映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・カーン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1951年 まで合計5映画作品)

1951年

燃える大陸(1951)

  • 1951年公開
  • 編集

恐竜の棲む“失われた大陸”に踏み入った、原子ロケット捜索隊員の冒険を描いた空想科学映画。キャロール・ヤングの原作から「片目のジョニィ」のリチャード・H・ランドーが脚色しサミュエル・ニューフィールドが監督している。撮影は「拳銃稼業」のポール・ダンラップ。製作は「ビリー・ザ・キッド」シリーズのシグマンド・ニューフェルド。主な出演者は「ヴェラクルス」のシーザー・ロメロ、「アラスカ珍道中」のヒラリー・ブルック、「旋風大尉」のチック・チャンドラーに加えて「暴力卿室」のジョン・ホイトなど。

監督
サミュエル・ニューフィールド
出演キャスト
セザール・ロメロ ヒラリー・ブルック チック・チャンドラー ジョン・ホイト

荒鷲戦隊

  • 1951年6月3日公開
  • 編集

「駅馬車(1939)」のウォルター・ウェンジャーが製作し、「凸凹カウ・ボーイの巻」のアーサー・ルービンが監督した1942年作品。C・S・フォレスターの原作を、「ゾラの生涯」のノーマン・R・レインが脚色し、「扉の蔭の秘密」のスタンリー・コルテスが撮影、「裏街(1941)」のフランク・スキナーが音楽を担当する。主演は「風変りな恋」のロバート・スタックと、この作品でデビューしたダイアナ・バリモアで、「ザンバ(1949)」のジョン・ホール、「不時着結婚」のエディ・アルバート、「レベッカ」のナイジェル・ブルースらが助演する。

監督
アーサー・ルービン
出演キャスト
ロバート・スタック ダイアナ・バリモア ジョン・ホール エディ・アルバート
1950年

悩まし女王

  • 1950年5月30日公開
  • 編集

有名ナイトクラブへ売り込みを図る2人の芸人をめぐるミュージカル・コメディ。製作・音楽はサム・コスロー、脚本はラズロ・ヴァドネー、アレン・ボレッツ、ハワード・ハリス、監督はアルフレッド・E・グリーン、撮影はバート・グレノン、編集はフィリップ・カーンが担当。出演はグルーチョ・マルクス、カルメン・ミランダ、スティーブ・コクラン、グロリア・ジーン、アンディ・ラッセルなど。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
グルーチョ・マルクス カルメン・ミランダ スティーヴ・コクラン グロリア・ジーン

アラビアン・ナイト(1942)

  • 1950年3月21日公開
  • 編集

「果てなき航路」のウォルター・ウェンジャーの1942年作品のテクニカラー色彩映画。脚本は「拳銃の町」のマイケル・ホーガンが書きおろし、トルー・ボードマンが台詞を書き加え、俳優、ギャグマン、編集者を経て監督となったジョン・ローリンスが監督し、ミルトン・クラスナーが撮影した。出演者は「台風」のジョン・ホール、「風雲児」のマリア・モンテス、「ジャングルの王(1949)」のサブー、「凸凹宝島騒動」のリーフ・エリクソン等。

監督
ジョン・ローリンス
出演キャスト
ジョン・ホール マリア・モンテス サブウ リーフ・エリクソン
1933年

青い部屋

  • 1933年公開
  • 編集

「肉の蝋人形(1933)」「恋の凱歌」のライオネル・アトウィル、「魔の家(1932)」「大空の闘士」のグロリア・スチュアート、「地下の雷鳴」「地獄特急」のポール・ルーカスが共演する怪奇映画で、エリッヒ・フィリップの原作に基づき「マダム行状記」のウィリアム・ハールバットが脚色し「ビッグ・ケージ」「インチキ競馬」のクルト・ノイマンが監督にあたり、「鉄血士官校」「ミイラ再生」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「戦慄街」「ジェニイの一生」のエドワード・アーノルド、「放送室の殺人」「監視装甲車」のオンスロー・スチーヴンス、「二秒間」「紐育の仇討」のウィリアム・ジャニー、ロバート・バラット、ミュリエル・カークランド、ラッセル・ホプトン、エリザベス・パターソン等である。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
ライオネル・アトウィル グロリア・スチュアート ポール・ルーカス エドワード・アーノルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・カーン