映画-Movie Walker > 人物を探す > メイベル・ノーマンド

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1970年 まで合計8映画作品)

1970年

喜劇王チャップリン

  • 1970年8月11日公開
  • 出演

映画史上、最高最大の喜劇役者チャールズ・チャップリンの足跡を、その作品を折りまぜて編集したもので、1人の芸術家と、その社会的背景の歴史を描いたものである。脚本・監督はバーノン・P・ベッカー、音楽はアルバート・ヘイグが担当した。出演はチャップリンのほかに、ロスコー・アーバックル、シドニー・チャップリン、チェスター・コンクリン、マリー・ドレッスラーらのなつかしいフィルム。ナレーションはダグラス・フェアバンクス・ジュニア。日本語版の説明は牧野周一が担当した。製作は脚本・監督のバーノン・P・ベッカーとメル・メイ。なお製作顧問に往年のコメディアンでチャップリン映画のスタッフでもあったエドワード・A・サザーランド、イギリスの映画評論家ウィリアム・K・エバーソンほか2人。なお、この映画で出てくるチャップリン作品は次の通り。「チャップリンの寄席見物」「成功争い」「ベニスの子供自動車競争」「雨のおかげ」「メイベル自動車の巻」「キャバレーご難の巻」「チャップリンとパン屋」「メイベルの結婚生活」「仮装舞踏会」「雨夫婦」「醜女の深情」「有史以前の過去」「チャップリンの役者」「チャップリンの駈落ち」「チャップリンの悔恨」「アルコール先生夜通し転宅」「チャップリンの放浪者」「三つどもえ事件」「チャップリンのスケート」「チャップリンの移民」「チャップリンの勇敢」「ザ・ボンド」。

監督
バーノン・P・ベッカー
出演キャスト
チャールズ・チャップリン ロスコー・アーバックル シドニー・チャップリン チェスター・コンクリン
1961年

喜劇の王様たち

  • 1961年12月17日公開
  • 出演

昨年公開された「喜劇の黄金時代」と同傾向のサイレント・コメディ抜粋映画。アメリカのプロデューサー、ロバート・ヤングソンが、ハリウッドで往年に全盛をきわめた、スラップスチック・コメディ映画の数々を集めて、再編集したもの。初期1914年のマック・センネットの製作になるものからサイレント時代の幕が降りかけている1928年のハル・ローチ・プロのものに至まで2500巻ものフィルムの中から選び出している。まず、チャップリンがマック・セーネットの下でデビューした当時の作品が3本紹介される。チェスター・コンクリンとの共演の“A Film Johnny”明眸といわれたメイベル・ノーマンドとの共演作品His Trysting Place プロペラ自動車の登場するA Gentleman of Never など。続いては、ファティ(でぶ)の愛称で知られたロスコー・アーバックルとノーマンドとが活躍する、“Fatty and Mabel Adrift”グロリア・スワンソンがウォーレス・ビアリーとの共演で大活劇を演じる“Teddy at the Throttle”など。次はハリー・ラングドンが妖艶さをうたわれたマデリン・ハーロックそのほかとともに名演を見せる作品と20年代に全盛を誇ったハル・ローチ喜劇の代表的なもの2作が続いて紹介される。スナップ・ポラード主演の“It's a Gift”エドガー・ケネディ主演のアイスクリーム騒動珍談“A Pair of Tights”ここでキートンも登場してキーストン・コップス(警官隊)をほんろうする。ほかにやぶにらみの珍優ベン・ターピンのアラスカもの、ビリー・ビーバンの演じる独創的なギャグの数々が紹介される。最後は極楽コンビで知られたローレル=ハーディの登場する“A Big Business”

出演キャスト
チャールズ・チャップリン メイベル・ノーマンド ロスコー・アーバックル グロリア・スワンソン
1923年

スザンナ

  • 1923年公開
  • 出演(Suzanna 役)

「モリー・オー」に次いで製作されたメイベル・ノーマンド嬢の主演マック・セネット映画で、ユナイテッド・アーティスツ社の姉妹会社アライド製作発売会社から発売されたもので。リントン・ウェルス氏の小説家ら脚色されたものでF・リチャード・ジョーンズ氏の監督に成ったものである。ジョージ・ニコルズ氏、レオン・バリー氏等も出演している。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
メイベル・ノーマンド ジョージ・ニコルズ ウォルター・マッグレイル Evelyn Sherman

臨時雇の娘

  • 1923年公開
  • 出演(Sue_Graham 役)

メイベル・ノーマンドが久振しりで主演した人情喜劇で、マック・セネットが原作を書き、「ミッキー」以来のノーマンドの監督として名声あるF・リチャード・ジョーンズがやはり監督の任に当たった。ノーマンドの対手には「世界を敵として」「放埒娘」等出演のラルフ・グレイヴス、「危険なる処女時代」等出演のジョージ・ニコルズが出演する。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
メイベル・ノーマンド ジョージ・ニコルズ Anna Hernandez ヴァーノン・デント
1921年

モリー・オー

  • 1921年公開
  • 出演(Molly_O 役)

マック・セネットの元に帰ったメイベル・ノーマンドが「ミッキー」以来の作品として素晴らしい意気込みで作った喜活劇。相手はおなじみのジャック・マルホールである。セネットは自ら原作を書きF・リチャード・ジョーンズが監督の任にあたった。筋に織り込まれた劇味はくめどもつきぬ豊かなものである。壮大を極めた仮面舞踏会や、最後に悪人がモリーを飛行船で誘拐するのをジョンが飛行機で追跡し、空中で大活劇を演じるあたりはいままでにない大仕かけなものだそうである。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
メイベル・ノーマンド ジョージ・ニコルズ Anna Hernandez アルバート・ハケット
1920年

痩せ姫君

  • 1920年公開
  • 出演(Karola 役)

ジョージ・エイド氏原作の喜劇で之をヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督し、メイベル・ノーマンド嬢を主役として製作した奇抜なファース・コメディーで、タリー・マーシャル氏と、ヒュー・トンプソン氏が相手である。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
メイベル・ノーマンド ヒュー・トンプソン タリー・マーシャル ラス・パウエル
1919年

階上

  • 1919年公開
  • 出演(E sie_MacFarland 役)

パーレー・プーア・シーハン原作、ヴィクター・シェルツィンゲル監督の人情喜劇で、メイベル・ノーマンドとカレン・ランディスの共演であることは「ピントー」と同じである。そのほかエドウィン・スティーヴンスも出演する。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
メイベル・ノーマンド カレン・ランディス ハラム・クーリー エドウィン・スティーヴンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メイベル・ノーマンド