映画-Movie Walker > 人物を探す > リリアン・ボンド

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1951年 まで合計13映画作品)

1951年

西部の男

  • 1951年1月11日公開
  • 出演(Lily_Langtry 役)

製作は「我等の生涯の最良の年」「虹を掴む男」のサミュエル・ゴールドウィン、監督は「我等の生涯の最良の年」「女相続人」「月光の女」のウィリアム・ワイラーで、このコンビが「嵐ケ丘」に次いで発表した1940年製作の西部劇である。スチュアート・N・レイクのストーリーを「打撃王」「救命艇」のジョー・スワーリングと「追跡(1947)」「白昼の決闘」のナイヴン・ブッシュが協同脚色した。撮影は「嵐ケ丘」「我等の生涯の最良の年」の故グレッド・トーランド、音楽は「疑惑の影」「ラッキー・パートナー」のディミトリ・ティオムキン。「打撃王」「ヨーク軍曹」のゲイリー・クーパーが主演し、「打撃王」「ヨーク軍曹」のウォルター・ブレナン(本作品によりアカデミー助演賞を獲得)、「西部の裁き」のフォレスト・タッカー、「秘境」のトム・タイラー、「ママの新婚旅行」のチル・ウィルス以下ドリス・ダヴェンポート、リリアン・ボンドらが助演する他、「海の呼ぶ声」「哀しみの恋」のダナ・アンドリュースも出演している。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ウォルター・ブレナン フレッド・ストーン ドリス・ダヴェンポート
1949年

ドリアン・グレイの肖像

  • 1949年5月公開
  • 出演(Kate 役)

オスカー・ワイルドの小説の映画化で、プロデューサーとして脚本家として名あるアルバート・リューインが脚色監督した1945年作品。出演者は「謎の下宿人」「激闘」のジョージ・サンダース、ドリアン・グレイ役に抜てきされた新人ハード・ハットフィールド「大地は怒る」のドナ・リード「ガス燈」のアンジェラ・ランズベリー「嘘つきお嬢さん」のピーター・ローフォード「浮世はなれて」リチャード・フレイザー、ローウェル・ギルモア、ダグラス・ウォルトン等で、撮影は「愛の調べ」「町の人気者」のハリー・ストラドリングが監督した。

監督
アルバート・リュイン
出演キャスト
ジョージ・サンダース ハード・ハットフィールド ドナ・リード アンジェラ・ランズベリー
1935年

支那海

  • 1935年公開
  • 出演(Mrs.Timmons 役)

「結婚十分前」「或夜の特殊」のクラーク・ゲーブルと「わたし純なのよ」「春の火遊び」のジーン・ハーロウ、「奇傑パンチョ」「曲芸団」のウォーレス・ビアリイの3人が主演する映画で、クロスビー・ガースティンの原作から「爆弾の頬紅」のジュールス・ファースマンと「類猿人ターザン・復讐編」のジェームズ・ケヴン・マッギネスとが脚色し、「SOS氷山」「海の荒鷲(1933)」のテイ・ガーネットが監督した。撮影は「スピード花嫁」「宝島(1934)」のレイ・ジョーンである。3人の主演を助けて「宝島(1934)」のルイス・ストーン「悪夢」のロザリンド・ラッセル、「キャラバン」のダッドリー・ディグス、「ベンガルの槍騎兵」のC・オーブレイ・スミス、「舗道」のリリアン・ボンドを初めロバート・ベンチレー等が出演している。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ジーン・ハーロウ ウォーレス・ビアリー ルイス・ストーン

脱線僧正

  • 1935年公開
  • 出演(Mrs._Waller 役)

「晩春」「孤児ダビド物語」のモーリン・オサリヴァン、英国劇界並びに映画界に名あるエドモンド・グウェン、「あめりか祭」のノーマン・フォスターが共演する映画で、フレデリック・ジェクスン作の舞台劇をジョージ・オーアバックが改作し、「ピストルと音楽」のレオン・ゴードンが脚色し、「アトランチック」のE・A・デュポンが監督に当たり、「生活と恋愛」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演者は舞台から来たルシル・ワトソン、「野性の叫び(1935)」のレジナルド・オーウェン、「支那海」のダッドリー・ディグズ、「愛と光」のアーサー・トリーチャー、「ドン・ファン」のメルヴィル・クーパー、「当たって砕けろ」のリリアン・ボンドその他である。

監督
E・A・デュポン
出演キャスト
モーリン・オサリヴァン エドモンド・グウェン ルシル・ワトソン レジナルド・オーウェン
1933年

当たって砕けろ(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Thelma 役)

「月の宮殿」のローレンス・シュウォブ監督作品で、「月の宮殿」の原作者モンテ・ブライスと共同監督した。原作は、両者が「妾の弱点」のバディー・デスルヴァと共作したブロードウェイで大当たりしたミュージカル・コメディー。出演は「419号室の女」「僕らの天下」のジェームズ・ダン、舞台でも同じ役を演じたジューン・ナイト、「友情の曲線」のチャールズ・バディー・ロジャース、「けだもの組合」のリリアン・ロス、「快走艇」のクリフ・エドワーズ、「七月の肌着」のリリアン・ボンド、「頓珍漢嫁探し」のドロシー・リー、ロバート・グレックラーなどで、撮影は「わがまま者」のウィリアム・スタイナーが担当。

監督
ローレンス・シュウォブ モンテ・ブライス
出演キャスト
ジェームズ・ダン クリフ・エドワーズ ジューン・ナイト リリアン・ロス

ホット・ペッパー

  • 1933年公開
  • 出演(Hortense 役)

「薮睨みの世界」「各国の女」「謎の真空管」と同じくエドモンド・ロウ、ヴィクター・マクラグレン共作喜劇で、「大海の底」「野蛮な紳士」の脚色者ダドリー・ニコルズが書き下ろした台本により、「懐かしの谷」「赤道を泳ぐ女」のジョン・G・ブライストーンが監督したもの。なお台詞は「街の娘」「チャンドウ」その他の共同脚色者バリー・コナーズ、フィリップ・クラインが共同執筆し、撮影には「マダム行状記」「アナベル情事」のチャールズ・G・クラークが当たった。助演者は「コンゴ」「キューバの恋唄」のルーペ・ヴェレスを始め、「各国の女」「デリシアス」のエル・ブレンデル、「魔の家(1932)」「大空の闘士」のリリアン・ボンド、「テキサス無頼漢」のブース・ハワード等である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴィクター・マクラグレン ルーペ・ヴェレス エル・ブレンデル

舗道

  • 1933年公開
  • 出演(Muriel_Stevens 役)

「お蝶夫人」「鉄窓と花束」と同じくマリオン・ガーリングが監督し、シルヴィア・シドニーが主演する映画で、「バッド・ガール」の原作者ヴィニャ・デルマーの原作をシドニー・ラザラスが改作し、「ブロンド・ヴィナス」「未亡人倶楽部」のS・K・ローレンと「六月十三日の夜」「空の花嫁」のアグネス・プランド・リーが共同脚色している。シドニーと共に「紐育の仇討」「暗黒街の顔役(1932)」のジョージ・ラフトが主演し、「七月の肌着」「大空の闘士」のリリアン・ポンド、舞台俳優のウィリアム・ハリガン、「犯罪都市(1931)」のクラレンス・ウィルソン、ロバート・マクウェード、チャールズ・ミドルトン、パーネル・プラット等が助演している。キャメラは「お化け大統領」「ミラクルマン(1932)」のデイヴィッド・エイベルの担当。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ジョージ・ラフト リリアン・ボンド ウィリアム・ハリガン
1932年

大空の闘士

  • 1932年公開
  • 出演(Irene 役)

「大海の底」「河上の別荘」のジョン・フォードがユニヴァーサルのために監督した映画で、「大飛行船」「太平洋爆撃隊」のフランク・ウィードと「ボルネオの東」「蹴球大学」のデール・ヴァン・エヴァリーが共同で脚本を書き下ろし、「小間使(1931)」「モルグ街の殺人」のカール・フロイントが撮影を担当した。主演者は、「死の航空路」「夫を殺すまで」のパット・オブライエンと「真実の力」「素晴らしき嘘」のラルフ・ベラミィで、「死の拳銃狩」のラッセル・ホプトン、新人グロリア・スチュアート、「異国の母」のリリアン・ボンド、「西部のラスカ」のスリム・サマーヴィル、「天晴れウォング」のレスリー・フェントン、「愉快な武士道」のフランク・アルバートソン、「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドーが共演する。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ラルフ・ベラミー パット・オブライエン ラッセル・ホプトン スリム・サマーヴィル

七月の肌着

  • 1932年公開
  • 出演(Eva_Randolph 役)

「お蝶夫人」「ブロンド・ヴィナス」のケーリー・グラントと「紐育の仇討」「私の殺した男」のナンシー・キャロルが主演する映画で、「百万円貰ったら」「ふるさとの唄」のウィリアム・A・サイターが監督に当たった。原作はハーヴェイ・ファーガスンの小説で、「地下の雷鳴」のジョセフィン・ラヴェットと「天国爆撃隊」のジョセフ・モンキュア・マーチが改作し、「光に叛く者」「暁の偵察」のシートン・I・ミラーが脚色している。助演者は「白馬王国」「ふるさとの唄」のランドルフ・スコット「大空の闘士」のリリアン・ボンド、「拳骨大敵」のエドワード・ウッズ、グレイディ・サットン、オスカー・アッフェル等で、キャメラは「白馬大国」「タッチ・ダウン(1931)」のアーサー・L・トッドの兼任である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ケーリー・グラント ナンシー・キャロル ランドルフ・スコット エドワード・ウッズ

魔の家(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Gladys 役)

J・B・ブライストリーの小説をベン・レヴェイーが脚色、「ウォタルウ橋」のジェームズ・ホエールガ監督した映画で「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーノフ、メルヴィン・ッポンド、チャールズ・ロートン等が主演。カメラを「フランケンシュタイン(1931)」同様アーサー・エディソンがクランクしている。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
ボリス・カーロフ メルヴィン・ダグラス グロリア・スチュアート リリアン・ボンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リリアン・ボンド