TOP > 映画監督・俳優を探す > レイモンド・キーン

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1928年 まで合計4映画作品)

1928年

南京豆王子

  • 1928年
  • 出演(The_Prince 役)

「南京豆小僧天空の巻」「南京豆小僧競馬の巻」と同じくウィリアム・クラフト氏の監督、グレン・トライオン氏の主演になる喜劇である。ただ、対手役のみは、従来のパシー・ルース・ミラー嬢に代わるに「紅い唇(1928)」「法螺吹き靴屋大当たり」等出演のマリアン・ニクソン嬢を以てしてある。ジャック・フォーリー氏の改作をカール・クルセーダ氏が台本を作成したもので、「深夜の太陽」「翼の輝き」出演のレイモンド・キーン氏、を始めとしてブル・モンタナ氏、レオ・ホワイト氏、チェザーレ・グラヴィナ氏、等が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン レイモンド・キーン マリアン・ニクソン ブル・モンタナ

明日の結婚

  • 1928年
  • 出演(Drury 役)

「恋人」「囁きの小径」のジョン・M・スタールの製作で、エドワード・クラークの原作を、フランセス・ハイランド女史が脚色、「放埒新療法」「娘は帰る」のジェームズ・フラッドが監督したものである。主役を演じるのは「恋文御用心」「ニューヨーク狂想曲」のパッシー・ルス・ミラーと「愛に飢えて」「寝巻」のローレンス・グレイ。共演にロバート・エディソン、シャーリー・パルマー、レイモンド・キーン、ジョン・セント・ポリス。この映画の発声版の方は、伴奏によるもの。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ローレンス・グレイ ロバート・エディソン Ralph Emerson
1927年

翼の輝き

  • 1927年
  • 出演(Lieut._William_Holmes 役)

ホワード・ブランチャード中尉作の物語をエミリー・ジョンソン夫人が改作し、ジョン・B・クライマー氏が脚色し、「第四の戒律」「5万ドル大事件」等と同じくエモリー・ジョンソン氏が監督したもので、主役は「深夜の太陽」に出演したレイモンド・コーン氏と「独身者御発展」出演のバーバラ・ケント嬢が演じ、ナイジェル・バリー氏、ジャック・ペニック氏、ドナルド・スチュアート氏及びマーセル・デーリー嬢が助演している。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
レイモンド・キーン バーバラ・ケント ナイジェル・バリー ジャック・ペニック
1926年

深夜の太陽

  • 1926年
  • 出演(Alex_Orlano 役)

ローリッド・ブラン氏作の小説を骨子にしてエイ・ビー・ヤンガー氏が書下した台本により、「嘆きの白百合」「煉獄の花」等と同じくディミトリ・ブコウェツキー氏が監督したユニヴァーサル社1926年度特作映画である。主役は「えくぼ御用心」「スキナーの夜会服」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「細君御注意」「厄介娘」等出演のパット・オマリー氏とで新たに抜擢されたレイモンド・キーン氏と悪役名優ジョージ・シーグマン氏とが重要な役を演じている。その他アーサー・ホイト氏、アール・メトカルフ氏、ミハイル・ヴィヴィッチ嬢等が助演している。

監督
ディミトリ・ブコウスキー
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント パット・オマリー レイモンド・キーン アール・メトカルフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > レイモンド・キーン

ムービーウォーカー 上へ戻る