映画-Movie Walker > 人物を探す > ケイト・アマンド

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2019年 まで合計3映画作品)

2019年

草間彌生∞INFINITY

芸術家・草間彌生のドキュメンタリー。独自の芸術を表現し続け、世界で最も有名な芸術家の一人となった草間彌生。幼少期から単身で渡米するまでの日々、そしてニューヨークでの創作活動など、彼女の知られざる過去を、米国人女性監督ヘザー・レンズが捉える。京都国際映画祭特別招待作品。

監督
ヘザー・レンズ
出演キャスト
草間彌生 武藤美紀 グレン・スコット・ライト フランク・ステラ
2016年

ジェンダー・マリアージュ〜全米を揺るがした同性婚裁判〜

  • 2016年1月30日(土)
  • 編集

2008年、合法とされていた同性婚が再び禁止された米国カリフォルニア州の州憲法修正案『提案8号』を巡る訴訟を5年以上に渡って撮影したドキュメンタリー。2015年アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ショートリスト入選作品。サンダンス映画祭2014米国ドキュメンタリー部門監督賞、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭2014観客賞他受賞多数。監督・プロデューサーはベン・コトナーとライアン・ホワイト。

監督
ベン・コトナー ライアン・ホワイト
出演キャスト
テッド・オルソン デビット・ボイス
1992年

マン・イントゥ・ウーマン

  • 1992年11月21日(土)
  • 編集

心身ともに女性になろうとするひとりの男性の姿を3年間にわたって追ったドキュメンタリー。彼の外見と行動の変貌を描くと同時に、現代の性的役割に疑問を投げかける。子供の頃から、自分は男性の身体に捕らわれた女性であると感じてきたゲイリーは、39歳でついに性転換手術を受けることを決意する。1年間の準備期間に、女性として社会の中で支障なく暮らしていけることを証明しなければならない。整形手術やホルモン投与、脱毛、精神的カウンセリングなどの過程を経て、ゲイリーは『ギャビー』として生きようとする。母親との断絶、クリスチャンとしての信条などさまざまな葛藤に苦しみながらも、ゲイリーはやがて『ギャビー』として受け入れられていく。監督はリサ・リーマン、製作はクローディア・フーバー、編集はケイト・アマンド、音楽はウェンディ・ブラックストーンが担当。

監督
リサ・リーマン
出演キャスト
ゲイリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケイト・アマンド