TOP > 人物を探す > マラー・エリス・ライアン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1921年 まで合計3映画作品)

1921年

モンタナ(1921)

  • 1921年
  • 原作

ジェッス・ハムトン氏の製作した西部劇で、マラー・エリス・ライアン氏原作の小説から脚色したもの。ロバート・ソーンビー氏の監督である。主役は「花婿入用」等主演のブランシュ・スウィート嬢。対手役は近年売り出しのマーロン・ハミルトン氏で、クレア・デュブレイ嬢、フランク・ラニング氏等も出演する。「スウィート嬢は、この作品における演技の立派さについて誇ってもよい。筋の欠点は嬢の巧みなる演技によって救われている。」とニュース誌は評している。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
ブランシュ・スウィート マーロン・ハミルトン フランク・ラニング エドワード・ピール
1920年

ラファエルの為に

  • 1920年
  • 原作

エキティー映画に於けるクララ・キンボール・ヤング嬢の第3回作品で、キャリフォルニア州に於てスペインの教会が勢力を得ていた時分の物語で、有名なハリー・ガースン氏の監督であるが、ニュース誌によるとすこぶる冗長にして面白くない作品とある。相手は「ローンウルフの娘」や「黎明の女性」出演のバートラム・グラスビー氏である。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング バートラム・グラスビー ユージェニー・ベッセラー フアン・デ・ラ・クルス
1919年

山の物語

  • 1919年
  • 原作

マラー・エリス・ライアンの原作をウィル・M・リッチーが脚色し「海の狼(1920)」「エヴリー・ウーマン」と同じくジョージ・メルフォードが監督したもの、主役は「疑問の死」「暗中飛躍」で主演したロバート・ワーウィックで、アン・リットル、ワンダ・ホウリー、モント・ブルー、アイリーン・パーシーそのほかの人々が共演する。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ロバート・ワーウィック アン・リットル トム・フォーマン ワンダ・ホウリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マラー・エリス・ライアン