TOP > 映画監督・俳優を探す > バーバラ・ハーシー

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2014年 まで合計35映画作品)

1987年

ハンナとその姉妹

  • 1987年2月14日(土)
  • 出演(Lee 役)

三姉妹と彼女たちに関わる男たちが繰り広げる様々な人間模様を描いた、ウッディ・アレン脚本・監督・主演のコメディ。製作はロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、撮影はキャロル・ディ・パーマ、美術はスチュアート・ワーツェル、編集はスーザン・E・モースが担当。出演はウッディ・アレンの他にマイケル・ケイン、ミア・ファロー、ダイアン・ウィースト、バーバラ・ハーシー、キャリー・フィッシャー、マックス・フォン・シドーなど。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン マイケル・ケイン ミア・ファロー キャリー・フィッシャー
1984年

ナチュラル

  • 1984年8月25日(土)
  • 出演(Harriet Bird 役)

プロ野球の選手を志した男の半生を描く野球映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはロジャー・タウンとフィリップ・M・ブリーン、製作はマーク・ジョンソン、アソシエイト・プロデューサーはロバート・F・コールズベリー。監督は「ダイナー」のバリー・レヴィンソン、バーナード・マラムードの原作(『奇跡のルーキー』早川書房刊)をロジャー・タウンとフィル・ダッセンベリーが脚本化。撮影はカレブ・デシャネル、音楽はランディ・ニューマン、編集はステュー・リンダー、プロダクション・デザイナーはアンジェロ・グラハムとメル・ボーン、衣裳はバーニー・ポラックが担当。出演はロバート・レッドフォード、ロバート・デュヴァル、グレン・クロース、キム・ベイシンガー、ウィルフォード・ブリムリー、バーバラ・ハーシーなど。日本版字幕は戸田奈津子。ドルビー・ステレオ。テクニカラー、スタンダード。1984年作品。(コロムビア映画配給*2時間18分)

監督
バリー・レヴィンソン
出演キャスト
ロバート・レッドフォード ロバート・デュヴァル グレン・クローズ キム・ベイシンガー

ライトスタッフ

  • 1984年9月8日(土)
  • 出演(Glennis_Yeager 役)

アメリカの初期の宇宙開発計画に参加したパイロットとその家族をめぐるドラマ。製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・D・ブルベイカー。監督・脚本は「SF/ボディ・スナッチャー」(78)のフィリップ・カウフマン。原作はトム・ウルフの『ザ・ライト・スタッフ』(中公文庫)。撮影はケイレブ・デシャネル、音楽はビル・コンティ、特殊視覚効果はゲイリー・グティエレツが担当。チャック・イエガーがテクニカル・コンサルタントとして参加し、端役でも出演している。出演はサム・シェパード、スコット・グレン、エド・ハリス、デニス・クエイド、バーバラ・ハーシーなど。アメリカ公開版は3時間12分。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
フィリップ・カウフマン
出演キャスト
サム・シェパード スコット・グレン エド・ハリス デニス・クエイド
2008年

ミック・ジャガーのナイチンゲール

  • 2008年8月2日(土)
  • 出演

'82~'87年にアメリカのテレビで放映された伝説のドラマ・シリーズをスクリーンで上映。気鋭の監督と豪華出演陣の組み合わせで、古今東西の名作童話を大胆に映像化している。

監督
アイヴァン・パッサー
出演キャスト
ミック・ジャガー バーバラ・ハーシー マコ岩松 バッド・コート
1982年

エンティティー 霊体

  • 1982年10月23日(土)
  • 出演(Carla_Moran 役)

色情霊に襲われる女性を描くオカルト映画。実話に基づいてフランク・デ・フェリータが小説化し、自ら脚本も執筆した。製作は「天国の日々」のハロルド・シュナイダー、監督は「面影」のシドニー・J・フューリー。撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はチャールズ・バーンスタインか担当。実際にカーラ・モーランの調査に当ったバリー・タフト、ケリー・ゲイナーが顧問として名を連ねている。出演はバーバラ・ハーシー、ロン・シルハー、デイヴィッド・ラビオサ、マーガレット・ブライ、ジャクリーン・ブルックスなど。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
バーバラ・ハーシー ロン・シルヴァー デイヴィッド・ラビオサ ジョージ・コー
1983年

スタントマン(1980)

  • 1983年1月15日(土)
  • 出演(Nina_Franklin 役)

戦争映画の撮影現場に紛れ込んだ男がスタントマンとなって大暴れするというアクション映画。製作・監督はリチャード・ラッシュ。ポール・ブローダーの原作を基にローレンス・B・マーカスが脚本化し、それを監督自ら脚色。撮影はマリオ・トッシ、音楽はドミニク・フロンティア、編集はジャック・ホフストラとキャロリン・フェリオル、美術はジェームズ・L・ショップが各々担当。出演はピーター・オトゥール、スティーヴ・レイルズバック、バーバラ・ハーシー、アレン・ゴーウィッツ、チャック・ベイル、スタフォード・モーガンなど。

監督
リチャード・ラッシュ
出演キャスト
ピーター・オトゥール スティーヴ・レイルズバック バーバラ・ハーシー アレン・ゴーウィッツ
1979年

勇気ある友情

  • 1979年12月1日(土)
  • 出演(Nikki 役)

ベトナム戦争で左腕と左脚を失った若者の、スキーを通しての友情と勇気を描く。製作はアラン・バルター、監督はセオドア・J・フリッカー、脚本はアラン・バルターとセオドア・J・フリッカー、音楽はジミー・ハスケルが各々担当。出演はリー・メジャーズ、ジェームズ・ステイシー、バーバラ・ハシーなど。日本語版監修は岡枝慎二。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1978年作品。

監督
セオドア・J・フリッカー
出演キャスト
リー・メジャース ジェームズ・ステーシー バーバラ・ハーシー
1977年

大いなる決闘

  • 1977年2月26日(土)
  • 出演(Susan_Burgade 役)

復讐に燃える男と引退保安官との戦いを描いた正統西部劇。製作はラッセル・サッチャーとウォルター・セルツァー、監督は「ビッグケーヒル」のアンドリュー・V・マクラグレン、脚本・原作はブライアン・ガーフィールド、撮影はデューク・キャラハン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、ジェームズ・コバーン、バーバラ・ハーシー、クリストファー・ミッチャムなど。日本語版監修は岡枝慎二。デラックスカラー、パナビジョン。1976年作品。

監督
アンドリュー・V・マクラグレン
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ジェームズ・コバーン バーバラ・ハーシー クリス・ミッチャム
1978年

MR.ダイヤモンド

  • 1978年1月28日(土)
  • 出演(Sally 役)

世界的に有名な宝石商をリーダーとする一団が、数々の警備を突破し、ダイヤモンドを盗み出そうとする姿を描く。製作・監督はメナヘム・ゴーラン、脚本はデビッド・ポールセンとメナヘム・ゴーラン、オリジナル・ストーリーはメナヘム・ゴーラン、撮影はアダム・グリンバーグ、音楽はロイ・バッドが各々担当。出演はロバート・ジョウ、リチャード・ラウンドツリー、バーバラ・シーガル、シェリー・ウィンタースなど。日本語版監修は佐藤一公。パナビジョン、ビスタサイズ。1975年作品。

監督
メナヘム・ゴーラン
出演キャスト
ロバート・ショウ リチャード・ラウンドトゥリー バーバラ・ハーシー シェリー・ウィンタース
1976年

明日に処刑を…

  • 1976年11月20日(土)
  • 出演(Boxcar_Bertha 役)

30年代不況期のアメリカを舞台に、貨車(ボックス・カー)で渡り歩いたホーボーと呼ばれる浮浪者の1人である娘とアナーキストの青年が、列車強盗をくり広げる、という実話の映画化。製作はロジャー・コーマン、監督は「タクシー・ドライバー」のマーティン・スコセッシ、脚本はジョイス・フーパー・コリントンとジョン・ウィリアムス・コリントン、撮影はジョン・スティーブンス、音楽はギブ・グウィルボーとサド・マックスウェルが各々担当。出演はバーバラ・ハーシー、デイヴィッド・キャラダイン、バリー・プリマス、バーニー・ケーシー、ジョン・キャラディン、ヴィクター・アルゴ、デイヴィッド・R・オスターアウト、アン・モーレル、ハリー・ノーサップなど。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
バーバラ・ハーシー デヴィッド・キャラダイン バリー・プリマス バーニー・ケーシー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > バーバラ・ハーシー

ムービーウォーカー 上へ戻る