TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィルフレッド・ライテル

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1925年 まで合計4映画作品)

1925年

世界の寵児

  • 1925年
  • 出演(Paris 役)

ブランシュ・メリル女史とポール・ショーフィールド氏とが合作した台本によって、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、「荒み行く女性」「動員日一下」等出演のベン・ライオン氏と「滅び行く民族」「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン嬢とが出演し「動員一下」「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィード嬢、ルシー・フォックス嬢、ウィルフレッド・ライテル氏等が助演している。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ロイス・ウィルソン ベン・ライオン ドロシー・セバスチャン サム・ハーディ
1924年

自由の旗風(1924)

  • 1924年
  • 出演(Lieut._Burton 役)

ウィリアム・C・デミル氏作のベラスコ当り狂言を映画化したもので、「船に打ち乗り海原さして」等と同じくエルマー・クルフトン氏が監督したものである。主役はパート・ライテル氏の弟ウィルフレッド・ライテル氏と故マーサ・マンスフィールド嬢で、J・バーニー・シェリー氏ウィルバー・フォックス氏、ジョージ・バッカス氏ローズメリー・ヒル嬢等が助演する。

監督
エルマー・クリフトン
出演キャスト
ジョージ・バッカス Dorothy Kingdon ローズメリー・ヒル マーサ・マンスフィールド
1921年

迷雲晴れて

  • 1921年
  • 出演(Le_Roy_Phelps 役)

「女の望みとは」と同じくポール・H・スローンの原作脚色で、「盗人」を監督したチャールズ・ギブリンが同じく監督に当たった。パール・ホワイトの主演で対手はバート・ライテルの弟ウィルフレッド・ライテルである。

監督
チャールズ・ギブリン
出演キャスト
パール・ホワイト ウィルフレッド・ライテル Downing Clarke Harry C. Browne
1920年

地獄花(1920)

  • 1920年
  • 出演(Jimmie_Andrews 役)

リチャード・ウォッシュバーン・チャイルドの原作を、ジョージ・D・ベイカーが脚色および監督した社会劇で、その簡潔なうちにも麗しい人の感情を描いた筋は、型に陷った映画劇から1頭抜きんでていると言う。主役は我国にはあまりなじみはないが確呼たる手腕を持ったフレッド・バートンとジュリア・スウェイン・ゴードンとである。

監督
ジョージ・D・ベイカー
出演キャスト
フレッド・バートン ジュリア・スウェイン・ゴードン William B. Mack ダイアン・アレン

ウィルフレッド・ライテルの関連人物

William Eville  Betty Hilburn  Harry C. Browne  Andrew Mack  ディック・バーナード 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィルフレッド・ライテル

ムービーウォーカー 上へ戻る