映画-Movie Walker > 人物を探す > ホームズ・E・ハーバート

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1927年 まで合計6映画作品)

1927年

ミスター・ウー

  • 1927年公開
  • 出演(Mr._Gregory 役)

「故郷の土」「マンダレイの道」等と同じくロン・チャニー氏の主演する映画で、原作をヘンリー・モーリス・ヴァーノン氏とハロルド・オウェン氏との合作した舞台劇に仰ぎローナ・ムーン女史が台本を作り、それを「消防隊」と同じくウィリアム・ナイ氏が監督した。チャニー氏の相手役は、「ビッグ・バレド」「大自然を敵として」等出演のルネ・アドレー嬢と「ボー・ジェスト(1927)」出演のラルフ・フォーブス氏とで、そのほかルイズ・ドレッサー嬢、ガートルード・オルムステッド嬢、ホームズ・E・ハーバート氏、アンナ・メイ・ウォン嬢等が出演している。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
ロン・チャニー ルイズ・ドレッサー ルネ・アドレー ホームズ・E・ハーバート
1922年

女性の悩み

  • 1922年公開
  • 出演(John_Plummer 役)

アライド映画会社から発売されたアルビオン作品で、ナルブロ・バートリー氏の原作。チャールズ・ギブリン氏が監督したもの、主役は「懐かしの我家」出演し性格俳優として有名なメアリー・アルデン嬢である。その他ホームズ・E・ハーバート氏、ロッド・ラ・ロック氏、クレオ・マディソン嬢、J・バーニー・シェリー氏等の腕利きが出演していて、家庭教訓劇として近頃の女権論者に一矢酬いたる興味ある物語である。

監督
チャールズ・ギブリン
出演キャスト
メアリー・アルデン Louise Lee Dorthy Markail ホームズ・E・ハーバート
1921年

雁(1921)

  • 1921年公開
  • 出演(Frank_Manners 役)

「扉の後」などの原作者ガヴァナー・モリスの原作をドナー・ダーレルが脚色し、アルバート・カペラーニが監督した社会劇で、主役は「三銃士(1921)」で久しぶりに紹介されたメアリー・マクラレン。ホームズ・イー・ハーバートが相手役をつとめている。

監督
アルベール・カペラニ
出演キャスト
メアリー・マクラレン Rita Rogan ホームズ・E・ハーバート D. J. Flanagan
1920年

家治まりぬ

  • 1920年公開
  • 出演(Filmer_Jesson 役)

「ミッド・チャンネル」「夫の真相」などの原著者なる英国の戯曲家アーサー・ウィング・ピネロ卿の舞台劇から、ヒュー・フォードが脚色および監督した映画で、主役は最近「強者の暴力」「疑問の女」などに出演したエルシー・ファーガスンである。ヴァーノン・スティールとホームズ・E・ハーバートとが相手である。

監督
ヒュー・フォード
出演キャスト
エルシー・ファーガスン ホームズ・E・ハーバート ヴァーノン・スティール Margaret Linden

死人無言

  • 1920年公開
  • 出演(Squire_John_Rattray 役)

本物の汽船の火災から物語を起こして全編緊張の中に大活劇が続けられていく。ウァールド誌は『ミステリー・ドラマと銘打った映画の中、真にミステリーのあるものは稀であるが、この映画は最後から3番目の場面にあるまで始終観客はこうなるだろうとの疑いの中に残される。』と言っている。老練家トム・テリス氏の監督で、主役はジョージ・セイフェルティッツ氏と、キャサリン・カルヴァート嬢とである。原作者は「ラッフルズ」の著者E・W・ホーナング氏。

監督
トム・テリス
出演キャスト
キャサリン・カルヴァート パーシー・マーモント ホームズ・E・ハーバート ジョージ・セイフェルティッツ

問題の勲章

  • 1920年公開
  • 出演(Henry_Van_Derp 役)

モーリス・トゥールヌールがラスキー社において「宝島(1920)」の前に製作した怪奇活劇で、かのタイタニック号に乗り込んでいたため独艇の犠牲となってしまったフランスの文豪ジャック・フートレル原作の同名の小説から脚色したものである。主役は「日没の悲歌」などに主演したシルヴィア・ブリーマーと、「古今サロメ」「世界の薔薇」出演のウィンダム・スタンディングである。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
ウィンダム・スタンディング シルヴィア・ブリーマー ホームズ・E・ハーバート ワーナー・リッチモンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ホームズ・E・ハーバート