映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・オブライエン

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1989年 まで合計25映画作品)

1989年

告発の行方

  • 1989年2月18日(土)公開
  • 出演(Larry 役)

1人の女性のレイプをきっかけに、真実の愛、現代の友情、勇気をもって生きる姿を描いてゆく。製作はスタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング、監督は「レベルポイント」のジョナサン・キャプラン、脚本は「ナッツ」のトム・トーパー、撮影はラルフ・ボード、音楽はブラッド・フィーデルが担当。出演は「トップガン」のケリー・マクギリス、「シエスタ」のジョディ・フォスターほか。

監督
ジョナサン・カプラン
出演キャスト
ケリー・マクギリス ジョディ・フォスター Bernie Coulson レオ・ロッシ
1933年

ラッキイ・ドッグ

  • 1933年公開
  • 出演(Detective 役)

「僕の武勇伝」「都会の世紀末」出演のチャールズ・チック・セールが老役でなしに出演する映画で、「ニューヨークの歩道」のザイオン・マイヤースが原作監督した。脚本はローランド・アッシャーが書き、「突貫赤ん坊」「活動屋往来」のジェローム・アッシュが撮影した。助演者はトム・オブライエン、ハリー・ホールマン等である。

監督
ザイオン・マイヤース
出演キャスト
チャールズ・チック・セール トム・オブライエン ハリー・ホールマン フランク・ビール
1932年

突貫赤ん坊

  • 1932年公開
  • 出演(Policeman 役)

「ボルネオの東」のデール・ヴァン・エヴァリーが組み立てた脚本により「ウーピー」のソーントン・フリーランドが監督し、「東は西」のジェローム・アッシュが撮影したもので、尾もなる出演者は「禁酒天国」のスリム・サマーヴィル、「母性」のザス・ビッツ、コーラ・スー・コリンズ、アリソン・スキップワース、ドロシー・クリスティーなどである。

監督
ソーントン・フリーランド
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ザス・ピッツ コーラ・スー・コリンズ アリソン・スキップワース
1930年

海の巨人(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Starback 役)

かつてジョン・バリモア氏が主演したことのあるハーマン・メルヴィル作の小説を映画化した「海の野獣」を全発声映画として制作したもので、「支那の鸚鵡」「クラック将軍」のJ・クラブ・アレキサンダーが脚色し、「シンギング・フール」「子守歌(1929)」のロイド・ベーコンが監督し、「リオ・リタ」「復活(1927)」のロバート・カールが撮影した。主役バリモア氏を助けて「薫る河風」「ブルドッグ・ドラモンド」のジョーン・ベネットをはじめ、「愛の訪れ」「恋のサーカス」のロイド・ヒューズ、「曲線悩まし」のメイ・ボーレー、「メリケン波止場」のウォルター・ロング、「鉄仮面」のナイジェル・ドゥ ・ブリュリエ、ノーブル・ジョンソン、トム・オブライエン等が出演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョン・バリモア ジョーン・ベネット ロイド・ヒューズ メイ・ボーレー
1929年

当たって砕けろ(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Detective 役)

「都会の哀愁」「美人投売1ドル均一」のグレン・トライオン主演映画でマン・ペイジとエドワード・モンテーンが書き下ろした物語を、アール・スネルとナン・コチレーンが脚色。それを基にジョセフ・フランクリン・ポーランドが撮影台本を執筆した。監督は「夜遊び三羽烏」「私のパパさん」のフレッド・ニューメイヤー。トライオンの対手役には、「春爛漫」「空中サーカス」のスー・キャロル。そのほかトム・オブライエン、リチャード・カーライルなど。なおこの映画にはトーキー、サイレントの二種類があり、トーキーの方は台詞場面をエイ・ビー・ヒースが監督しているが、日本で公開されたのはサイレントの方。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
グレン・トライオン スー・キャロル リチャード・カーライル リチャード・カール

花嫁修業

  • 1929年公開
  • 出演(Moran 役)

「若殿頑張る」「踊る娘達」のジョーン・クローフォードが出演する映画で、チャールズ・イー・スコッギンス原作の小説から「俺は渡り鳥」のシルヴィア・サルバーグとフランク・バトラーとが共同で脚色し撮影台本を書き、「任盗ヴァレンタイン」「大学のブラウン」のジャック・コンウェイが監督し「悪魔の仮面」「山の王者」のオリヴァー・T・マーシュが撮影したもの。助演者として「スポーツ王国」ロバート・モンゴメリー、「スピードウェイ」のアーネスト・トーレンス、「接吻」のホームズ・ハーバート、ジョン・ミルジャン、グウェン・リー、その他が出演している。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ロバート・モンゴメリー アーネスト・トーレンス ホームズ・ハーバート

恋の走馬燈

  • 1929年公開
  • 出演(Back_Barney 役)

「躍る青春」「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」と同じくウィリアム・サイター氏が監督したコリーン・ムーア情主演映画で、ムーア情最初の100パーセント発声映画である。「気まぐれ女優」「船頭さん可愛や」のトム・ジェー・ジェラティ氏が脚本及び脚色を書き下ろし、ムーア嬢附のカメラマン、シド・ヒコックス氏がヘンリー・フロイリッヒ氏と共同撮影した。助演者は「四人の息子(1928)」「艦隊入港」のジェームズ・ホール氏を始め、アギー・ヘリング嬢、クロード・ギリングウォーター氏、ロバート・ホーマンス氏、ベティー・フランシスコ嬢エドワード・アール氏等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・ホール クロード・ギリングウォーター ロバート・ホーマンス

ハリケン(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Dugan 役)

「プラット・シップ」と同じくホバート・ボスウォーズ氏が主演する海上活劇で、イヴリン・キャンベル女史とノーマン・ストリンガー氏とが合作した物語をアーネスト・ヒバード氏が脚色し、「大洋の娘」「恐怖街」のラルア・インス氏が監督、「ドノヴァン」「青春の夢(1929)」のテッド・テズラフ氏が撮影したもの。助演者は「遥かなる叫び」「バウラー」のリーラ・ハイアムス嬢、「コケット」「気まぐれ娘」のジョン・マック・ブラウン氏を始め、アラン・ロスコー氏、トム・オブライエン氏、リーラ・マッキンタイア嬢等である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ホバート・ボスウォース リーラ・ハイアムス ジョン・マック・ブラウン アラン・ロスコー

僕の幸運日

  • 1929年公開
  • 出演(Chauffeur 役)

「赤熱のスピード」「恋と山羊との話」と同じくレジナルド・デニー氏の主演する映画で、デニー氏最初の発声映画である。ジョン・ビー・クライマー氏、グラディス・レーマン女史の2人がストーリーを立てあわせて脚色したものにより「棚からぼた餅」「出世水兵」のエドワード・クライン氏が監督した。デニー氏の相手役は新進のロレイン・デュヴァル嬢が抜擢されて演ずるがそのほかにオディス・ハーラン氏、エディ・フィリップス氏、ハーヴェイ・クーラーク氏、等の人々も出演している。カメラは「私のパパさん」「夜遊び3羽鳥」と同じくアーサー・L・トッド氏の担当。パート・トーキーよりなる発声映画である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
レジナルド・デニー ロレイン・デュヴァル オーティス・ハーラン エディ・フィリップス
1928年

君を尋ねて三千里

  • 1928年公開
  • 出演(Buck_Johnson 役)

「ジャズの酒場」 出演のトム・ムーア氏と「陸軍士官学校」出演のベシー・ラヴ嬢とが共演する映画で、レイ・ジェイスン氏が同名の小唄に暗示を得て書き卸したストーリーからジョン・ビー・クライマー氏が撮影台本を執筆し、それによって新進のウィリアム・ワイラー氏が監督したものである。主役二人を助けて「私のパパさん」出演のトム・オブライエン氏やケイト・プライス夫人、アルフレッド・アレン氏が出演している。

監督
ハリー・O・ホイト
出演キャスト
トム・ムーア ベッシー・ラブ トム・オブライエン ケイト・プライス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・オブライエン