映画-Movie Walker > 人物を探す > フレッド・ニューメイヤー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1936年 まで合計20映画作品)

1927年

曲者揃い

  • 1927年当年公開
  • 監督

E・J・ラス氏が書き卸した物語をレックス・テイラー氏が脚色し「チョビ髭七面騒動」「蹴球王」等と同じくフレッド・ニューメイヤー氏が監督したもので、主役は「要心無用」「ロイドの水兵」等出演後休養中だったミルドレッド・デイヴィス嬢と「最後の栄冠」「男見るべからず」等出演のロイド・ヒューズ氏が演じ、「戦艦くろかね号」「海馬」等出演のジョージ・バンクロフト氏を始め、エル・ブレンデル氏、ウィリアム・V・モング氏、オットー・マティーソン氏、ベティー・フランシスコ嬢、ゲイン・ホィットマン氏等が助演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ミルドレッド・デイヴィス ロイド・ヒューズ ジョージ・バンクロフト エル・ブレンデル

チョビ髭七面騒動

  • 1927年当年公開
  • 監督

「チョビ髭大将」「チョビ髭成功美談」に続くW・C・フィールズ氏主演喜劇で、「チョビ髭大将」と同じ原作者J・P・マッケヴォイ氏作の舞台劇を映画化したもの。これをサム・ミンツ氏とレイ・ハリス氏とが書き改め、J・クラークソン・ミラー氏が脚色し、「蹴球王」「気狂い商売」等と同じくフレッド・ニューメイヤー氏が監督した。フイールヅ氏を助けてメアリー・アルデン嬢、パ社俳優学校出身のアイヴィー・ハリス嬢、ジャック・イーガン氏、ジョセフ・スマイリー氏等が出演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
W・C・フィールズ メアリー・アルデン ジャック・イーガン アイヴィー・ハリス

舞踏ボクシング早変り

  • 1927年当年公開
  • 監督

アール・スネル氏の原作を、スネル氏とグラディス・レーマン女史とが脚色し、それを「蹴球王」「曲者揃い」と同じくフレッド・ニューメイヤー氏が監督したもの。主役は「我が医者」「愉快な嘘吐き」と同じくレジナルド・デニー氏で「慕進デニー」でデニー氏と共演したバーバラ・ウォース嬢が相手役を演じている助演者として「ボクシング王」「怪探偵ブレーク」等出演のヘイドン・スティーヴンソン氏、メアリー・カー夫人などの人々が出ている。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
レジナルド・デニー バーバラ・ウォース ヘイドン・スティーヴンソン フランク・ハグニー
1926年

クォーターバック(1926)

  • 1926年当年公開
  • 監督

ウィリアム・スレイヴンス・マクナット氏とウィリアム・オー・マッギーハン氏とが共同で原作を書きレイ・ハリス氏が脚色し「ロイドの初恋」等と同じくフレッド・ニューメイヤー氏が監督したもので主役は「女軍撃退」「滅び行く民族」等主演のリチャード・ディックス氏で、相手役は「女軍撃退」「美女競艶」等出演のエスター・ラルストン嬢が勤め、デイヴィッド・バトラー氏、ハリー・ベレスフォード氏等が助演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
リチャード・ディックス エスター・ロールストン ハリー・ベレスフォード デイヴィッド・バトラー
1925年

百鬼乱暴

  • 1925年当年公開
  • 監督

「笑国万歳」に続くラリー・シーモン氏の長編喜劇でトーマス・クライラー氏の原作によりロイド喜劇の監督だったフレッド・ニウメアー氏が監督したものである。「豪傑ラリー」「笑国万歳」等主演のラリー・シーモン氏が主演し「笑国万歳」と同じくドロシー・ドワン嬢が相手役を演じオーティス・ハーラン氏とケイト・プライス夫人等が助演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ラリー・シーモン ドロシー・ドゥワン Frank Alexander オリヴァー・ハーディー
1924年

巨人征服

  • 1924年当年公開
  • 監督

「要心無用」に次いだハロルド・ロイドの喜劇で、サム・テイラー原作、フレッド・ミューメイヤーとテイラーの監督である。この作品からロイドの対手役は新進のジョビナ・ラルストンに変更された。

監督
フレッド・ニューメイヤー サム・テイラー
出演キャスト
ハロルド・ロイド ジョビナ・ラルストン ジョン・エースン レオ・ホワイト

猛進ロイド

  • 1924年当年公開
  • 監督

ロイド喜劇のあらゆる長所を打って一丸にしたロイド喜劇傑作中の傑作といっても過言であるまい。八巻という喜劇にしては空前の長編を些かのゆるみもなく観客を引張って行くところ、いつもながらフレッド・ニューメイヤーとサム・テイラーの頭の良さに感服の他はない。「恋愛の秘訣」の各章に現される各種の女性の解剖も痛快皮肉を極むれば、後半の馳せ付けの技巧も、下手な連続や活劇に優ることしばしば。殊に電車の使い方は感嘆の他なし。最後に、笛を吹いて新婚旅行の汽笛を思わせ以心伝心に抱擁するところなどは全編を生かしている。あの“Yes”という字幕に何ともいわれぬ妙味がある。ロイドのヘラヘラ笑いといって嫌っていた人も必ず本映画を見れば好きになるに違いない。ジョビナ・ラルストンは「巨人征服」の時より大分慣れてきた。

監督
サム・テイラー フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ハロルド・ロイド リチャード・ダニエルス ジョビナ・ラルストン Carlton Griffin
1923年

要心無用

  • 1923年当年公開
  • 監督

「豪勇ロイド」の原作者ハル・ローチ、サム・テイラーの両氏とティム・ウィーラン氏が原作を合作し、フレッド・ニューメイヤー氏が監督したものである。ミルドレッド・デイヴィス嬢、ノア・ヤング氏等ロイド喜劇になくてはならぬ人々が共演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー サム・テイラー
出演キャスト
ハロルド・ロイド ミルドレッド・デイヴィス Bill Strother ノア・ヤング
1922年

ドクター・ジャック

  • 1922年当年公開
  • 監督

「要人無用」の前に作られた長編喜劇で「豪勇ロイド」と同一の原作者達、監督者によって作られた。即ちハル・ローチ、サム・テイラー、ジャン・ハヴェズ3人の原作。フレッド・ニューメイヤーの監督で、ロイドの対手は令閨ミルドレッド・デイヴィスである。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ハロルド・ロイド ミルドレッド・デイヴィス John T. Prince エリック・メイン
1921年

ロイドの水兵

  • 1921年当年公開
  • 監督

喜劇界に於いて人気といい実力といいチャップリン氏の塁を磨さんとするハロルド・ロイド氏が2、3巻物から進んで始めてフィーチュアー物らしい喜劇を製作した第1回の作品である。相手役は例の通り、最近婚約を報じられたミルドレッド・ハリス嬢である。筆者は試写を見たが蓋し大傑作の賛辞をおしまぬ。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ハロルド・ロイド ミルドレッド・デイヴィス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フレッド・ニューメイヤー