じくロン・チャニー氏主演、トッド・ブラウニング氏監督というチェニー、ブラウニングの組合せに成った映画である。原作はブラウニング氏が自身書卸したもので、それをウォルデマー・ヤング氏が脚色した。主役チェニー氏を助けて「ミスター・ウー」「ミシガン小僧」のルネ・アドレー嬢と「マンダレイの道」のオーエン・ムーア氏とが出演するほか、「生娘二人入用」のドリス・ロイド嬢、アンディ・マクレナン氏、エリック・メイン氏、等も顔を見せている。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー オーエン・ムーア ルネ・アドレー ドリス・ロイド

マンダレイの道

  • 1926年公開
  • 出演(The_Admiral 役)

「殴られる彼奴」「オペラの怪人(1925)」等主演のロン・チヤニー氏主演映画で「二国旗の下」「ホワイト・タイガー」と同じくトッド・ブラウニング氏が監督したもので、ブラウニング氏自ら、ハーマン・J・マンキーウィッツ氏と共作した物語をエリオット・タロウソン氏が脚色した。チヤニー氏を助けて「神我に二十銭を賜う」「悲恋の楽聖」等出演のロイス・モーラン嬢、オウエン・ムーア氏、ヘンリー・ピー・ウオルソーン氏、上山草人氏、ジョン・ジョージ氏等が出演している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー ロイス・モラン オーエン・ムーア ヘンリー・B・ウォルソール
1925年

火焔を潜りて

  • 1925年公開
  • 出演(Cal_Thurman 役)

お馴染みの西部物語作者ゼーン・グレイ氏の小説をルシエン・ハバード氏が脚色し「迸る魂」等と同じくウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので「黄金の誘惑」のオーエン・ムーア氏、「鵞鳥を飼う女」のコンスタンス・ベネット嬢、「虚栄の市(1923)」のメーベル・ボーリン嬢、「美人貧客」のデイヴィッド・バトラー氏等が競演し、チャールズ・オーグル氏、フランキー・リー君等も出演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
オーエン・ムーア コンスタンス・ベネット メーベル・ボーリン チャールズ・オーグル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オーエン・ムーア