映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴードン・ダグラス

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1977年 まで合計35映画作品)

1977年

ビバ・ニーベル

  • 1977年11月26日(土)公開
  • 監督

スタント・レーサーが悪の陰謀を阻止する姿を描くアクション。製作総指揮はシェリル・C・コーウィン、製作はスタン・ヒュー、監督は「続・夜の大捜査線」のゴードン・ダグラス、脚本はアントニオ・サンティラン、ノーマン・カトコフ、撮影はフレッド・ジャックマン、音楽はチャールズ・バーンスタインが各々担当。出演はイーベル・ニーベル、ジーン・ケリー、ローレン・ハットン、レスリー・ニールセン、マージョー・ゴートナー、エリック・オルソン、レッド・バトンズズなど。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
イーベル・ニーベル ジーン・ケリー ローレン・ハットン レスリー・ニールセン
1970年

続 夜の大捜査線

  • 1970年10月24日公開
  • 監督

1967年度のアカデミー賞で5つのオスカー(作品・主演男優・脚色・編集・録音)を獲得した「夜の大捜査線」の姉妹編。製作指揮は「華麗なる賭け」のウォルター・ミリッシュ、製作はハーバート・ハーシュマン、監督は「セメントの女」のゴードン・ダグラス。ジョン・ボールの創作によるキャラクターをもとに、「華麗なる賭け」のアラン・R・トラストマンがストーリーを書き、彼と「サンセバスチャンの攻防」のジェームズ・R・ウェッブが脚本を執筆。撮影はジェリー・フィナーマン、音楽は「愛は心に深く」のクインシー・ジョーンズ、美術はアディソン・F・ハリ、編集はバッド・モーリンがそれぞれ担当。出演は「失われた男」のシドニー・ポワチエ、「スパイ大作戦--薔薇の秘密司令--」のマーティン・ランドー、「USAブルース」のバーバラ・マクネア、「暴力脱獄」のアンソニー・ザーブ、「殺人者(1946)」のジェフ・コーリー。他にファノ・ヘルナンデスなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1970年作品。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
シドニー・ポワチエ マーティン・ランドー バーバラ・マクネア アンソニー・ザーブ

鷲と鷹(1970)

  • 1970年6月20日公開
  • 監督

兇悪な強盗団にただ1人たち向かった不敵な男。総指揮は「復讐戦線」のオーブリー・シェンク、製作は「猛烈なる復讐」のハル・クレイン、監督は「セメントの女」のゴードン・ダグラス。脚本はジョージ・シェンクとウィリアム・マークス、撮影はジェラルド・フィナーマンとデール・デバーマン、音楽はドミニク・フロンティア、美術はアレン・E・スミス、編集はチャールズ・ネルソンがそれぞれ担当。出演は「地獄の戦場・コマンドス」のリー・ヴァン・クリーフ、「ワイルドバンチ」のウォーレン・オーツ、「西部の男」のフォレスト・タッカー、「宇宙からの脱出」のマリエット・ハートレイ。他に、カーウィン・マシューズ、マリー・ゴメス、デイビス・チャンドラーなど。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
リー・ヴァン・クリーフ ウォーレン・オーツ フォレスト・タッカー カーウィン・マシューズ
1969年

セメントの女

  • 1969年3月1日公開
  • 監督

「トニー・ローム殺しの追跡」の続篇で、スタッフはほとんど同じ。原作はマーヴィン・H・アルバート、脚色はマーヴィン・H・アルバートとジャック・ガス、監督はゴードン・ダグラスが担当した。撮影はジョセフ・バイロック、音楽は「夕陽よ急げ」のヒューゴー・モンテネグロが担当。出演はフランク・シナトラのほかに、「バンドレロ」のラクェル・ウェルチ、ダン・ブロッカー、前作にひき続きリチャード・コンテなど。製作はアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
フランク・シナトラ ラクウェル・ウェルチ ダン・ブロッカー リチャード・コンテ
1968年

刑事(1968)

  • 1968年公開
  • 監督

ロデリック・ソープの同名小説を「愚か者の船」のアビー・マンが脚色、「トニー・ローム殺しの追跡」のゴードン・ダグラスが監督にあたった。撮影は「トニー・ローム殺しの追跡」のジョセフ・バイロック、音楽は「猿の惑星」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「トニー・ローム殺しの追跡」のフランク・シナトラ「ビッグトレイル(1965)」のリー・レミック、「特攻大作線」のラルフ・ミーカー、トニー・ムサンテ、ジャクジャクリーン・ビセットほか。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
フランク・シナトラ リー・レミック ラルフ・ミーカー ジャック・クラッグマン

トニー・ローム殺しの追跡

  • 1968年6月22日公開
  • 監督

マーヴィン・H・アルバートの小説『マイアミの傷害罪』を「ナイアガラ」のリチャード・ブリーンが脚色、「電撃フリント・アタック作戦」のゴードン・ダグラスが監督した探偵もの。撮影は「特攻大作戦」のジョセフ・バイロック、音楽はビリー・メイが担当した。出演は「クイーン・メリー号襲撃」のフランク・シナトラ、「殺しのエージェント」のジル・セント・ジョン、「恋とペテンと青空と」のスー・リオン、新星ジーナ・ローランズほか。なお、主題歌をナンシー・シナトラが歌っている。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
フランク・シナトラ ジル・セント・ジョン リチャード・コンテ スー・リオン
1967年

砦のガンベルト

  • 1967年12月8日公開
  • 監督

リチャード・ジェサップの小説を彼自身が脚色、「駅馬車(1965)」のゴードン・ダグラスが監督した西部劇。撮影は「禁じられた家」のハロルド・スタイン、音楽はリース・スティーヴンスが担当した。出演は「ホテル」のロッド・テイラー、「特攻大作戦」のアーネスト・ボーグナイン、「ふたりだけの窓」のジョン・ミルズ、「007/サンダーボール作戦」のルチアナ・パルッツィほか。製作は主演者ロッド・テイラーと、俳優出身のジャック・ジェイスン。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ロッド・テイラー アーネスト・ボーグナイン ジョン・ミルズ ルチアナ・パルッツィ

電撃フリント アタック作戦

  • 1967年4月22日公開
  • 監督

「電撃フリントGO!GO作戦」の続篇で、脚本は前作にひきつづきハル・フィンバーグ、監督は「月世界宙がえり」のゴードン・ダグラス。撮影は「九月になれば」のウィリアム・ダニエルス、音楽は前篇にひきつづきジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演はジェームズ・コバーンとリー・J・コッブが前作通り、ほかに「オスカー(1966)」のジーン・ヘイル。製作はソール・デイヴィッド。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェームズ・コバーン リー・J・コッブ ジーン・ヘイル アンドリュー・デュガン
1966年

月世界宙がえり

  • 1966年12月24日公開
  • 監督

ウィリアム・バワーズとラスロ・ヴァドナイの共同脚本を「駅馬車(1965)」のゴードン・ダグラスが監督した喜劇。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はラロ・シフリンが担当。出演はジェリー・ルイス、コニー・スティーヴンス、ロバート・モーリー、デニス・ウィーバー、アニタ・エクバーグ。製作はマルコム・スチュアート・ボイラン。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェリー・ルイス コニー・スティーヴンス ロバート・モーレイ デニス・ウィーバー

荒野の悪魔

  • 1966年8月30日公開
  • 監督

エリザー・リプスキーの小説を、ハリー・ブラウンとフィリップ・ヨーダンの2人が脚色「駅馬車(1965)」のゴードン・ダグラスが監督した西部アクション。撮影はジョー・マクドナルド、音楽はレオン・クラッキンが担当した。出演はTV「保安官ワイアット・アープ」のヒュー・オブライエンのほかにロバート・J・エヴァンス、ドロレス・マイケルズなど。製作はハーバート・B・スウォープ・ジュニア。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ヒュー・オブライエン ロバート・J・エヴァンス ドロレス・マイケルズ リンダ・クリスタル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴードン・ダグラス