映画-Movie Walker > 人物を探す > ガブリエラ・マーティネリ

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2016年 まで合計6映画作品)

2016年

ハイ・ライズ

  • 2016年8月6日(土)公開
  • 製作総指揮

SF界の巨匠J・G・バラードの小説『ハイ-ライズ』を映画化。ロンドン郊外の高層マンションに入居したラングは、上層階に行くにつれ住人が富裕層になっていき、フロアの高低に基づく階級間の摩擦の存在を知る。そしてある夜の停電を境に彼らの問題は顕わになる。監督は、「サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド」のベン・ウィートリー。出演は、「マイティ・ソー」シリーズのトム・ヒドルストン、「ドラキュラZERO」のルーク・エヴァンス、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のジェレミー・アイアンズ、「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラー、ドラマ『マッドメン』のエリザベス・モス、「ニンフォマニアック」のステイシー・マーティン。2015年トロント国際映画祭正式出品。

監督
ベン・ウィートリー
出演キャスト
トム・ヒドルストン ルーク・エヴァンス ジェレミー・アイアンズ シエナ・ミラー
2006年

ローズ・イン・タイドランド

  • 2006年7月8日(土)公開
  • プロデューサー

「ブラザーズ・グリム」の鬼才、テリー・ギリアム監督が放つダーク・ファンタジー。「不思議の国のアリス」をモチーフにした、奇想天外なイメージが満載の異色作だ。

監督
テリー・ギリアム
出演キャスト
ジョデル・フェルランド ジェフ・ブリッジス ジェニファー・ティリー ジャネット・マクティア
2005年

微笑みに出逢う街角

  • 2005年3月12日(土)公開
  • 製作

世代も境遇も異なる3人の女性、主婦、写真家、チェロ奏者の自分探しの物語。日曜画家の主婦に扮する伊の名女優ソフィア・ローレンをはじめ、実力派女優が集結!

監督
エドアルド・ポンティ
出演キャスト
ソフィア・ローレン ミラ・ソルヴィーノ デボラ=カーラ・アンガー ジェラール・ドパルデュー
1997年

ロミオ&ジュリエット

  • 1997年4月19日(土)公開
  • 製作

四世紀にも渡り演出家・俳優たちの創造力を刺激し続けてきた近代劇の祖シェイクスピア。その代表的悲恋物語『ロミオとジュリエット』は、フランコ・ゼフィレッリ監督版(68)をはじめ、ロバート・ワイズ監督による翻案「ウエスト・サイド物語」(61)など、とりわけ好まれて映画化されてきた題材。その90年代版決定打と呼ぶべき本作の監督は、処女作「ダンシング・ヒーロー」で注目されたオーストラリア出身の俊英バズ・ラーマン。2作目となる本作は、主演ロミオ役に「バスケットボール・ダイアリーズ」のレオナルド・ディカプリオを迎え、満を持してのハリウッド進出。ジュリエットには、世界規模のオーディションの末「若草物語」のクレア・デーンズが起用された。原作の台詞を生かしつつ、映像では大胆に現在の風景を紡いでいく脚色は、ラーマン自身と盟友クレイグ・ピアース。製作はラーマンと「エム・バタフライ」のガブリエラ・マルティネリ。スピーディーな映像表現に貢献したのは、撮影のドナルド・M・マカルパイン(「今そこにある危機」)と編集のジル・ビルコック(「キルトに綴る愛」)。ピアース、ビルコックと、美術のキャサリン・マーティン、衣裳のキム・バレットは、「ダンシング・ヒーロー」に続いての参加。もう一つラーマンの「誇張された青春映画」スタイルに欠かせない音楽は、「バットマン・フォーエヴァー」の才人ネリー・フーパー。カーディガンズ、ガービッジ、レディオヘッドら、旬のバンドが時代の空気を表現している。共演として「ザ・ファン」のジョン・レグイザモ、「クルーレス」のポール・ラッド、「スモーク」のハロルド・ペリノー、「ヒート」のダイアン・ヴェノーラ、「ニクソン」のポール・ソルヴィノ、「推定無罪」のブライアン・デネヒー、「エイジ・オブ・イノセンス」のミリアム・マーゴルイズ、「ジャイアント・ピーチ」のピート・ポスルスウェイトと、多彩なキャストが脇を固める。

監督
バズ・ラーマン
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ クレア・デインズ ジョン・レグイザモ ポール・ラッド
1994年

Mバタフライ

  • 1994年4月23日(土)公開
  • 製作

フランスの外交官とその中国人の愛人の数奇な恋を、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』になぞらえて描いた異色のラブ・ストーリー。ブロードウエイでトニー賞に輝き、世界30カ国以上で上演されたデイヴィッド・へンリー・ホァングの戯曲(実話に基づく)を彼自身が脚色、「裸のランチ」のデイヴィッド・クローネンバーグの監督で映画化。製作はガブリエラ・マーティネリ、エグゼクティヴ・プロデユーサーは、原作者とフィリップ・サンド・ハウスの共同。撮影は「戦慄の絆」のピーター・サシツキー、音楽は「ザ・ブルード」以来、監督と7作目のコンビとなるハワード・ショア。美術は『ファイヤーボール』(V)以後の監督の全作品を担当しているキャロル・スピアー。編集のロナルド・サンダースと衣装のデニーズ・クローネンバーグも監督の作品の常連。主演は「戦慄の絆」「ダメージ」のジェレミー・アイアンズと「ラストエンペラー」「チャイナシャドー」のジョン・ローン。共演は「シシリアン」のバーバラ・スコヴァ、「遠い夜明け」のイアン・リチャードソンほか。

監督
デイヴィッド・クローネンバーグ
出演キャスト
ジェレミー・アイアンズ ジョン・ローン バーバラ・スコヴァ イアン・リチャードソン
1990年

ミディアン

  • 1990年5月19日(土)公開
  • 製作

禁断の秘密都市“ミディアン”に足を踏み入れた青年が直面する恐怖を描くホラー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソンとジョー・ロス、製作はガブリエラ・マーティネリ。クライヴ・バーカーの原作『死都伝説』を、自ら監督・脚本。撮影はロビン・ヴィジョン、音楽はダニー・エルフマンが担当。出演はクレイグ・シェーファー。デイヴィッド・クローネンバーグほか。

監督
クライヴ・バーカー
出演キャスト
クレイグ・シェファー アン・ボビー デイヴィッド・クローネンバーグ チャールズ・ハイド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ガブリエラ・マーティネリ