TOP > 映画監督・俳優を探す > リートリス・ジョーイ

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1939年 まで合計20映画作品)

1939年

銀の靴(1939)

  • 1939年
  • 出演(Mrs._Clinton 役)

「庭に千草」とほとんど同一スタッフによって製作されたディアナ・ダービン主演映画で、脚本はブルース・マニングの書卸しである。監督は「天使の花園」「オーケストラの少女」「庭の千草」のヘンリー・コスターで、音楽、撮影、美術監督等も数々のダービン映画に関係したチャールズ・プレヴィン、ジョセフ・ヴァレンタイン、ジャック・オターソンが夫々担当している。助演者は「庭の千草」「アヴェ・マリア」のヘレン・パーリッシュ、新人ロバート・スタック、「オーケストラの少女」「幽霊西へ行く」のユージーン・パレット、舞台から来たルイス・ハワード、往年のスタア、リートリス・ジョーイ、「アヴェ・マリア」のマーシャ・メイ・ジョーンズその他である。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ディアナ・ダービン ヘレン・パーリッシュ ロバート・スタック ユージン・ポーレット
1929年

名物三羽烏

  • 1929年
  • 出演(Mary_McGregor 役)

「大河の奇賊」「港々の女難想」と同じくヴィクター・マクラグレン氏の主演する映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナン氏の原作により「赤毛布恋の渦巻」「四人の息子(1928)」と同じくジョン・フォード氏が監督したものである。マクラグレン氏の相手役は「ダニューブの漣」のリートリス・ジョーイ嬢が演じているが、そのほかに「港々の女難想」のクライド・クック氏、「赤毛布恋の渦巻」のJ・ファーレル・マクドナルド氏、近頃ではフートギブスンの活に携っている古い喜劇俳優のスリム・サマービル氏、等も出演している。キャメラは「無実の罪」「田舎娘」と同じくジョセフ・オーガスト氏。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン リートリス・ジョーイ J・ファーレル・マクドナルド クライド・クック
1928年

ダニューブの漣

  • 1928年
  • 出演(Marguerite 役)

「十誡(1923)」「屠殺者(1922)」等に主演したリートリス・ジョーイ嬢主演のパテ社ドミル作品である。ジョン・ファーロウ氏の書卸した物語を、ハリー・カとポール・H・スローンとの二氏が潤色し、更にそれから両氏が撮影台本を作成したものによってスローン市が「恋の修羅城」同じく監督の任に当たった。主役ジョーイ嬢を助けて「ソレルとその子」出演のスウェーデン俳優ニルス・アスター氏と「嵐の孤児」「難破船」のジョセフ・シルドクラウト氏とが補助役を演ずるほか、「難破船」「神の変えし女」のシーナ・オリウン嬢、「第七天国(1927)」のアルバート・グラン氏、メイ・ロプスン嬢、等も主演している。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ジョゼフ・シルドクラウト ニルス・アスター シーナ・オウエン
1925年

紐育恋慕双紙

  • 1925年
  • 出演(Judith_Nichols 役)

アーネスト・パスカル氏作の小説を映画化したもので、イヴ・アンセル女史とレノア・コフィー女史とが脚色し、「沈黙(1926)」「東へ向く三つの顔」と同じくルパート・ジュリアン氏が監督した。主役は「混線花嫁」「勝利者(1925)」等出演のリートリス・ジョーイ嬢が演じ、相手役は「囁く電線」「快傑義涙」等出演のエドモンド・バーンズ氏が勤め「昨日への道」出演のジュリア・フェイ嬢を始め、ロバート・エディソン氏、ヘレン・サリバン嬢、チャールズ・クラリー氏等が助演している。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ エドモンド・バーンズ ジュリア・フェイ ヘレン・サリバン

勝利者(1925)

  • 1925年
  • 出演(Ann_Land 役)

「十誡(1923)」に続くセシル・B・デミル氏の監督作品で、原作はサタデイ・イヴニングポースト誌上に連載されたメイ・エジントン女史の小説、これを例のジャニー・マクファースン女史が脚色したもので、主役は「十誡(1923)」現代篇と同じくリートリス・ジョーイ嬢とロッド・ラ・ロック氏、それにハンガリー生れの新進俳優ヴィクター・ヴァルコニ氏が加わり、その他贅澤なオール・スター・キャストである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ チャールズ・オーグル
1923年

妻欺くなかれ

  • 1923年
  • 出演(Edith_McBride 役)

「異郷の露」に次ぐジョージ・メルフォード作品で、原作及び脚色は「燃ゆる砂」経験(1921)」の脚色者ウォルデマー・ヤングの手になり、主役は「異郷の露」のリートリス・ジョーイ、「ゼンダ城の虜(1922)」「妖姫」のルイス・ストーン、「血と砂(1922)」「月の囁き」のニタ・ナルディの三人。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ニタ・ナルディ ルイス・ストーン ポーリン・ギャロン

十誡(1923)

  • 1923年
  • 出演(Mary_Leigh 役)

セシル・B・デミル氏が「屠殺者(1922)」「アダムス・リブ」に続いて製作した特撮映画で、例によってジェニー・マクファーソン女史が脚色した。映画は第一部と第二部に分かれ、第一部はセオドア・ロバーツ氏、シャール・ド・ローシュ氏、エステル・テイラー嬢等が主役、第二部はリチャード・ディックス氏、ロッド・ラ・ロッタ氏、リートリス・ジョーイ嬢、ニタ・ナルディ嬢が主役である。第一部は今より凡そ3千年の昔旧約聖書の出埃及記に時代をとり第二部は現代である。第一部には大分テクニカラー天然色が使用してあって、戦車の突進する場や紅海の波が二つに割れるシーン等に着色してある。尚

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
セオドア・ロバーツ シャルル・ド・ローシュ エステル・テイラー ジュリア・フェイ

異郷の露(1923)

  • 1923年
  • 出演(Taou_Yuen 役)

「灼熱の悪魔」「燃ゆる砂」等と同じくジョージ・メルフォード氏の監督に成ったもので、主役は「屠殺者(1922)」等出演のリートリス・ジョーイ嬢、「灼熱の悪魔」のジャクリーン・ローガン嬢、「モヒカン族の最後(1920)」のアルバート・ロスコー氏等である。中国の女王と米国の船員の悲しい恋を描いたところ、頗る風変わりの筋である。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ジャクリーヌ・ローガン アルバート・ロスコー Frederick Strong

黄金の誘惑

  • 1923年
  • 出演(Lisa_Coburn 役)

サタデー・イブニング・ポスト誌に連載されたマキシミリアン・ユウアン氏原作の小説に基づき、セイダ・コウアン女史が脚色し、「渓谷の乙女」「牧童と貴婦人」等と同じくチャールズ・メイン氏が監督したもの。主役は「屠殺者(1922)」「毒欺く勿れ」等出演のリートリス・ジョーイ嬢、「荒れ狂う猛将」「結婚前」等出演のオーエン・ムーア氏の二人である。

監督
チャールズ・メイン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ オーエン・ムーア ロバート・エディソン ロバート・シェーブル
1922年

ミニー

  • 1922年
  • 出演(Minnie 役)

主役は「屠殺者(1922)」「異郷の露」等に出演したリートリス・ジョーイで、対手役は「女は真平(1924)」「妖雲渦巻く」等出演のマット・ムーアである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ マット・ムーア George Barnum ジョセフィン・クロウェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > リートリス・ジョーイ

ムービーウォーカー 上へ戻る