TOP > 人物を探す > スタンリー・フィールズ

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1963年 まで合計43映画作品)

1948年

ニュー・ムーン(1940)

  • 1948年2月
  • 出演(Tambour 役)

「歌う密使」「君若き頃」と同じくロバート・Z・レナード、ネルソン・エディー主演のオペレッタ映画で、オスカー・ハマースタイン2世、フランク・マンデル、ローレンス・シュウォブ合作・作詩、シグマンド・ロンバーグ作曲の同名のオペレッタを「禁男の家」のジャック・ドヴァルがロバート・アーサーと協力脚色したものである。音楽指揮は「育ち行く年」のハーバード・ストザート、撮影監督は「征服」のウィリアム・ダニエルス。助演者は「人生は四十二から」のメアリー・ボーランド、「歌う密使」のジョージ・ザッコ、「失はれた地平線」のH・B・ワーナー、「ベニーの勲章」のグランド・ミッチェルでこれは二度目の映画化である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ジャネット・マクドナルド ネルソン・エディ メアリー・ボーランド ジョージ・ザッコ
1963年

特ダネ監獄

  • 1963年1月15日(火)
  • 出演

実在した大者ギャングと、暗黒街の陰謀をすっぱ抜こうとした敏腕記者を中心としたサスペンス作品。監督はウィリアム・マクガン、脚本はクレン・シルヴァー、撮影はシド・ヒコックスがそれぞれ担当。出演はジョン・ガーフィールド、ローズメリー・レーンほか。

監督
ウィリアム・マクガン
出演キャスト
ジョン・ガーフィールド ローズメリー・レーン ディック・パーセル ヴィクター・ジョリー
1938年

マルコ・ポーロの冒険

  • 1938年
  • 出演(Bayan 役)

イタリアの冒険家、マルコ・ポーロの実伝を元に映画化した冒険ドラマ。中国の絹や宝石をヨーロッパに輸入する仕事をしていた父の依頼で上海に着いたマルコが、さまざまな困難に遭遇しながらも、それらを乗り越えていく。ゲイリー・クーパーの初期の作品。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー シングリッド・ギューリー ベイジル・ラスボーン アーネスト・トルエックス

ブラウンのGメン

  • 1938年
  • 出演(Duke 役)

「豪傑ブラウン」「ブラウンの山賊狩」のジョー・E・ブラウン主演喜劇でリチャード・フローノイの原作をアール・スネルがジョー・バイジローと協力し、「ボビーの凱歌」のカート・ニューマンが監督に当り、ポール・C・ヴォーゲルが撮影した。助演者は「高圧線」のジェーン・ワイマン、故リタ・ロバーティ、「流行の女王」のアリソン・スキップワース、「最後のギャング」のアラン・バクスター、「豪傑ブラウン」のルシアン・リトルフィールド等である。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ジェーン・ワイマン アリソン・スキップワース リダ・ロバーティ

ブラウンの山賊狩

  • 1938年
  • 出演(Fernando 役)

「豪傑ブラウン」「ブラウンの空中戦」のジョー・E・ブラウンが主演する映画で、ダン・ジャーデットとA・ドリアン・オトヴォスが協力書卸したオリジナルを「暗黒街全滅」のジョセフ・モンキュア・マーチ、「豪傑ブラウン」のチャールズ・メイソン、「ブラウンの誕生日」のハリー・クローク及びエセル・ラ・ブランシュが協力して脚色し「夜間裁判」「ダム地獄」のフランク・マクドナルドが監督に当り、「豪傑ブラウン」のジョージ・シュナイダーマンが撮影した。助演者は「地球を駆ける男」「歌へ陽気に」のレオ・カリーロ、「大森林」のビヴァリー・ロバーツ、「犯罪集団」のウィン・ギブソン、「踊る海賊(1936)」のステフィ・デュナその他。

監督
フランク・マクドナルド
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン レオ・カリーロ ビヴァリー・ロバーツ ウィン・ギブソン
1937年

夜間裁判

  • 1937年
  • 出演(Slim$Jacobs 役)

「ギャングの家」「Gメン」のアン・ヴォーザークと「札つき女」「空の特種」のジョン・ライテルが主要なる役を勤める映画で、ドン・ライアンとケネス・ガメットが協力して脚本を書き、台詞監督だったフランク・マクドナルドが監督に当たり、「雲とつばさ」のウォーレン・リンチが撮影した。助演者は「空の特種」のカーライル・ムーア・ジュニア、「倒れるまで」のジョセフ・クレハン、「札つき女」のウィリアム・B・デイヴィッドソン、「大渓谷の呼声」のウォルター・ミラー、スタンリー・フィールズ等である。

監督
フランク・マクドナルド
出演キャスト
アン・ヴォーザーク ジョン・ライテル カーライル・ムーア・ジュニア ジョセフ・クレハン

富豪一代

  • 1937年
  • 出演(Top_Sergeant 役)

[街は春風」「大自然の凱歌」のエドワード・アーノルド「報道戦」「大自然の凱歌」のフランセス・ファーマー、「天国漫歩」「男装」のケイリイー・グラント、「世界の歌姫」「テキサス決死隊(1936)」のジャック・オーキーが主演する映画で、ブック・ホワイト作の「ダニエル・ドルウ伝」およびマッシュウ・ジョゼフストン作の「強盗資本家」を素材として「男の敵」「十字軍」のダドリー・ニコルズが、「海の巨人(1937)」のジョン・ツウィスト、「愛の弾丸」のジョエル・セイヤーと協同脚色し、「血に笑う男」「三銃士(1935)」のロウランド・V・リーが監督に当たり、「愛の花篭」「目撃者(1936)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者は「空駆ける恋」「特ダネ戦線」のドナルド・ミーク、ラジオやナイトクラブの歌手で短篇映画に出ていたセルマ・リーズ、新顔のクラレンス・コルブ、「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート、「テンプルの灯台守」のジョージ・アーヴィング「人生は四十二から」のジョイス・コンプトン、フランク・M・トーマス等の面々である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
エドワード・アーノルド ケイリー・グラント フランセス・ファーマー ジャック・オーキー

セイルムの娘

  • 1937年
  • 出演(First_Mate 役)

「二国旗の下に」「花嫁の感情」のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「丘の一本松」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、「二国旗の下に」「カヴァルケード」のフランク・ロイドのパラマウントに於ける第1回監督作品である。原作は「コブラ・タンゴ」の脚色者ブラッドリー・キングが書き卸し、キング女史が自らウォルター・フェリス及びダーウォード・グリンステッドと協力脚色した。助演者は「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、「恋のページェンシー」のルイズ・ドレッサー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス及びベニー・バートレット、「この三人」のボニタ・グランヴィル、「丘の一本松」のビューラー・ボンティ、ヴァージニア・ワイドラー、ドナルド・ミーク、その他である。カメラは「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担当である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ ハーヴェイ・スティーブンス ゲイル・ソンダーガード

海の魂

  • 1937年
  • 出演(Granley 役)

「平原児」「ベンガルの槍騎兵」のゲイリー・クーパーと「ボレロ」「親分はお人好し」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「丘の一本松」「ベンガルの槍騎兵」のヘンリー・ハサウェイが監督に当たったもの。原作はテッド・レッサーが書き、「丘の一本松」のグローヴァ・ジョーンズと「さらば海軍兵学校」のデール・ヴァン・エヴァリーとが協力脚色した。助演者は「若草物語(1933)」のフランセス・ディー、「十字軍」のヘンリー・ウウィルコックスン、「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナ、及びロバート・カミングス、「情熱への反抗」のハリー・ケイリー、「平原児」のポーター・ホール、等である。撮影は「真珠の首飾」のチャールズ・ラングと「当たり屋勘太」のメリット・B・ガースタッドが協力した。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジョージ・ラフト フランセス・ディー ヘンリー・ウィルコクスン

ある父の横顔

  • 1937年
  • 出演(George_Evans 役)

ハロルド・シューメイトが書き下ろした原作を、「河床の毒蛾」に協力したフレッド・ニブロ・ジュニアとグレイス・ネヴィル及び「悪魔の影」を共作したリー・ローブと、シューメイトの四人が共同脚色。欧州映画界で活躍していたジョン・ブラームが、渡米第一回作品として監督に当たる。主演は「相寄る魂」「白衣の騎士」のオットー・クルーガー、「若草物語(1933)」「空飛ぶ音楽」のダグラス・モンゴメリー、「麗人野球団」のジャクリーン・ウェルズ。共演は「結婚気象台」のナナ・ブライアント、「麗人野球団」のジーン・モーガン、マーク・ローレンス、スタンリー・フィールズ等である。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
オットー・クルーガー ダグラス・モンゴメリー ジャクリーン・ウェルズ サーストン・ホール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > スタンリー・フィールズ