映画-Movie Walker > 人物を探す > アーヴィング・カミングス

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1951年 まで合計47映画作品)

1951年

ロッキーの春風

  • 1951年10月2日(火)公開
  • 監督

歌と踊りの天然色女優ベティー・グレイブルのわが国初登場作品で、「大城塞」のジョン・ペインと、ベティの夫、ハリイ・ジェイムズが、その楽団を率いて共演する1942年テクニカラー映画。製作は「凸凹スパイ騒動」のウィリアム・ルバロン、監督は「風を起す女」のアーヴィング・カミングス。フィリップ・ワイリー(婿探し千万弗)の原作をジャック・テリイ(囁きの木蔭)が潤色し、ウォルター・バロックとケン・イングランド(虹を掴む男)が脚色した。撮影は「折れた矢」のアーネスト・パーマー、音楽監督はアルフレッド・ニューマン。作詞・作曲は「ハロウ・フリスコ・ハロウ」でオスカー(43)を得たマック・ゴードン、ハリー・ウォーレンのコンビ。助演は「スイングの少女」のカルメン・ミランダ、「海の呼ぶ声」のシーザー・ロメロ、「勝利の園」のシャーロット・グリーンウッド、「婿探し千万$」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「西部の王者」のフランク・オースら。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ベティー・グレイブル ジョン・ペイン カルメン・ミランダ セザール・ロメロ

科学者ベル

  • 1951年2月20日(火)公開
  • 監督

ダリル・F・ザナックが自ら製作に当たった1939年度作品で、「ジェーン・エア」のケネス・マクゴワンが共同製作、「風を起す女」のアーヴィング・カミングスが監督に当たった。レイ・ハリスの原作を「剃刀の刄」のラマー・トロッティが脚色、撮影が「頭上の敵機」のレオン・シャムロイ、音楽はルイス・シルヴァースというスタッフ。「世紀の楽団」のドン・アメチ、「ママは大学一年生」のロレッタ・ヤング、「哀しみの恋」のヘンリー・フォンダ、「貴方も私も」のチャールズ・コバーン、「ジャンヌ・ダーク」のジーン・ロックハート、「呪われた城」のスプリング・バイントン、サリー・ブレーン、ポリー・アン・ヤング、ジョージア・ヤング、ボブス・ワトスン等が出演する、電話の発明者ベルの伝記映画。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ドン・アメチ ロレッタ・ヤング ヘンリー・フォンダ チャールズ・コバーン
1948年

風を起す女

  • 1948年2月公開
  • 監督

「世界の母」「クレイグの妻」のロザリンド・ラッセルが、「恋の凱歌」「男装」のブライアン・エイハーンと共に主演する映画で、エリック・シャレルが書きおろしたストーリーをテレーズ・ルイスとバリー・トリヴァースが協力脚色し、「ナイトクラブの女」「懐しのアリゾナ」のアーヴィンゲ・カミングスが監督、「再会(1944)」のジョセフ・ウォーカーが撮影監督した。主演者両優を助けて新顔のウィラード・パーカーを始め、アラン・ダインハート、エドワード・フィールディング、アン・サヴェッジ、ダグラス・ウッドらが出演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ロザリンド・ラッセル ブライアン・エイハーン ウィラード・パーカー アラン・ダインハート
1938年

天晴れテンプル

  • 1938年当年公開
  • 監督

「テンプルちゃんお芽出度う」「同福の神」と同じくアーヴィング・カミングスが監督したシャーリー・テンプル主演映画で「煌めく銀星」の脚色チームのハリー・テュゲンド、ジャック・イェレンが脚本を書き卸したもの。撮影は「ハイディ」「軍使」のアーサー・ミラーの担当で、助演者は「忘れがたみ」「スイングの女王」のジョージ・マーフィー「大学の顔役」のジミー・デューラント、「恋いの挽歌」のエドナ・メイ・オリヴァー、「シカゴ」のフィリス・ブルックス、「煌めく銀星」のジョージ・バービア、「天晴れ着陸」のエル・ブレンデル等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジョージ・マーフィー ジミー・デューラント フィリス・ブルックス
1936年

テンプルの福の神

  • 1936年当年公開
  • 監督

「テンプルの愛国者」「テンプルの燈台守」と同じくシャーリー・テンプルの主演映画で、エリナー・ゲーツとラルフ・スペンスとのいくつかの物語に基づいて「テンプルの燈台守」のサム・ヘルマンおよびグラディス・レーマンがハリー・テュゲンドと協力して脚本を執筆、「ホワイト・パレード」「テンプルちゃんお芽出度う」のアービング・カミングスが監督した。助演者は「バーレスクの王様」「聖杯スター合戦」のアリス・フェイ・、「虎鮫島脱獄」「羅馬太平記」のグロリア・スチュアート、「花嫁は泣きました」「めりけん音頭」のジャック・ヘイリー、「五ツ児誕生」のマイケル・ウェーレン、「テンプルの燈台守」のセーラ・ヘイドン・ジェーン・ダーウェル、「虎鮫島脱獄」のクロード・ギリングウォーター等である。撮影は「テンプルの愛国者」「テンプルの燈台守」と同じくジョン・サイツの担任である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
シャーリー・テンプル アリス・フェイ グロリア・スチュアート ジャック・ヘイリー
1935年

テンプルちゃんお芽出度う

  • 1935年当年公開
  • 監督

「私のテンプル」に次ぐシャーリー・テンプルの主演映画でパターソン・マクナットとアーサー・ベックハードの2人が原作脚色し「ホワイト・パレード」のアーヴィング・カミングスが監督した。撮影は「私のテンプル」のジョン・サイツである。「ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス」のレイ・ヘンダーソンが作曲を受け持っている。助演者は「ホワイト・パレード」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを始め、「曲芸団」のロチェル・ハドソン、「ある日曜日の午後」のジェーン・ダーウェル、「情熱なき犯罪」のエスター・デール、その他ラファエラ・オッティアノ、モーリス・マーフィー、エチエンヌ・ジラルド等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジョン・ボールズ ロチェル・ハドソン ジェーン・ダーウェル
1934年

ホワイト・パレード

  • 1934年当年公開
  • 監督

「キャラバン」「青空天国」のローレッタ・ヤングと「ハリウッド征服」「野に咲く金色の花」のジョン・ボールズが主演する映画で、「四十二番街」の脚色者ライアン・ジェームズ作の小説を自らジェシー・L・ラスキー・ジュニアと協力して潤色し、「大帝国行進曲」のソニア・レヴィーンがアーネスト・パスカルと共同脚色し、「ナイトクラブの女」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり、「輝く瞳」「水兵上陸」のアーサー・ミラーが撮影した。助演者は「幸運の悪魔」のドロシー・ウィルソンを始め、ミュリエル・カークランド、アストリッド・オルウィン、ジェーン・ダーウェル、ジョイス・コンプトン等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジョン・ボールズ ドロシー・ウィルソン ミュリエル・カークランド
1932年

ナイトクラブの女

  • 1932年当年公開
  • 監督

「たそがれの女」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウが主演する探偵映画で、原作はアンソニー・アボットの有名な探偵小説である。これを「狂乱のアメリカ」「アリゾナ(1931)」のロバート・リスキンが脚色し、「シスコ・キッド(1931)」「モダーン西部王」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり「米国の暴露」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「南海の劫火(1932)」「蜃気楼の女」のスキーツ・ギャラガー、「海賊(1931)」のメイヨ・メソット、新進のルーセルマ・スティーヴンス、「街の風景」のグレタ・グランステット、ブランシュ・フレデリシ、アルバート・コンティ、ジェラルド・フィールディング、エド・ブラディー等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ メイヨ・メソット スキーツ・ギャラガー ルーセルマ・スティーヴンス
1931年

シスコ・キッド(1931)

  • 1931年当年公開
  • 監督

米国有数の小説家オー・ヘンリーの筆になるものから「猫とカナリヤ」「最後の警告」のアルフレッド・A・コーンが脚色し、「哄笑の世界」「生命の切札」のアーヴィング・カミングスが監督し、「悪魔スヴェンガリ」のバーニー・マクギルがクランクした映画である。主な出演者をあげれば「陽炎の春」「反逆者」のワーナー・バクスター、「各国の女」「愛の暴風」のエドモンド・ロウ、「仮染の唇」のコンチタ・モンテネグロ、「ナイト・ワーク」「罪は若きにあり」のノラ・レーン、フレデリック・バート等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ワーナー・バクスター エドモンド・ロウ コンチタ・モンテネグロ ノラ・レーン

モダーン西部王

  • 1931年当年公開
  • 監督

「山の覇者」「大自然の王者」と同じくジョージ・オブライエンの主演する映画でマックス・ブランドの書いた小説からラルフ・ブロックが撮影台本をまとめ上げ、マイロン・フェーガンが台詞を附し、「鉄骨エロ騒動」「哄笑の世界」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり、「怪探偵張氏」「ゴルフと女房」のジョージ・シュナイダーンマンがクランクした。主演者を助けて「速成成金」「キートンの恋愛指南番」のサリー・アイラース、「第一の恋」のリタ・ラ・ロイ、「罪は若きにあり」「悪魔の日曜日」のジェームズ・カークウッド、ハンフリー・ボガート、スタンリー・フィールヅ、ロバート・ワーウィック、リチャード・タッカー等々がつき合っている。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ジョージ・オブライエン サリー・アイラース リタ・ラ・ロイ ハンフリー・ボガート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーヴィング・カミングス