TOP > 人物を探す > ニコラス・ボーマン

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2003年 まで合計9映画作品)

2003年

すべては愛のために

  • 2003年12月20日(土)
  • 編集

人気女優アンジェリーナ・ジョリー主演によるラブ・ストーリー。難民救済の使命と真実の愛に目覚めた女性の、4か国10年にわたる愛と情熱の軌跡を壮大なスケールで紡ぎ出す。

監督
マーティン・キャンベル
出演キャスト
アンジェリーナ・ジョリー クライヴ・オーウェン テリー・ポロ ライナス・ローチ
2002年

シャーロット・グレイ

  • 2002年12月14日(土)
  • 編集

元ジャーナリストのベストセラー小説を、演技派ケイト・ブランシェット主演で映画化した女性映画。激動の時代を背景に、アイデンティティを模索する女性の魂の旅を描く。

監督
ジリアン・アームストロング
出演キャスト
ケイト・ブランシェット ビリー・クラダップ マイケル・ガンボン ルパート・ペンリー・ジョーンズ
2001年

サイアム・サンセット

  • 2001年10月13日(土)
  • 編集

オーストラリアを舞台にした人間ドラマ。最悪の旅を共にする英国人男性と現地の女性との恋を描く。珍道中に、ままならぬロマンスが絡むユーモラスな展開が妙味。

監督
ジョン・ポルソン
出演キャスト
ライナス・ローチ ダニエル・コーマック イアン・ブリス ロイ・ビリング
1998年

オスカーとルシンダ

  • 1998年7月4日(土)
  • 編集

19世紀のオーストラリアを舞台に、ギャンブルに魅入られた男女の数奇な愛の行方を描いた文芸ドラマ。英国のブッカー賞を受賞したピーター・ケアリーの同名小説(邦訳・DHC出版)を原作に、「エンジェル・アット.マイ・テーブル」「ある貴婦人の肖像」のローラ・ジョーンズが脚本を執筆、監督には「若草物語」のギリアン・アームストロングがあたった。製作はロビン・ダルトンとティモシー・ホワイト。撮影のジェフリー・シンプソン(「シャイン」)、音楽のトーマス・ニューマン、編集のニコラス・ボーマンは「若草物語」に続く参加。美術は「いつか晴れた日に」のルチアーナ・アリギ。衣裳は「ある貴婦人の肖像」のジャネット・パターソン。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ、『Paradice Road』(日本未公開)の新鋭ケイト・ブランシェット、「ジキル&ハイド」のサイアラン・ハインズほか。ナレーターは「シャイン」のジョフリー・ラッシュ。

監督
ジリアン・アームストロング
出演キャスト
レイフ・ファインズ ケイト・ブランシェット キーラン・ハインズ トム・ウィルキンソン
1997年

ハーモニー(1996)

  • 1997年9月20日(土)
  • 編集

精神病院を舞台に、演劇を上演しようと奮戦する患者たちと演出を任された青年の姿を描いた感動作。監督はドキュメンタリー出身のマーク・ジョフィ。原作・脚本は「心の地図」のルイス・ノーラ。製作はリチャード・ブレナン、ティモシー・ホワイト。製作総指揮は「イングリッシュ・ペイシェント」のハーヴェイとボブのワインスタイン兄弟、フォードン・パースの共同。撮影はエレリー・ライアン。音楽は「アメリカの災難」のスティーヴン・エンデルマン。出演は本作の舞台から「心の地図」のベン・メンデルソーン、「ミュリエルの結婚」のトニー・コレット、「ダンシング★ヒーロー」のバリー・オットー、「泉のセイレーン」のパメラ・レイブほか。特別出演としてグレッタ・スカッキ、ポール・マーキュリオが姿を見せる。

監督
マーク・ジョフィ
出演キャスト
ベン・メンデルスゾーン バリー・オットー トニ・コレット レイチェル・グリフィス
1995年

若草物語(1994)

  • 1995年7月1日(土)
  • 編集

様々な試練に立ち向かいながら力強く生きていく4人姉妹の成長を描いた、ルイザ・メイ・オルコットの名作小説の6度目(テレビムービー1作を含む)の映画化。「わが青春の輝き」「燃えつきるまで」のジリアン・アームストロング、「バットマン リターンズ」の女性プロデューサーのデニーズ・ディ・ノヴィらスタッフ、キャストにハリウッドの才媛たちが集まり、名実ともに女性映画の決定版となった。脚本はロビン・スウィコード、撮影は「グリーン・カード」のジェフリー・シンプソン、音楽は「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のトーマス・ニューマン。19世紀アメリカ建築を徹底研究した美術はヤン・ロールフス、衣装は「フィラデルフィア」のコリーン・エイトウッドが担当。出演は原作者の分身たる次女役に「リアリティ・バイツ」のウィノナ・ライダーが扮するほか、「依頼人」のスーザン・サランドン、「父の祈りを」のガブリエル・バーン、「デーヴ」のトリーニ・アルヴァラード、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のキルスティン・ダンスト、「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」のサマンサ・マシス、「スウィング・キッズ」のクリスチャン・ベール、「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のエリック・ストルツら。

監督
ジリアン・アームストロング
出演キャスト
ウィノナ・ライダー スーザン・サランドン ガブリエル・バーン トリニ・アルヴァラード
1993年

クライムブローカー 仮面の誘惑

  • 1993年4月3日(土)
  • 編集

完全犯罪に加担する美人裁判官と日本人犯罪学者との危険な犯罪ゲームを描くサスペンス。東映のオリジナル・ビデオの新レーベルとしてオーストラリアで製作する〈Vワールド〉の第一弾を記念してレイトショー公開された。監督は新鋭のイアン・バリー。

監督
イアン・バリー
出演キャスト
ジャクリーン・ビセット 加藤雅也 ゲイリー・デイ ジョン・ベイシュ

ホワイト・サンズ

  • 1993年1月23日(土)
  • 編集

ニューメキシコで発見された死体のを捜査するうちに、秘密工作や隠密行動のはびこる世界へ入り込んでしまう一人の男の姿を描く。ニューメキシコ全域で10週間を越えるロケ撮影を敢行した作品。監督は「追いつめられて(1987)」などのサスペンス・スリラーで定評のあるロジャー・ドナルドソン。脚本は「マイアミ・バイス」「パシフィック・ハイツ」のダニエル・パイン。撮影は「クロコダイル・ダンディー」のピーター・メンジース・ジュニア。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ウィレム・デフォー ミッキー・ローク メアリー・エリザベス・マストラントニオ サミュエル・L・ジャクソン
1986年

燃えつきるまで

  • 1986年11月29日(土)
  • 編集

殺人犯と刑務所長夫人が恋に陥り逃避する姿を描く。製作はエドガー・J・シェリック、スコット・ルーディン、デイヴィッド・ニクセイ。監督は「わが青春の輝き」のジリアン・アームストロング。実話を基にロン・ナイスワーナーが脚色。撮影はラッセル・ボイド、音楽はマーク・アイシャムが担当。出演はダイアン・キートン、メル・ギブソンなど。

監督
ジリアン・アームストロング
出演キャスト
ダイアン・キートン メル・ギブソン マシュー・モディン エドワード・ハーマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ニコラス・ボーマン

ムービーウォーカー 上へ戻る