TOP > 映画監督・俳優を探す > バーバラ・ハーシー

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2014年 まで合計35映画作品)

1994年

スウィング・キッズ(1993)

  • 1994年12月23日(金)
  • 出演(Frau Muller 役)

ナチズムが台頭して来る時代に、アメリカのスウィングに憧れる若者たちが虐げられながら、いかに自由な精神を取り戻していくかを描いた、歴史的事実に根ざす青春物語。監督は、『マイアミ・バイス』をはじめ数々の人気ドラマを手がけてきて、今回映画デビューを果たしたトーマス・カーター。脚本は、劇作家として活躍し、ニューヨーク大学などで教鞭を取っているジョナサン・マーク・フェルドマン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などスティーヴン・スピルバーグ作品を製作してきたフランク・マーシャルと、クリストファー・メレダンドリの共同。音楽は、「フィールド・オブ・ドリームス」「不法侵入」などのジェームズ・ホーナー。美術は、「遥かなる大地へ」のアラン・キャメロン。衣装デザインは「モーリス」「ハワーズ・エンド」「日の名残り」のジェニー・ビーヴァン。主演は「いまを生きる」で注目され、その後「から騒ぎ」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などに出演しているロバート・ショーン・レナード。その他、「太陽の帝国」「ヘンリー五世」のクリスチャン・ベール、「ホッファ」のフランク・ウェイリー、「ハンナとその姉妹」、「ワールド・アパート」のバーバラ・ハーシー、「ア・フュー・グッドメン」のノア・ワイル。

監督
トーマス・カーター
出演キャスト
ロバート・ショーン・レナード クリスチャン・ベール フランク・ホエーリー バーバラ・ハーシー
1993年

フォーリング・ダウン

  • 1993年7月24日(土)
  • 出演(Beth 役)

ロサンゼルスを舞台に、日常生活に疲れた平凡な男が理性を失い、数々の事件を起こしていく姿を描くサスペンス・スリラー。監督は「フラットライナーズ」のジョエル・シューマカー。製作は「プラトーン」のアーノルド・コーペルソンと、「キンダガートン・コップ」の脚本を共同執筆したティモシー・ハリスとハーシェル・ワイングロッド。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ジャック・サマースビー」のアーノン・ミルチャン。脚本は本作がデビュー作となるエブ・ロー・スミス。撮影は「マイアミ・ムーン」のアンジェイ・バートコウィアク。音楽は「生きてこそ」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。主演は「氷の微笑」のマイケル・ダグラス、「ランブリング・ローズ」のロバート・デュヴァル。ほかに「パリス・トラウト」のバーバラ・ハーシー、「黄昏のチャイナタウン」のフレデリック・フォレスト、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のチューズデイ・ウェルド、「トータル・リコール」のレイチェル・ティコティンらが共演。

監督
ジョエル・シュマッカー
出演キャスト
マイケル・ダグラス ロバート・デュヴァル バーバラ・ハーシー レイチェル・ティコティン

パリス・トラウト

  • 1993年1月30日(土)
  • 出演(Hanna Trout 役)

ベストセラーになったピート・デクスターの同名小説を、デクスター本人による脚色で映画化している。主人公のトラウトは、極端な人種差別主義者で、偏執狂という性格を持つが、これをデニス・ホッパーが特異なキャラクターで演じた。相手役のハンナは、「勝利への旅立ち」でホッパーと共演したバーバラ・ハーシー。監督はテレビ作品にヒットの多いスティーブン・ガイレンホール。彼はバーバラ・ハーシーと組んだ「キリング・イン・ア・スモール・タウン」や「ツイン・ピークス」の第27話などを手掛けた監督でもある。

監督
スティーブン・ガイレンホール
出演キャスト
デニス・ホッパー バーバラ・ハーシー エド・ハリス レイ・マッキノン

パブリック・アイ

  • 1993年9月18日(土)
  • 出演(Kay Levitz 役)

1942年のニューヨークを舞台に、マフィアの抗争に巻き込まれていくフリー・カメラマンの姿を描くフィルム・ノワール。監督・脚本は「誰かに見られてる」の脚本家ハワード・フランクリン、製作は「ラジオ・フライヤー」のスー・バーデン・パウエル、エグゼクディブ・プロデューサーは「トレスパス」のロバート・ゼメキス、撮影は「裸のランチ」のピーター・サシツキー、音楽は「ボディ・ターゲット」のマーク・アイシャムが担当。主演は「いとこのビニー」のジョー・ペシ、「ディフェンスレス 密会」バーバラ・ハーシー。他に「ラスト・オブ・モヒカン」のジャレッド・ハリス、「ビリー・バスゲイト」のスタンリー・タチが共演。

監督
ハワード・フランクリン
出演キャスト
ジョー・ペシ バーバラ・ハーシー ジャレッド・ハリス ゲリー・ベッカー

ディフェンスレス 密会

  • 1993年9月11日(土)
  • 出演(TK 役)

ポルノ映画業界に起こった殺人事件に巻きこまれていく女性弁護士の姿を描くサスペンス・ドラマ。監督はニュージーランド出身で、イギリスのテレビで活躍していたマーティン・キャンベル。製作は「フラミンゴ・キッド」のレニー・ミセル、デイヴィッド・ボンビック。エグゼクティヴ・プロデューサーはスチュアート・ベンジャミンと「愛を殺さないで」のテイラー・ハックフォード。「モーニングアフター」のジェームズ・ヒックスとジェフ・バークハートの原案をもとに、ヒックスが脚本を執筆。撮影は「オーメン 最後の闘争」のフィル・メヒュー、音楽はカート・ソベルが担当。主演は「フォーリング・ダウン」のバーバラ・ハーシー。他に「ボイジャー」のサム・シェパード、「ニューヨークの奴隷たち」のメアリー・ベス・ハート、「山猫は眠らない」のJ・T・ウォルシュらが共演。

監督
マーティン・キャンベル
出演キャスト
バーバラ・ハーシー サム・シェパード メアリー・ベス・ハート J・T・ウォルシュ
1991年

ラジオタウンで恋をして

  • 1991年11月2日(土)
  • 出演

1950年代のラジオ局を舞台に、脚本家とニュースライタートその叔母が繰り広げるヒューマン・コメディ。マリオ・ヴァルガス・リョサの原作の映画化で、脚本はウィリアム・ボイドが執筆。製作はジョン・フィードラー、マーク・ターロフ、監督はジョン・アミエル、撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はウィントン・マルサリス、編集はピ--・ボイル、美術はジム・クライが担当。出演はキアヌ・リーヴス、バーバラ・ハーシー、ピーター・フォーク、エリザベス・マクガヴァン、ピーター・ギャラガー、ダン・ヘダヤなど。

監督
ジョン・アミエル
出演キャスト
キアヌ・リーヴス バーバラ・ハーシー ピーター・フォーク エリザベス・マクガヴァン
1989年

フォエバー・フレンズ

  • 1989年9月15日(金)
  • 出演(Hillary_Whitney_Essex 役)

57年のアトランティック・シティの海岸で出会った11歳の2人の少女の、その後30年に及ぶ愛と友情、そして別れを描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはテリー・シュワルツ、製作はボニー・ブルックハイマー・マーテル、主演のベット・ミドラーとマーガレット・ジェニングス・サウス、監督は「潮風のいたずら(1988)」のゲイリー・マーシャル。アイリス・レイナー・ダートの原作を基に、脚本はメアリー・アグネス・ドナヒュー、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽は「サマーストーリー」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演はほかに、「最後の誘惑」のバーバラ・ハーシーなど。オリジナル・タイトルは“Beaches”

監督
ゲイリー・マーシャル
出演キャスト
ベット・ミドラー メイム・ビアリク バーバラ・ハーシー マーシー・リーズ

最後の誘惑

  • 1989年1月28日(土)
  • 出演(Mary Magdalene 役)

ニコス・カザンザキスの原作を基に、神の予言者としての役割と、1人の人間としての欲求との狭間で悩むキリストの姿を描いてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーはハリー・ウフランド、製作はバーバラ・デ・フィーナ、監督は「ハスラー2」のマーティン・スコセッシ、脚本は「モスキート・コースト」のポール・シュレイダー、撮影は「ガラスの動物園(1987)」のミハエル・バルハウス、音楽は「バーディ」のピーター・ガブリエルが担当。出演は「サイゴン」のウィレム・デフォー、ハーヴェイ・カイテル、バーバラ・ハーシーほか。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
ウィレム・デフォー ハーヴェイ・カイテル ヴァーナ・ブルーム バーバラ・ハーシー
1988年

ワールド・アパート

  • 1988年10月8日(土)
  • 出演(Diana Roth 役)

南アフリカのアパルトへイト問題を、一人の少女の目を通して描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはティム・ビーヴァンとグラハム・ブラッドストリート、製作はサラ・ラドクリフ、監督は「ミッション」でアカデミー撮影賞を受賞したクリス・メンジスで、これが監督デビュー作。自らの体験をもとにショーン・スロヴォが脚本を書き、撮影は「ナインハーフ」のピーター・ビジウ、音楽は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のハンス・ジマーが担当。出演は「ハンナとその姉妹」のバーバラ・ハーシー、ジョデイ・メイ、リンダ・ムブシほか。88年カンヌ映画祭主演女優賞(ハーシー、メイ、ムブシの三人)。

監督
クリス・メンゲス
出演キャスト
バーバラ・ハーシー ジョディ・メイ ジェローン・クラッペ Caralyn Clayton Cragg
1987年

勝利への旅立ち

  • 1987年10月10日(土)
  • 出演(Myra_Fleener 役)

かつての名門バスケ・チームのコーチだった男が高校の弱体チームを一流チームにするまでを描く。製作は脚本も担当したアンジェロ・ピッツォとカーター・デ・ヘブン、監督はこれが劇場映画第1作となるデイヴィッド・アンスポー、撮影はフレッド・マーフィー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はジーン・ハックマン、デニス・ホッパーほか。

監督
デイヴィッド・アンスポー
出演キャスト
ジーン・ハックマン バーバラ・ハーシー デニス・ホッパー シェブ・ウーリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > バーバラ・ハーシー

ムービーウォーカー 上へ戻る