映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴ・ブロディ

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1989年 まで合計15映画作品)

1989年

マイク・ザ・ウィザード

  • 1989年4月8日(土)公開
  • 出演(Lucky_Stracter 役)

あるTVのSFX特別番組を作るべく奔走する青年の姿を描くファンタジー。監督・脚本・編集・主演はマイク・ジトロフ、撮影はラッセル・カーペンター、音楽はジョン・マサリが担当。

監督
マイク・ジトロフ
出演キャスト
マイク・ジトロフ ペイジ・ムーア リチャード・ケイ スティーヴ・ブロディ
1976年

ジャイアント・スパイダー 大襲来

  • 1976年8月14日(土)公開
  • 出演(Dr.Vance 役)

巨大化した蜘蛛と人間の死闘を描くSF映画。製作はビル・レバンとリチャード・L・ハッフ、監督はビル・レバン、脚本はリチャード・L・ハッフとロバート・エストン、撮影はジャック・ウィルオービイ、特殊効果はリチャード・アルベインとロバート・ミレイがそれぞれ担当。出演はスティーヴ・ブロディ、バーバラ・ヘイル、レスリー・パリッシュ、アラン・ヘイル、ロバート・イーストンなど。

監督
ビル・レバン
出演キャスト
スティーヴ・ブロディ バーバラ・ヘイル ロバート・イーストン Leslie Rarrish
1963年

情事の曲り角

  • 1963年当年公開
  • 出演(Bill_Maxton 役)

ヴィクター・ストロッフとジャックィーン・デレサートのストーリーをラスロ・ゴログの協力を得てリチャード・ラッシュが脚色・演出した女性ドラマ。撮影はアレックス・フィリップス、音楽はロナルド・スタインが担当した。サミー・デイヴィス・ジュニアがテーマ・ソングを歌う。製作はヴィクター・ストロッフ。出演は「ベルリン特急」のマール・オベロン、「史上最大の作戦」のクルト・ユルゲンス、「悪いやつ」のスティーヴ・コクラン、ほかにジョン・エイガー、スティーヴ・ブロディなど。

監督
リチャード・ラッシュ
出演キャスト
マール・オベロン スティーヴ・コクラン クルト・ユルゲンス ジョン・エイガー
1954年

遠い国

  • 1954年10月19日(火)公開
  • 出演(Ives 役)

「ウィンチェスター銃'73」とまったく同じく、主演ジェームズ・ステュワート(「グレン・ミラー物語」)、製作アーロン・ローゼンバーグ(「グレン・ミラー物語」)、脚本ボーデン・チェイス(「怒りの河」)、監督アンソニー・マン(「グレン・ミラー物語」)、撮影ウィリアム・ダニエルス(「グレン・ミラー物語」)、音楽ジョセフ・ガーシェンソン(「ジョニイ・ダーク」)などのティームによる西部劇映画1954年作品。共演者は「暗黒街脱出」のルース・ローマン、「栄光何するものぞ」のコリンヌ・カルヴェ、「死の砂塵」のウォルター・ブレナン、「ミシシッピの賭博師」のジョン・マッキンタイア、ジェイ・C・フリッペン、ヘンリー・モーガンなど。色彩はテクニカラー。

監督
アンソニー・マン
出演キャスト
ジェームズ・スチュアート ルース・ローマン コリンヌ・カルヴェ ウォルター・ブレナン

原子怪獣現わる

  • 1954年10月17日(日)公開
  • 出演(Sgt.Loomis 役)

ジャック・ディーツとハル・チェスターが共同で製作した空想怪奇映画1953年作品。レイ・ブラッドベリの原作をルー・モーハイムとフレッド・フリーバーガーが監督にあたった。撮影はジャック・ラッセル、音楽はデイヴィッド・バトルフ。出演者はポール・クリスチャン、「三つの恋の物語」のポーラ・レイモンド、「奥様は魔女」のセシル・ケラウェイ、ケネス・トビー、ジャック・ペニックなど。

監督
ユージン・ルーリー
出演キャスト
ポール・クリスチャン ポーラ・レイモンド セシル・ケラウェイ ケネス・トビー

明日に別れの接吻を

  • 1954年10月9日(土)公開
  • 出演(Jinx_Raynor 役)

「午後の喇叭」のウィリアム・キャグニーが1950年に製作したギャング映画。「雪原に追跡」のホレース・マッコイの小説を「兄弟はみな勇敢だった」のハリー・ブラウンが脚色、「放射能X」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影監督は「謎のモルグ街」のペヴァレル・マーレイ、音楽はカーメン・ドラゴン。「白熱(1949)」のジェームズ・キャグニーが主演するほか、「南部に轟く太鼓」のバーバラ・ペイトン、「午後の喇叭」のヘレナ・カーター、ワード・ボンド、ルーサー・アドラーなどが出演する。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー バーバラ・ペイトン ヘレナ・カーター ワード・ボンド

ケイン号の叛乱

  • 1954年8月16日(月)公開
  • 出演(Chief_Budge 役)

世界的なベストセラーでピュリツァ賞を受けたハーマン・ウークの同名小説の映画化。「乱暴者」のスタンリー・クレイマーの製作になる。「セールスマンの死」のスタンリー・ロバーツが脚色し、「コンクリートの中の男」のエドワード・ドミトリクが監督にあたった。テクニカラー色彩撮影は「ローマの休日」のフランク・プラナー、音楽は「勇魂よ永遠に」のマックス・スタイナー。出演者は「悪魔をやっつけろ」のハンフリー・ボガート、「雨に濡れた欲情」のホセ・フェラー、「二世部隊」のヴァン・ジョンソン、「深夜の告白」のフレッド・マクマレイ、新人ロバート・フランシスおよびメイ・ウィン、アーサー・フランツ、トム・タリー、E・G・マーシャル、アーサー・フランツ、リー・マーヴィンなど。

監督
エドワード・ドミトリク
出演キャスト
ハンフリー・ボガート ホセ・フェラー ヴァン・ジョンソン フレッド・マクマレイ

大車輪

  • 1954年3月公開
  • 出演(Happy 役)

サミュエル・H・スティーフェルが製作し、「悪名高きテキサス人」のエドワード・ルドウィグが監督にあたった1949年作品。脚本はロバート・スミス、撮影は「底抜けびっくり仰天」のアーネスト・ラズロ、音楽はナット・W・フィンストンの担当。主演は「腰抜けM・P」のミッキー・ルーニーと「真昼の決闘」のトーマス・ミッチェルで、マイケル・オシア(「南支那海」)、メアリー・ハッチャー(「ハリウッド・アルバム」)、リナ・ロメイ(「銃の後に立つ男」)、スプリング・バイントンらが助演。なお米国における配給はU・A社である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
ミッキー・ルーニー トーマス・ミッチェル マイケル・オシア メアリー・ハッチャー
1953年

フェザー河の襲撃

  • 1953年11月11日(水)公開
  • 出演(Ryan 役)

「肉の蝋人形(1953)」につぐワーナーの3―D映画(ワーナー・カラー)で「マニラ」のデイヴィッド・ウィスバートが製作に当たり、「八人の男を殺した女」のゴードン・ダグラスが監督した1953年作品。ジェームズ・ウェブが脚本を書き、撮影は「肉の蝋人形(1953)」のペヴァレル・マーレー、音楽は「スプリングフィールド銃」のマックス・スタイナーの担当。出演者は「虐殺の河」のガイ・マディソン、「勇者の家」でデビューした新進フランク・ラヴジョイ、「わが心に歌えば」のヘレン・ウェスコット、ヴェラ・マイルズ、ディック・ウェッソンら。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ガイ・マディソン フランク・ラヴジョイ ヘレン・ウェスコット ヴェラ・マイルズ
1952年

虐殺の河

  • 1952年8月21日(木)公開
  • 出演(Burke_Kimber 役)

ソル・レッサーの息子ジュリアン・レッサーとフランク・メルフォードが製作した1949年度西部劇で、「コロラド」のルイス・スティーヴンスが脚本を書き卸し、「アラビアン・ナイト」のジョン・ローリンスが監督した。撮影はジャック・マッケンジー、音楽はリュシエン・モラウェックとジョン・レイポルドの担当である。主演はガイ・マディソン、「彼女は二挺拳銃」のロリー・カルホーン、キャロル・マシューズ、「荒野の決闘」のキャシー・ダウンズで以下、「悪名高きテキサス人」のジョニー・サンズ、「勇者のみ」のスティーヴ・ブロディとアート・ベイカーらが助演する。

監督
ジョン・ローリンス
出演キャスト
ガイ・マディソン ロリー・カルホーン ジョニー・サンズ キャロル・マシューズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴ・ブロディ