TOP > 映画監督・俳優を探す > デューク・マーティン

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1929年 まで合計5映画作品)

1929年

ロスト・ツェッペリン

  • 1929年
  • 出演(Lieutenant_Wallace 役)

「嵐に咲く花」「情熱の砂漠」のエドワード・スローマン氏が監督する映画で、原作はフランセス・ハイランド女史及びジャック・ナットフォード氏の筆になったものである。出演俳優は「からくり四人組」「闇を行く女」のコンウェイ・タール氏が主役をつとめ「魔の海」「幻の街」のヴァージニア・ヴァリ嬢、「秘密命令」「好いて好かれて」のリカルド・コルテス氏、「ダイヤモンド強奪事件」「歓楽地帯」のキャスリン・マクガイア嬢、「懐しのアリゾナ」「輝く天国」のデューク・マーティン氏、ウィンター・ホール氏等が助演、キャメラは「嵐に咲く花」「高速度尖端娘」のジャクソン・J・ローズ氏が担任している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
コンウェイ・タール ヴァージニア・ヴァリ リカルド・コルテス デューク・マーティン

輝く天国

  • 1929年
  • 出演(Sergeant_Major 役)

「サンライズ」「無実の罪」のジョージ・オブライエン氏と「大河の奇賊」「愛に飢えて」のロイス・モーラン嬢とが「三人水兵恋行脚」に於けると同じく共演する映画で、C・E・モンティグ氏が雑誌に発表した物語“udithをドワイト・カミンス氏が映画向きに改作し、「離婚結婚」「水陸狂走楽」と同じくジェームズ・ティンリング氏がフォックス社に於ける第4回目作品として監督したものである。オスカー・アッフェル氏、フィリップス・スモーリー氏、ヘドゥィヒ・ライヘル氏等が助演する。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ロイス・モラン フィリップス・スモーリー オスカー・アッフェル
1928年

与太空中旅行

  • 1928年
  • 出演(Duke_Wells 役)

「与太奮戦記」「与太成功記」と同じくチャーリー・マレイ氏、ジョージ・シドニー氏共演喜劇で、ジョン・マクダーモット氏の原作によって「蠻婚崇拜」をものしたマーヴィン・ルロイ氏が監督したもので、フリッツィ・リッジウェイ嬢、ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニア氏、デューク・マーティン氏等が助演している

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
チャーリー・マレイ ジョージ・シドニー フリッツィ・リッジウェイ デューク・マーティン

シンガポール

  • 1928年
  • 出演(Mathew_Shore 役)

ベン・エイムス・ウィリアム氏の小説の映画化で、テッド・シェーン氏が潤色したものにより、リチャード・スカイヤー氏が台本を作成し、「ミスター・ウー」「消防隊」と同じくウィリアム・ナイ氏が監督した映画である主役を演ずるのは「紅百合」「ベン・ハー(1926)」主役のラモン・ノヴァロ氏で、「密輸入者の恋」で共演したジョーン・クロウフォード嬢とアーネスト・トーレンス氏とがそれを助演するほかフランク・カリアー氏、ジェームズ・メイスン氏、エドワード・コネリー氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、等も出演している。ちなみに、この映画はかつて一度映画化されたる事あり、わが国では「怒濤の裁き」として公開せられた。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ジョーン・クロフォード アーネスト・トーレンス フランク・カリアー

明日の結婚

  • 1928年
  • 出演(Dirke 役)

「恋人」「囁きの小径」のジョン・M・スタールの製作で、エドワード・クラークの原作を、フランセス・ハイランド女史が脚色、「放埒新療法」「娘は帰る」のジェームズ・フラッドが監督したものである。主役を演じるのは「恋文御用心」「ニューヨーク狂想曲」のパッシー・ルス・ミラーと「愛に飢えて」「寝巻」のローレンス・グレイ。共演にロバート・エディソン、シャーリー・パルマー、レイモンド・キーン、ジョン・セント・ポリス。この映画の発声版の方は、伴奏によるもの。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ローレンス・グレイ ロバート・エディソン Ralph Emerson
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > デューク・マーティン

ムービーウォーカー 上へ戻る