映画-Movie Walker > 人物を探す > リタ・ラ・ロイ

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1937年 まで合計14映画作品)

1937年

大空地獄

  • 1937年当年公開
  • 出演(Molly 役)

「鋪道の青春」のチェスター・モリスと「情熱なき犯罪」のウィットニー・バーンが「三銃士(1935)」のオンスロー・スチーブンス、「女性の反逆」のバン・ヘフリンと共演する映画。ロバート・ハーディ・アンドリュースの原作をデイヴィッド・シルバースタインとジョン・ツウィストが協力脚色し、リュウ・ランダースが監督に当たり、「大学の人気者」のニコラス・ミュスラカが撮影した。助演者は「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「ダアク・エンゼル(1935)」のダクラス・ウォルトンその他である。

監督
リュウ・ランダース
出演キャスト
チェスター・モリス ウィットニー・バーン オンスロー・スティーヴンス ヴァン・ヘフリン

山は笑う

  • 1937年当年公開
  • 出演(Mrs._Lovelace 役)

「愉快なリズム」「ワイキキの結婚」のコメディ・チーム、ボップ・バーンズとマーサ・レイが主演する映画で、マッキンレー・カンターの原作を「愉快なリズム」のジョン・C・モフィットがデューク・アテベリー、ラッセル・クラウズ、チャールズ・レデラーと協力脚色し、「犯罪王」「ハリウッド大通り」のロバート・フローリーが監督し、「愉快なリズム」「ワイキキの結婚」のカール・ストラッスが撮影した。助演者は「情熱への反抗」「空中非常線」のジョン・ハワード、新人女優テリー・ウォーカー、ヴォードヴィル芸人のルーフ・デイヴィス等である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ボブ・バーンズ マーサ・レイ ジョン・ハワード テリー・ウォーカー
1936年

ハリウッド大通り

  • 1936年当年公開
  • 出演(Nilla 役)

「真珠の首飾」のジョン・ハリデイ、新人マーシャ・ハント、「放遂豪華版」のロバート・カミングス、「愛の隠れ家」のC・ヘンリー・ゴードンが共演する映画で、「忘れられた顔(1936)」のマーゲリット・ロバーツが書き下ろした台本によって、「撮影所の惨劇」「国際列車」のロバート・フローリーが監督に当たり「美しき野獣」「宝石と女賊」のジョージ・クレメンスが撮影した。助演者は「情熱なき犯罪」のエスター・ラルストン、フリーダ・イネスコート、ベティー・カンプソン等であるが、その他サイレント映画時代にスター、準スターであった俳優が18名出演している。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ジョン・ハリデイ マーシャ・ハント ロバート・カミングス C・ヘンリー・ゴードン
1933年

競馬天国

  • 1933年当年公開
  • 出演(Elsie 役)

「獣人島」「謎の真空管」のアール・C・ケントンが監督した映画で、ローレンス・ハザード作の劇を「ジーキル博士とハイド氏(1932)」のパーシー・ヒースと「暴君ネロ(1932)」のシドニー・バックマンが共同脚色した。出演者は「心の青空」のキャロル・ロンバード、「拳骨大売出し」のジャック・オーキー、「謎の真空管」のエイドリアン・エイムス、「男子入用」のデイヴィッド・マナース、「あけぼの」のシドニー・ブラックマー、「裏町」のシャーリー・グレイ、新進のヴァーナ・ヒリー、「拳闘のキャグネー」のクラレンス・ミューズ、「二十四時間」のトーマス・ジャクソン、「密林の王者」のニディア・ウェストマン等で撮影は「拳骨大売出し」「七万人の目撃者」のヘンリー・シャープの担当。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
キャロル・ロンバード ジャック・オーキー エイドリアン・エイムス デイヴィッド・マナース
1932年

七月の肌着

  • 1932年当年公開
  • 出演(Camille 役)

「お蝶夫人」「ブロンド・ヴィナス」のケーリー・グラントと「紐育の仇討」「私の殺した男」のナンシー・キャロルが主演する映画で、「百万円貰ったら」「ふるさとの唄」のウィリアム・A・サイターが監督に当たった。原作はハーヴェイ・ファーガスンの小説で、「地下の雷鳴」のジョセフィン・ラヴェットと「天国爆撃隊」のジョセフ・モンキュア・マーチが改作し、「光に叛く者」「暁の偵察」のシートン・I・ミラーが脚色している。助演者は「白馬王国」「ふるさとの唄」のランドルフ・スコット「大空の闘士」のリリアン・ボンド、「拳骨大敵」のエドワード・ウッズ、グレイディ・サットン、オスカー・アッフェル等で、キャメラは「白馬大国」「タッチ・ダウン(1931)」のアーサー・L・トッドの兼任である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ケーリー・グラント ナンシー・キャロル ランドルフ・スコット エドワード・ウッズ

母(1932)

  • 1932年当年公開
  • 出演(Paula 役)

かつてコリーン・ムーア主演で映画化されたエドナ・ファーバー作の小説「ソー・ビッグ」のトーキー化で、「狂へる天才」「悪魔スヴェンガリ」を脚色した故J・グラブ・アレキサンダーと「男子入用」「支配する声」のロバート・ロードが脚色し、「民衆の敵」「天晴れウォング」のウィリアム・A・ウェルマンが監督に当たり、「最後の偵察」「腕の男」のシド・ヒコックスが撮影した。主役は「希望の星」「夜の看護婦」のバーバラ・スタンウィックが勤め、「怪探偵張氏」のジョージ・プレント、「ウォタルウ橋」のベティー・デイヴィス、「都会の世紀末」「異国の母」のディッキイ・ムーア、「摩天樓の悲劇」「狂へる銀翼」のハーディー・オルブライト、「鉄窓と花束」「大西洋横断」のアール・フォックス、「夜の天使」のアラン・ヘール、「鉄壁の男」のドーン・オデイ、ロバート・ワーウィック、アーサー・ストン、メイ・マディスン、ドロシー・ピーターソン、ハリー・ペレスフォード等である。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ジョージ・ブレント ディッキー・ムーア ベティ・デイヴィス

巴里の丑満時

  • 1932年当年公開
  • 出演(Fifi 役)

「謎の真空管」「鉄窓の女」のヴィクター・マクラグレンを助けて、「沈黙の証人」のヘレン・マック、「蝙蝠は囁く」「蹴球大学」のウィアム・ベークウェル、「ブロンド・ヴィナス」のリタ・ラ・ロイ、ジャック・ラルーが出演する映画で、「愛の暴風」のベイジル・ウーンが脚本を書き下ろし、「陽気な後家さん」「鉄窓の女」のアラン・ドワンが監督し、「ギャングを追う女」「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影した。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ヘレン・マック ウィリアム・ベイクウェル ジャック・ラルー

日向の罪人

  • 1932年当年公開
  • 出演(Lil 役)

ミドルレッド・クラムの筆になる小説から「素晴らしき嘘」のヴィンセント・ローレンス、「少年世界」のワンデマー・ヤング、「アメリカの悲劇」のサミュエル・ホッフェンシュタインの三人が共力して脚色、新人アレクサンダー・ホールが感得にあたり、「恋愛即興詩」のレイ・ジューンが撮影した映画で出演者は「恋を喰べる女」のキャロル・ロンバート、「ミラクルマン(1932)」のチェスター・モリス、「待ちのおんな」のドリアン・エイムス、ウォルター・バイロンの面々である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
キャロル・ロンバード チェスター・モリス エイドリアン・エイムス アリソン・スキップワース

ブロンド・ヴィナス

  • 1932年当年公開
  • 出演(Taxi_Belle_Hooper 役)

「上海特急」「アメリカの悲劇」に次ぐジョセフ・フォン・スァンバーグ監督作品で「貞操切符」「オーバー・ゼ・ヒル」の脚色者としてまたスタンバーグ作品の協力者として有名なるジョーンス・ファースマンがS・K・ローレンと共同で書き卸した脚本により製作された映画で撮影者は「帝国ホテル」「暗黒街」のバート・グレノン。出演者は「上海特急」「間諜X27」のマレーネ・ディートリッヒを始め、「我等は楽しく地獄へ行く」「その夜」のケーリー・グランド、英国劇場にその名を知らるるハーバート・マーシャル、ディッキー・ムーア少年、フランシス・セイルス、ロバート・エメット・オコナーその他である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
マルレーネ・ディートリッヒ ハーバート・マーシャル ケーリー・グラント ディッキー・ムーア
1931年

貞操切符

  • 1931年当年公開
  • 出演(Fania 役)

マイケル・モートン作の舞台劇から「肉と霊」「春を歌えよ」のジュールス・ファースマンが脚色し、ガイ・ボルトンが台詞を付し、「各国の女」「再生の港」のラォール・ウォルシュが監督した映画で出演者の主なる者を挙げれば「鉄窓の女」「街の令嬢」のエリッサ・ランディ、「私の殺した男」のライオネル・バリモア、「最後の偵察」のウォルター・バイロン、ローレンス・オリヴィエ等。キャメラは「蜘蛛の怪」のジェームス・ホウが担当である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
エリッサ・ランディ ライオネル・バリモア ローレンス・オリヴィエ ウォルター・バイロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リタ・ラ・ロイ