映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・トレヴァー

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1988年 まで合計27映画作品)

1937年

犯罪王

  • 1937年当年公開
  • 出演(Dixie 役)

「15処女街」「人妻日記」のクレア・トレヴァー、「ニューヨークの顔役」「テキサス決死隊(1936)」のロイド・ノーラン、「将軍暁に死す」「風雲児アドヴァース」のエイキム・タミロフ、「ローズ・ボール」のラリー・バスター・クラブ、「平原児」のヘレン・バージェス及びポーター・ホールが共演する映画で、ティファニー・セイヤーが書卸し、「爆破光線」のドリス・アンダーソンが脚色し、「黎明の丘(1937)」「ハリウッド大通り」のロバート・フローリーが監督に当たり、「楽天伯爵」のハリー・フィッシュベックが撮影した。助演は「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス等である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
クレア・トレヴァー ロイド・ノーラン エイキム・タミロフ ラリー・バスター・クラブ
1936年

人妻日記

  • 1936年当年公開
  • 出演(Kitty_Brant 役)

ウォーナー・パクスターとマーナ・ローイが「その夜の真心」「宿命の窓」と同じく顔合わせして主演する映画で「小公子」「痴人の愛」のジョン・クロムウェルが監督にあたったものである。原作はリチャード・シャーマン作の大衆小説で作者自ら「何が彼をそうさせたか」のハワード・エリス・スミスト協力して脚色した。撮影は「鐘の音」「二国旗の下に」のシドニー・ワグナーの担当である。助演者は「白衣の天使」「街の花嫁」のアイアン・ハンター、「ダンテの地獄編」「野に咲く金色の花」のクレア・トレヴァー、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、その他の面々である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ワーナー・バクスター マーナ・ローイ イアン・ハンター クレア・トレヴァー

15処女街

  • 1936年当年公開
  • 出演(Jane_Martin 役)

「人妻日記」「ダンテの地獄篇(1935)」のクレア・トレヴァーと「情無用ッ」「メトロポリタン(1935)」のシーザー・ロメロが主役を演じる映画で、ポール・バーガーの原作を「海底の巨人」のルウ・ブレスロウ及びジョン・パトリックが更にデイヴィッド・シルヴァスタインと協力して脚色し、「海底の巨人」「洋上魔」のアラン・ドワンが監督に当たり、「テンプルの福の神」「灯台守」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」のロイド・ノーラン、「大学の人気者」のダグラス・フォーリー、「花咲く頃」のレスター・マシューズ、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「嵐の三色旗」のラルフ・ハロルド等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
クレア・トレヴァー セザール・ロメロ ダグラス・フォーリー ロイド・ノーラン
1935年

洋上魔

  • 1935年当年公開
  • 出演(Lanet_Foster 役)

「男の魂(1935)」「殺人ホテル」のエドモンド・ロウが「ダンテの地獄編」のクレア・トレヴァーとともに主演する映画で、「レヴュー艦隊」のアレン・リヴキン書き卸しの台本により「パリの丑満時」「鉄窓の女」のアラン・ドワンが監督、「輝く瞳」のアーサー・ミラーがさつえいした物。助演者は「紅雀」のトム・ブラウン、「乾杯の唄」のエイドリアン・エイムス、「キャラバン」のユージーン・パレット、「恋のセレナーデ」のハーバート・マンディン、フォード・スターリング、ビリー・ビーヴァン等の面々である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
エドモンド・ロウ クレア・トレヴァー トム・ブラウン ユージン・ポーレット

ダンテの地獄篇(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Betty_McWade 役)

「力と栄光」のスペンサー・トレイシーと「野に咲く金色の花」のクレア・トレヴァーが主演する映画で、「ベビイお目見得」のフィリップ・クラインがロバート・ヨーストと協力して脚色し、「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督、「裁かれるジャンヌ」のルドルフ・マテが撮影した。助演者は「恋のセレナーデ」のヘンリー・B・ウォルソール、「ロイドの大勝利」のアラン・ダインハート、ロバート・グレッグラー、ウィラード・ロバートソン等。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
スペンサー・トレイシー クレア・トレヴァー ヘンリー・B・ウォルソール アラン・ダインハート
1934年

野に咲く金色の花

  • 1934年当年公開
  • 出演(Jerry_Jordan 役)

「歓呼の嵐」「裏切る唇」のジョン・ボールズが「ベビイお目見得」のクレア・トレヴァー及び「乾杯の唄」のハリー・グリーンと共に主演する映画で、ダドリー・ニコルズとラマール・トロッチの合作物語をレスター・コールとヘンリー・ジョンソンが共同で脚色し、「水兵万歳」「極楽兵隊さん」のジョージ・マーシャルが監督し、「恐怖の夜」のジョゼフ・ヴァレンタインが撮影したもの。助演者は「フープラ」のロージャー・イムホフ、「軟派ガール」のモンロー・オーズリー、ルース・ジレット等である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ジョン・ボールズ クレア・トレヴァー ハリー・グリーン ロジャー・イムホフ

ベビイお目見得

  • 1934年当年公開
  • 出演(Kay_Ellison 役)

「歓呼の嵐」「可愛いマーカちゃん」出演のシャーリー・テンプルが主演する映画でジェームズ・P・ジャッジの原作を「戦争と母性」のフィリップ・クラインと小エドワード・E・パラモアが共同脚色し、「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督し「友情の曲線」のL・ウィリアム・オコネルが撮影した。テンプルを囲って「水兵上陸」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「断崖の砲火」のクレア・トレヴァーが共演するほか、「米国の暴露」のアラン・ダインハート、「世界大洪水」のラルフ・ハロルド、レイ・ウォーカー、ドロシー・リベーア等が助演している。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジェームズ・ダン クレア・トレヴァー アラン・ダインハート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・トレヴァー